2012年10月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

ボス、島で修行

14日(日曜日)のコト




またクリエイターズマーケットに行ってきた


能登島へ



なんとなく去年は暑かったような記憶が・・


今年は良い天気で気温もホドヨイ感じ



薪ストーブがあった



家を建てるときに、薪ストーブ導入を考えてたケド、初期投資の高さにあえなく断念


庶民には手が届きませんでした


薪ストーブ体験コーナーでは薪割り体験もやってました



『あ~、そんなんじゃ割れませんな・・見てられん・・』的なボス




飼い主には快適な天気でしたが、ボスは太陽エネルギーを集めて暑そう


水分補給タイム



キレイなとうがらし




昼ゴハンに能登豚デリシャスサンドを調達~



食べる気マンマンのボスさん
DSC07635 (1)


他にも食べたいモノあったけど、けっこう並んでるのでボス連れだとちょっと買いづらかった


食後もグルグル会場を巡って芝生の上のウインドウショッピング


自転車屋さんも来てた




看板犬かな?




1時間くらい会場を放浪してたか・・


そのうちボスさんがストライキ始めたので終了~


何も買わなかったケド、見てるだけで楽しいデス


帰り道、案山子窯さんに寄り道



招き猫のモデル猫に会えるかと思ったけど、ザンネン会えず



次にガラス工房をのぞいてみると、製作の様子を見れた



よくわかりませんが・・スゴイです・・



近くの小さな漁港へ行ってみる
DSC07647 (1)


大量の水が苦手なボスさんは警戒モード


海の中には小さいクラゲがイッパイ



眺めてるぶんにはキレイです

食べ放題

10月のいつだったか・・のコト




今年はウチの庭のアケビが豊作でした



10個くらい実をつけてた


去年は少なく実も小さかった


豊作になったからといっても、収穫して食べるワケじゃないのでナンですが・・・


甘いケドほとんど種だしね~



というコトで、アケビの実は収穫しないで放置デス


すると近所の?野鳥がちゃんとアケビの実を見つけて食べにきます


なんていう鳥かわかりませんが


キレイに食べて行くのでなぜかウレシイ



アケビの実が終わったら次のメニューは南天の実かな


赤く食べ頃になるのはも少し先ですな

B級ザンマイ

8日(月曜日)体育の日のコト その3




朴の木平スキー場を出発して帰路に


せっかくなので帰り道にミチクサ食ってきました


今まで近くを通り過ぎるだけだった場所へ


まずは銚子滝


ボスさん、やる気ナシですね・・・


ナニが気に入らないのでしょう


滝が思ったよりショボイこじんまりしてるからですか?


流れる水はとてもキレイですよー


モデルさん、ちゃんと笑顔でお願いしま~す


べ~ 


なぜかボスさん、あんまりこの場所がお気に召さないようです


帰り道も足早にクルマへ



次の寄り道はB級度が高そうな大橋コレクション館へ



いきなり登場するデカイ鍋が意味わかりませんね~


コレクション館内は撮影禁止なので写真ナシ


ココの目玉はやっぱりあの盗まれた金塊でしょー


溶かされて戻ってきた金塊が展示されてました


戻ったのは7割程度だったようですが、それでも時価は元より高いらしい・・


コレクション館だけ見て鍾乳洞はパスしようと思ってたケド、チケットが共通なのでモッタイナイ


鍾乳洞も見物してきました



照明の色がなんかアレです・・・



派手な照明にはワケがあるようですが、ちょっと興ざめな感じ・・



鍾乳洞はチョイチョイ階段を昇らなければならないルート


見学ルートの最後まで制覇して外に出ると、中で感じてた以上に高いトコまで登ってました


スタート地点までひたすら下るコトに


下りながらナニゲに道の横を流れる沢をのぞくと、愛しいイワナ達が~
DSC07514 (1)


誰も釣りなんかしない場所なんでしょーね~ 警戒心ゼロ


塩焼きにはちょうど良いサイズですな



そして、さらなる寄り道スポットは~


B級度全開~な『民芸ミュージアム 匠の館』デス



なぜか水族館があります


水族館というか・・・


知らない魚



シナノユキマス


ステキな名前の魚ですが、外国の魚ですね・・


そしてお目当ての『イトウ』



ウマク写真撮れず・・


体調が1メートルくらいあるそうで、ナカナカの迫力


で、匠の館の本体へ



立派な囲炉裏


このミュージアムのイチバンの売り?



昔の高山市内を再現したジオラマです


鉄道模型が走り回ってて、模型にセットされたカメラからの映像がモニターで見れたり、


夜明けから夜中までを照明で演出したり、



バックのスクリーンに月や星が映ったり、花火が再現されたりと、とても凝ってマス



いろんなモノがゴチャ混ぜの空間な匠の館、ヘンなトコでした・・・



通りすがりの玄関先のお願いワンコ
DSC07515 (1)


風景に馴染んでるわ・・


さらに馴染んでるのはやっぱり柴犬ですな



カワイイですね~  めっちゃ吠えられたケド・・・



晩ゴハンはいつもの国八食堂デス



今回はフンパツして豆腐も頼みました


ウマイ~ が、間違いなく塩分とりすぎ・・


今回の調達品は少ない



栗よせは間違いのない美味しさ
DSC07581 (1)


ちょっとお高いのが難・・・




バイクで下る

8日(月曜日)体育の日のコト その2




息切れハイキングから戻った似非ハイカー


帰りの乗鞍スカイランを下ります


登りはバスでやってきた畳平ですが、下りは自転車で下ります
DSC07359 (1)



似非ハイカーの後は、似非サイクリスト?デス


登りはバスに揺られてお気楽に~


下りは重力にまかせてお気楽に


自転車の場合、減速するのは100%ブレーキなので、ちょっと不安でした


安物の折りたたみ自転車のブレーキが標高差1000mホド、距離15kmくらいの下り坂に耐えれるのか・・


ブレーキのコトは事前にノーマークでしたが、パンク修理キットは手配済みです



空気入れとパッチのセットはバイク用に持ってたハズなのに、なぜか見つからず、慌てて買ってきたモノ


こーゆー物はだいたい買った後に見つかるモノで・・・



折りたたみ自転車の人はけっこういました


当然、本格的な自転車の人達も登って来てマス



乗鞍スカイライン下って行くと、雲がどんどんやってきました



雲が流れる景色も良いですが、やっぱりスカッと晴れてた方がイイですな・・



雲の境い目



ステキなクネクネ~ 青空見えないのがザンネン



紅葉・黄葉
DSC07451 (1)


曇ってたせいもあるけど、紅葉はエコーライン側の方がキレイですねー
DSC07454 (1)


しかし、スカイライン側の険しい感じは好きです
DSC07455 (1)



乗鞍スカイラン下りのお楽しみだった穂高方面の絶景は雲に隠れて全然見えず・・


途中、雲の中を走ったり、バスをやり過ごしたり、Uターンして坂を登ってギャフンと言ったり・・・


心配してたブレーキも問題なくバス乗り場に戻って来ました



スキー場の隅っこにあったコキアが真っ赤
DSC07460 (1)


クルマで待機してたボスさんをサンポに



繋がれてたチビさんと交流
DSC07469 (1)


しばらくバスターミナルでのんびりしてから、スキー場をあとにしました



そして、まだつづく~

思い知る・・

8日(月曜日)体育の日のコト




飛騨朴の木平スキー場の駐車場で車中泊した朝


まずは朝のボス散歩



ナカナカのひんやり具合デス




ずっと昔?金沢からの日帰りツーリングのルートとして『乗鞍スカイライン』は定番だったと思います


しかし、今はマイカー規制のためバイク(クルマも)では行けません


10年以上行ってないかな?


乗鞍スカイラインの終点である畳平の駐車から90分ホドで標高3000m超えできるらしい・・


若い時は山登りに興味無くて考えたコト無かったケド、このお手軽さは魅力的


というコトで、似非ハイカーはこのお手軽ハイキングすべく乗鞍へ向かったのでした~



で、そんな理由でやってきた朴の木平スキー場、ココは乗鞍スカイラインを登るバスの乗り場です


朝イチバンのバスに乗ろうと思って、車中泊したワケですが・・・


『路面凍結のため乗鞍スカイライン通行止めデス。バスの運行を見合わせています。』と、


悲しいアナウンス・・・


そんな状況の中でも、すでに列んでます



列に並ぶコトが嫌いなためウロウロしながら時間をつぶしてたらスゴイ行列に・・



結局、2時間遅れくらいでバス運行開始


5台目くらいのバスに乗って出発です


何年かぶりに乗ったバス



とても良い天気



お月さんも見えます


シロウトがいきなり一番高い『剣が峰』3026mに向かうのはヤバイかもしれないので


無難な『富士見岳』2817mに登ります



が、無難だったハズなのに、息が切れぎれ・・・


へーへー言いながら、休み休みやっとこ登りました



少し登っただけなのに、景色がぜんぜん違います



北アルプス方面の眺めサイコー


下の方を見ると、紅葉がキレイでした



てっぺんでずっと景色を眺めていたいとこですが、どんどん登ってくるので、落ち着けません


下りつつ、も少し先へ行きます


スグソコなハズの富士見岳があまりにもしんどかったので、剣が峰行きはアッサリと断念して


途中の『肩の小屋』へ向かいます


振り返ると、青空がまぶしい富士見岳てっぺん



下を見ると紅葉の中を通るクネクネの乗鞍エコーライン



小屋へ向かう途中で、コンビニおにぎりの昼ゴハンに


少し雲が出てきた
DSC07409 (1)


動きの速い雲、ずっと見てられそう・・


しかし、雲はだんだん大きくなってきてます


エコーラインにかかる雲の影



ほどなく肩の小屋の到着~ けっこうにぎわってる



剣が峰方面、行列になってます



次に来たら、絶対登ろう・・と、ショボイ誓いを立てながら駐車場へ戻ります


グライダーが飛んでた
DSC07429 (1)


だいぶ雲があがってきました



アチコチで飛び回っていた野鳥


近くにいた人達の会話を聴いてると『ホシガラス』というらしい


体に白い点々があって星みたいだから・・


ふ~ん、なるほどね~と思ってたら、星のないヤツがいたー



フツーのカラスですね


こんな高い山にもカラスいるんか・・


人のいるトコ、カラスあり・・・


と、駐車場に戻ると、ココにも長~い行列



マイカー規制される前よりは、人の数は少ないと思うケド、ナカナカの混み具合でした


バスもドンドコやってくる


路線バス?の車両はみんな低公害車のようですが、


たまに混じってる観光バスは登りで黒煙モクモクで登ってきます


そんなんでイイのかーと思いましたねー



少し休憩して、畳平のお土産屋をウロついてから、スカイラインを下ります


下りは別の楽しみが・・


しかし、増えてきた雲が気がかり



そしてつづく

少しハズシて

7日(日曜日)のコト その2




原山市民公園を後にして向かったのは~


B級度満点なスポット・・


巨大七福神が見れるトコロ



クルマで敷地内に入った瞬間、B級オーラが溢れてます


駐車場無いし・・・


お客さんがいないし・・・(すぐ近くにはメジャーな観光スポットがあって、人ワラワラなのに・・)


いたるトコロが手作り感イッパイ~


しかし、ご主人は親切丁寧な対応


まあ、誰もいないほうがジックリと見学できてイイんですけどねー


毘沙門天~
DSC07275 (1)


デカイっす


身長が7メートル50センチ


体重が18.5トン


使われてる木は樹齢1200年のケヤキだそうで、スゴイですね~


そんな立派な巨樹を切っちゃったのですね・・とか思ったりするケド


小屋の壁面にくっついてた金具がおもしろいカタチ
DSC07283 (1)


雰囲気は超アヤシイところですが、巨大一刀彫の七福神はミゴトなモノでした~


ありがた~い七福神を見たあとは、フツーに?高山観光デス


けっこう街中混んでたケド、すんなりと駐車場に入れた


空はどんよりですが、ボスが熱くならなくてヨシ



定番の古い街並みエリアは超満員な様子なので、ポイントを外して歩きました


ちょっと気になる品揃えのお店



酒屋のでか~いオカマと



ドコのお店にもあったイワシャジンがキレイだった



この季節に欠かせないニホイ トイレの芳香剤 キンモクセイが全開デス



狙ってたお店へ行ってみると
DSC07309 (1)


遅かった・・・


ボスさん、カナリ歩いてオツカレっぽいので、いったんクルマへ戻って待機です


飼い主だけ、高山散策part2です


古い街並みエリアは混んでてツマンナイので、商店街を偵察します


薬局のショーウインドウに



なぜ、骨格標本とスカイツリー?


その横には



ナカナカ味わい深い・・


ホントに薬局なのか?


コチラは別の薬局で
DSC07315 (1)


顔色の悪いケロヨンが目につきますが~


その後のタヌキの目がコワイっす


タヌキの剥製、このあたりでチョイチョイ遭遇しますが、なんか理由があるんでしょーか?



ペットショップか?と思ったケド、ぬいぐるみ



ペット服ショップでした


ボスサイズのは無さ気・・



商店街をウロウロしてたら、チラリと見えたエントツ


近寄って見ると、良い雰囲気の銭湯がありました



暗くなったら、もっとイイ感じかな


路地裏には猫が似合いますな
DSC07321 (1)


子猫が三匹ジャレあう姿に、不足していたネコ成分を補給できました



お気に入りの『栗よせ』を調達
DSC07325 (1)


古い街並みエリアもイイけど、高山の商店街&路地裏巡りがけっこう楽しい


隅々まで探索したいけど、1日じゃムリですな


またチョイチョイ来たくなる・・



ほどよい時間になったので、晩ゴハンに


飛騨高山に来たからには、やっぱり飛騨牛を~


と、いきたいトコですが


なぜか、うな丼デス



ほのかに『きたなシュラン』的なお店でしたが、美味しかったデス


客は自分だけで、小さなお店、貸し切りでした・・



暗くなったら、混んでた古い街並みエリアも人がまばらに
DSC07338 (1)


和服のお嬢さん達、地元の人かと思ってたらミョーにはしゃいでる・・


観光の人ですね・・


着物のレンタルとかあるのかな


街並みに馴染んでて良いですねー


お嬢さん達、異国の人でしたが・・



タップリ歩いて脚が疲れた


もっと徘徊したいトコですが~


次の日、もっと歩かないといけないので、高山散策は終了~


コンビニで明日の食料を仕入れて、宿泊地へ向かいました


宿泊といっても、スキー場の駐車場で車中泊ですが・・・


今回はゆっくり寝かせてね、ボスさん
DSC07348 (1)




次の日につづく


アテにならないような、そうでもないような・・

7日(日曜日)のコト その1




連休に乗鞍方面へ行こうと思ってた


日曜にしようか月曜(体育の日)にしようか迷ってたけど、なんだか準備に手間取ったので日曜はあきらめた


午前中まで、モタモタと準備して出発~


余裕あるので、寄り道してドッグパークへ


この日ドッグパークは運動会


くろママ♪さんがフリマ出店してるハズなので、冷やかしに


って、行ってみたものの、なんか天気わる~


オマケに顔なじみのワンコいな~い


くろママ♪さんフリマやってな~い


む~ん、あきらめて先を急ぐか・・ と、思ってたらサクラパパさん&ママさんがいた


で、サクラちゃんと遊んでもらいました~
DSC07246 (1)


ボスさん、目つきがヤバイですよ・・



あいかわらず活動的なサクラちゃん



ボスも、あいかわらず・・オシリ狙い・・



ボスはサクラちゃんのスピードについて行けないので、スキを狙います・・



しかし、サクラちゃんはスルリとかわして、ボスは残り香を・・



運動会のイス取りゲーム



ナカナカ楽しげ


ボスには絶対できませんな


サクラちゃん、遊んでくれてありがとう



ボスもウレシイ



雨がポツポツきたなーと思ってたら、アッという間に土砂降りに~


運動会はお気の毒・・


雨宿り中、大人しくて犬好きそうな白ラブさん



ボスは緊張してますが、ラブさんはボスに興味アリ



カワイイですな~


雨は止みそうもないので、サクラ家にお別れしてドッグパークを後にしました



で、高速道路を走って高山へ


まずは原山市民公園へ



コチラは雲は多いケド、予報どおり晴れてます


ココのドッグラン、前回はワンコいなくてガラ~ンとしてたけど、この日は小さいワンコ達が遊んでた


ワンワンワンワンと楽しそうに遊んでるので・・ボスさんビビって近づきません・・


オヤツをチラつかせて、ランのまわりを歩く


ゲレンデの上の方はススキが満開?




