山歩きのこと - ボスとシーナとふらふらふらっと

やむをえず

14日(日曜日)のコト




ヒサビサにガッツリ降った雪になにかとエライコッチャになってる今日このごろですが・・


1月にタップリ雪降った時の週末のコトを



木曜から金曜にかけてゴッソリ積った雪はサクッと処理できてたので、


いい天気の日曜日は、朝ゆっくり起きて土曜日の夜に積もった分の雪かきしようかと思ってた


が、家の前のミニ公園に積み上げた雪山で近所のおこちゃま達が遊んでる・・


『あー、子どもたちが遊んでるわー


楽しそうに遊んでるトコ、邪魔はできないしなー


雪かきできないなー


しかたないなー』


と、心の中で棒読みしつつ、そそくさとお山へ行く準備をする・・


遅いスタート時間だけど超近場の医王山ならまだ間に合う


と、雪かきの他にもイロイロやらなきゃならないコトはあるのだけれど、現実逃避スルようにお山へ


道みち、雪かきに精を出すヒトビトに後ろめたい気持ちを抱きつつもフカフカの新雪に期待は高まる♪


きっと、みんな雪かきに忙しくてお山は空いてるハズ!


と思ったのだけれど、現地に着いてみると駐車スペースは満車・・


途中のスキー場の賑わいぶりを見てウスウス予感はあったけど・・


む~ん、みんな雪かきサボって雪遊びか・・


しかたなく路チュー
DSC0009598 (1)


スタート地点はモッコリ雪
DSC0009599 (1)


踏み跡がシッカリしてるのでスノーシューは背負っていく


下界とはひと味違う雪の積もり具合
DSC0009603 (1)


へばり付く雪の重みにしんなりする若い杉の木
DSC0009607 (1)


西尾平の小屋に到着~
DSC0009613 (1)


ややニギヤカな小屋の前でゆっくり休憩


この先からはスノーシューを装着してゆく
DSC0009616 (1)


スタート時には見えてた青空は雲に隠れてしまいドンヨリな医王山上空
DSC0009618 (1)


しがらくびで林道から登山道へ入ると陽が差してきて気分良好♪
DSC0009622 (1)


登りのキツイ区間をへぇへぇ登ってるとチラリと青空復活~
DSC0009623 (1)


む~ん、たまらんですなぁ


やっぱ雪山は青空じゃないとねー


青空パワーでしんどいトコを登りきるもまた曇り空に
DSC0009629 (1)


目的地の白兀山まではもうひとガンバリ
DSC0009634 (1)


で、白兀山てっぺん到着~
DSC0009640 (1)

時間が遅いせいか、予想よりヒトは少ない


見下ろす金沢の街は白い
DSC0009641 (1)


積雪は展望台がちょうど埋まるホドなので3メートルくらいかな?
DSC0009642 (1)

祠の目印が見当たらなかったのでお地蔵さんの上を歩いてしまったかも・・ゴメンナサイ


立山連峰も拝められて満足~
DSC0009643 (1)


で、そんなイイ景色の中、昼ゴハン食べたいトコだけど、先客のカップルがほのかにウザかったので、


白兀山の手前のピークまで戻って昼ゴハンにするコトに・・


振り返るとまた青空復活して白兀山が美しい
DSC0009650 (1)


ムヒョーも見れたし♪
DSC0009652 (1)


毎度ワンパターン感のある昼ゴハン
DSC0009658 (2)

そろそろ違うメニューにチャレンジするべきか・・


遠くに観えるのは白山かなー?
DSC0009661 (1)


しばしまっさらな雪の上を歩きまわりフカフカ雪を堪能する
DSC0009670 (1)


いつまでもフカフカしてられないので名残惜しいけど下山する
DSC0009673 (1)


振り返ればこの日イチバンの青い空
DSC0009681 (1)


む~ん、もっと徘徊していたい気持ちをグッとこらえての下山デス
DSC0009684 (1)


何度も何度も振り返ってるとナカナカ進まない


青と白が目にシミル
DSC0009687 (1)


しがらくびで林道には下りずに林の中の踏跡をたどる
DSC0009692 (1)


この時期の雪はキレイ
DSC0009694 (1)


西尾平に戻ってきた
DSC0009695 (1)


このまま林道を通らずに下っていきたいトコだけど、太陽の傾き具合がアレなので無難に林道へ


医王の里を過ぎて、もうすぐゴールってあたりで太陽が山かげに隠れそう
DSC0009698 (1)

そして、無事下山
DSC0009699 (1)


2018年初山歩きの白兀山スノーシュー徘徊はフカフカ雪と青い空と遠くのお山のステキな景色に大満足


ボスを連れて来なかったのがアレだったケド、とりあえず幸先の良いスタートをキレたかな


今年は、貴重なチャンスをムダにすること無く、ナニゴトも取りこぼしの少ない一年にしたいモノですな





しめしめ

30日(土曜日)のコト




まだ2017年を引きずっております・・


年末のバタバタな日々


イロイロやらなければならないコトがあるのに、悪魔のささやきのような晴れの天気予報・・


冬の貴重な晴れの日を無駄にしたくない・・


というコトで現実逃避的にお山へGO~


行き先は千石城山


2017年の〆として劔岳を拝みに行くコトに


で、北陸道をワープして上市町の街を抜けると~


あらら?なんだかザンネンな空模様・・
DSC0009444 (1)

金沢で見えてた青空はいずこへ?


ここまで来て引き返すわけにいかないので、ドンヨリしながら登りはじめる
DSC0009445 (1)

さすがにナカナカの積雪量


しっかりとトレースあったのでスノーシュー無しで行けるかと思ったケド、


重量オーバーのようでゴボリまくるので早々にスノーシュー装着
DSC0009446 (1)


巨大な雪見だいふく
DSC0009451 (1)


杉の木にはシッカリと雪が乗っかってるので杉林を歩く時はキケンです
DSC0009453 (1)


こんな藤棚の下を通るトレースはトラップなのか?
DSC0009455 (1)


少し青空が見えるようになってきて浮かれてると、杉林の中は緩んだ雪が弾幕のように降り注ぐ
DSC0009456 (1)


目の前に着弾っ!
DSC0009458 (1)


やっぱ空は青くないとねぇ
DSC0009460 (1)


キツイ登り区間をクリアして尾根筋に出ると姿を見せてくれた劔岳にテンション上がる
DSC0009466 (1)


ちょっと雲かかってるけどウレシイ
DSC0009469 (1)


また雲に隠れないウチにてっぺんへ行かねばっ!と、ややアセりつつてっぺん到着
DSC0009470 (1)


誰もいない・・ラッキー♪


絶景が貸し切りデス!
DSC0009472 (1)

ちょっと雲が出てきてるケド・・


雲の流れは速いので劔岳は見え隠れ


たまらんですな
DSC0009479 (1)


絶景を堪能しつつ昼ゴハン
DSC0009482 (1)


車中からのドンヨリ空がウソのよう♪
DSC0009484 (1)


ずっと観てられるわ
DSC0009485 (1)


といっても制限時間はあるわけで、ホドホドにして下山デス


いつもは来た道を戻るのだけれど、この日は違うルートにチャレンジ
DSC0009492 (1)

ちょっと傾斜がキツくてスノーシューが歩きづらい・・


けど、スノーシュー無しでは超ゴボる雪深さ


富山平野を眺めつつ降りてゆく
DSC0009493 (1)


山の中にポッカリとひらけてる種地区
DSC0009494 (1)


けっこうシンドイ下りで、このルートを選択したコトをほのかに後悔しつつ降りてゆく


と、下界から響き渡るディーゼルエンジンの音・・


林道の除雪してるのかな?


それとも、ダム湖に船が走ってるのか?


と思ったら、雪上車がブイブイとゲレンデ整備してました
DSC0009495 (1)

ココは廃スキー場だと思ってたケド、整備してるのね


利賀もそうだけど、スキー場使ってなくても圧雪しないといけない決まりなんかな?


フカフカのゲレンデを歩けるかと思ってたのにシッカリ圧雪済み・・
DSC0009496 (1)


のべ棒みたいな雪の塊が並んでる
DSC0009501 (1)


血痕かっ!と思ったら、雪上車がお漏らししたオイル
DSC0009500 (1)


スキー場を抜けたら、年末劔岳参拝千石城山スノートレッキング終了
DSC0009502 (1)


帰り道、種地区には霧がたちこめてた
DSC0009503 (1)


ウッスラと夕陽に照らされたステキな劔岳
DSC0009504 (1)


と、いうコトで2017年の〆にふさわしい劔岳の絶景を拝むことができて満足な1日でした


プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター