山歩きのこと - ボスとシーナとふらふらふらっと

ムヒョー〆

10日(土曜日)のコト





サクラも全開でスッカリ春爛漫な今日このごろ (今日はけっこう寒くなったけど・・)


まだ3月の雪山が恋しい日々のコトです


去年の12月、フライングして雪を満喫できなかった猪臥山が心残りだったので今シーズン中にリベンジするべく出動~


現地につくとサイコーな天気なウエに、雪もタップリあるのだけれど、先客のクルマは2台だけ


着いたのが10時くらいだったので、登っていくとてっぺんは貸し切りになる予感して気分は上がる


雪のシーズンも終わり近く、積もってる雪はシッカリ締まってたのでスノーシューは背負ってテクテク
DSC00000022 (1)


いたるところに雪から突き出してるトゲトゲ棒・・
DSC00000023 (1)

油断してると痛い目にあいます・・  ヨロケた拍子にでも掴んだら地獄をみるでしょー


チョロチョロとイワナの姿がみえる沢の流れが魅力的
DSC00000025 (1)

もう渓流は解禁してるんよねー  釣り竿持ってくればよかった・・


いつものように遅いスタートだったので期待ウスだったのだけれど上の方には霧氷が着いててテンション上がる~
DSC00000028 (1)


ムヒョー地帯に突入~
DSC00000030 (1)


御嶽山もコンニチハ♪
DSC00000039 (1)


ってトコロで、2組目の下山者と遭遇したので、コレでてっぺんは独り占めやな・・とニヤリ


む~ん、たまらんですな
DSC00000044 (1)


登るにつれ霧氷が濃くなってゆく
DSC00000047 (1)


コレはもう『モフモフ』と表現してもイイ風景でしょう
DSC00000051 (1)


ああ、来てよかったぁ とシミジミ思う景色
DSC00000052 (1)


独り占めデス
DSC00000055 (1)

チト殘念なのは足もとの雪がカチカチなのと、相棒ボスが一緒じゃないコト・・


ボス、連れてきてもヨカッタかなぁ・・と少し後悔・・・


霧氷の林を抜けもうすぐてっぺん
DSC00000056 (1)


ウヒョウヒョな景色デス
DSC00000059 (1)


お社のあるトコまできた
DSC00000069 (1)


倒木は処理されたのかな?と、思ったらそのままでした
DSC00000072 (1)

ちょっとお賽銭の投入は困難だったので、神様にはノーギャラでお願いごとしといた


さて、てっぺんへ
DSC00000073 (1)


で、てっぺん到着~
DSC00000076 (1)

アッチの白山がまぶしい


穂高連峰~乗鞍岳~御嶽山~と、たまらんわー
DSC00000079 (1)


穂高連峰から左へは薬師岳方面まで見えるけどその先は雲の中
DSC00000081 (1)


少し白山に近づいてみる
DSC00000088 (1)


振り向けば猪臥山てっぺんと穂高連峰
DSC00000090 (1)

昼をまわった太陽の光にも霧氷が溶け落ちないだけあって、超寒かった猪臥山てっぺん


でも、ずっと観てられる景色だわ


とは言っても、じっさいずっとは観てられないので、ホドホドにしててっぺんを後にする


お社のトコの霧氷のモフモフ度はかなり高い
DSC00000099 (1)

こんな細い枝によくクッツイていられるねぇ


冷たい風のあたらないお社の裏で昼ゴハン
DSC00000108 (1)


お腹もココロも満たされたトコロで御嶽山を眺めつつ下山デス
DSC00000118 (1)


まだまだ霧氷は落ちる気配なく、ラッキーな日だった
DSC00000122 (1)


シーナの腹毛を思い出す
DSC00000133 (1)


下山途中に登ってくるヒトふたり遭遇


自分よりのんびりスタートのヒトいてホッとしたり・・


『霧氷、まだ着いてましたか?』なんて聞かれ、


『自分がてっぺんにいた時は・・・、たぶんまだダイジョーブでしょう』と答える


そのヒト、めちゃハイペースで登ってきたのか、汗だくだくだったけれど、てっぺんの寒さで風邪ひかなかっただろうか・・


林道なかばまで下りてきたら雪がグズグズになってきてゴボリだしたのでスノーシュー装着
DSC00000139 (1)

あやうくスノーシュー背負いっぱなしで終わるトコだったので活躍の場があってヨカッタ


せっかくなので踏み跡のないトコをガシガシ歩く
DSC00000140 (1)


チョーシこいてるとスノーシューはいててもゴボルので油断禁物
DSC00000142 (1)

ゴボッた雪の中にトゲトゲタラノキあったりするのでキケンです


なにがイイって、天気がイイわ♪
DSC00000145 (1)


と、終始ゴキゲンのまま、霧氷堪能雪の絶景猪臥山ランチ行は終了
DSC00000146 (1)


いやぁ~、雪のシーズン〆にふさわしい、超ラッキーで大満足な1日でした♪


来シーズンは霧氷も積雪もモフモフのタイミングで挑戦したいものですな


帰り道、ナンチャッテ氷爆をチラッと見物
DSC00000149 (1)