この後、高山の街方面へ


そして、つづく~

若い頃は・・・


日ごろお世話になってる方(能登人)から、ステッカーをいただいた



ステッカーの存在は知ってたけど、思ってたより小さいモノ・・


『ライダーの平均年齢は高いので、こんな小さな字、読めませんよ・・』


などとケチをつけつつ、ありがた~く頂いときました


昔を思い出して?みなさんピースしましょッてコトですね


詳しくはコチラ


能登に行かれた際はピースサインを~




素晴らしいワンコ達

23日(日曜日)のコト




ちょっとアヤシイ天気だった日曜日


予定よりカナリ遅れて家を出発~


向かったのは大きな公園


公園に近づいて行くと、にぎやかな雄叫びが・・・


警戒モード中のボス



当然、警戒中のボスさんは前進せず・・


オヤツで誘導しながらやっと到着~



『ふれあい動物フェア』の会場です


犬イッパイ~


おなじみのクールな表情のアルパカ~
DSC07216 (1)


とてもキュートな黒いシェパード?
DSC07212 (1)


コチラのシェパードもとてもカワイイです
DSC07213 (1)


訓練されたワンコたちのデモンストレーションも兼ねた?ゲーム


『休止』って言ってたかなー? ずっと伏せて待つ競技



瞬間、飼い主さんのもとに駆け寄るワンコもいましたが、みんなガンバッテます


途中、スタッフさんのイヤラシイ誘惑(ボール投げたり、オヤツ置いたり等々)で脱落していきます


笑えたのは、一生懸命伏せてるラブちん



ガンバッテますが、ジワリジワリと、ほふく前進して飼い主さんに近づいてます・・



カワイ過ぎですな~



誘惑に負けず、落ち着いてふせてるワンコ達に感心しますね~


ボスさんに爪のアカでもいただきたい・・



いろんなワンコとアルパカ見れて満足~


ボスは・・誘惑あったり、驚異あったり・・


短い時間でも疲れたかな?




帰り道、少し遠回りして寄り道


白山さん、再び・・


霊水をいただいて帰ります



水汲んだ後は、おはぎ屋さんで甘いモノでも・・



おはぎソフトクリーム、美味しかった (見た目がアレですが・・・)


おはぎ屋さんに来たからには、おはぎ買って帰らないと・・


ついでに笹寿司も


そして、さらにまわり道して、チャーシューと豚味噌漬けを調達して帰ったのでした~

ウマウマ

22日(土曜日)秋分の日のコト その2




王滝村の滝越集落を後にして開田方面へ向かいます


途中、『自然湖』というトコがあります


タイミングによって、とてもキレイな景色ですが、この日はイマイチ
DSC07176 (1)


カヌーを楽しむ人達も
DSC07177 (1)


何度もみてる景色なので、素通りするつもりだったけど、ついバイクを停めてしまった・・


バイクを並べて見たかっただけ・・



まったく同じ仕様のRTが2台並んでたのでつい・・



太陽の丘公園で休憩



芝生の丘の上に置かれた石のオブジェで太陽系を表現してるトコです


その他に古代の生き物が




次は開田の木曽馬の里へ



御嶽山はやっぱり雲の中


木曽馬達を見たかったケド、放牧場には姿ナシ・・


もう時間が遅かったので、馬たちは厩舎に帰ってました
DSC07189 (1)


小さくてカワイイ木曽馬~


食事ちう



パサパサのワラ食べてウマイのか~?口の中の水分全部持ってかれるな・・・


馬に乗ってみたい気もするケド、重量オーバーか・・



開田高原に来たらヤハリ定番のコレを食べないと



開田高原アイスクリームの、とうもろこしソフトクリーム


オイシイです・・ ちょっと寒かったケド・・・


オカワリしたいのガマンして、帰ります


最後の御嶽山



てっぺん、見えそで見えない



今回の調達品



美味しいと評判の開田高原のトウモロコシ


さっそく茹でル
DSC07205 (1)


ウマー


ボスさんにも
DSC07208 (1)


ボスもオオヨロコビ~ バクバク食べてた

念願の地

22日(土曜日)秋分の日のコト その1




前日に汗かいてタイヤ交換したので、気分よくツーリング出発~


ヤハリ、新品タイヤは軽快デスネ


行き先は、計画しつつもナカナカ実現できなかった御嶽山デス


高速道路をビュ~ンと行って高山市を素通りすると、山の快走路へ


本格的に山道へ突入する前に休憩します


道の駅ひだ朝日村で



ダンゴで朝食


そして、イッキに目的地へ


御嶽山の