五箇山で調達したモチで炭水化物祭りしたら、消費したカロリーはダイナシに
DSC00000152 (1)

やむをえず

14日(日曜日)のコト




ヒサビサにガッツリ降った雪になにかとエライコッチャになってる今日このごろですが・・


1月にタップリ雪降った時の週末のコトを



木曜から金曜にかけてゴッソリ積った雪はサクッと処理できてたので、


いい天気の日曜日は、朝ゆっくり起きて土曜日の夜に積もった分の雪かきしようかと思ってた


が、家の前のミニ公園に積み上げた雪山で近所のおこちゃま達が遊んでる・・


『あー、子どもたちが遊んでるわー


楽しそうに遊んでるトコ、邪魔はできないしなー


雪かきできないなー


しかたないなー』


と、心の中で棒読みしつつ、そそくさとお山へ行く準備をする・・


遅いスタート時間だけど超近場の医王山ならまだ間に合う


と、雪かきの他にもイロイロやらなきゃならないコトはあるのだけれど、現実逃避スルようにお山へ


道みち、雪かきに精を出すヒトビトに後ろめたい気持ちを抱きつつもフカフカの新雪に期待は高まる♪


きっと、みんな雪かきに忙しくてお山は空いてるハズ!


と思ったのだけれど、現地に着いてみると駐車スペースは満車・・


途中のスキー場の賑わいぶりを見てウスウス予感はあったけど・・


む~ん、みんな雪かきサボって雪遊びか・・


しかたなく路チュー
DSC0009598 (1)


スタート地点はモッコリ雪
DSC0009599 (1)


踏み跡がシッカリしてるのでスノーシューは背負っていく


下界とはひと味違う雪の積もり具合
DSC0009603 (1)


へばり付く雪の重みにしんなりする若い杉の木
DSC0009607 (1)


西尾平の小屋に到着~
DSC0009613 (1)


ややニギヤカな小屋の前でゆっくり休憩


この先からはスノーシューを装着してゆく
DSC0009616 (1)


スタート時には見えてた青空は雲に隠れてしまいドンヨリな医王山上空
DSC0009618 (1)


しがらくびで林道から登山道へ入ると陽が差してきて気分良好♪
DSC0009622 (1)


登りのキツイ区間をへぇへぇ登ってるとチラリと青空復活~
DSC0009623 (1)


む~ん、たまらんですなぁ


やっぱ雪山は青空じゃないとねー


青空パワーでしんどいトコを登りきるもまた曇り空に
DSC0009629 (1)


目的地の白兀山まではもうひとガンバリ
DSC0009634 (1)


で、白兀山てっぺん到着~
DSC0009640 (1)

時間が遅いせいか、予想よりヒトは少ない


見下ろす金沢の街は白い
DSC0009641 (1)


積雪は展望台がちょうど埋まるホドなので3メートルくらいかな?
DSC0009642 (1)

祠の目印が見当たらなかったのでお地蔵さんの上を歩いてしまったかも・・ゴメンナサイ


立山連峰も拝められて満足~
DSC0009643 (1)


で、そんなイイ景色の中、昼ゴハン食べたいトコだけど、先客のカップルがほのかにウザかったので、


白兀山の手前のピークまで戻って昼ゴハンにするコトに・・


振り返るとまた青空復活して白兀山が美しい
DSC0009650 (1)


ムヒョーも見れたし♪
DSC0009652 (1)


毎度ワンパターン感のある昼ゴハン
DSC0009658 (2)

そろそろ違うメニューにチャレンジするべきか・・


遠くに観えるのは白山かなー?
DSC0009661 (1)


しばしまっさらな雪の上を歩きまわりフカフカ雪を堪能する
DSC0009670 (1)


いつまでもフカフカしてられないので名残惜しいけど下山する
DSC0009673 (1)


振り返ればこの日イチバンの青い空
DSC0009681 (1)


む~ん、もっと徘徊していたい気持ちをグッとこらえての下山デス
DSC0009684 (1)


何度も何度も振り返ってるとナカナカ進まない


青と白が目にシミル
DSC0009687 (1)


しがらくびで林道には下りずに林の中の踏跡をたどる
DSC0009692 (1)


この時期の雪はキレイ
DSC0009694 (1)


西尾平に戻ってきた
DSC0009695 (1)


このまま林道を通らずに下っていきたいトコだけど、太陽の傾き具合がアレなので無難に林道へ


医王の里を過ぎて、もうすぐゴールってあたりで太陽が山かげに隠れそう
DSC0009698 (1)

そして、無事下山
DSC0009699 (1)


2018年初山歩きの白兀山スノーシュー徘徊はフカフカ雪と青い空と遠くのお山のステキな景色に大満足


ボスを連れて来なかったのがアレだったケド、とりあえず幸先の良いスタートをキレたかな


今年は、貴重なチャンスをムダにすること無く、ナニゴトも取りこぼしの少ない一年にしたいモノですな





プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター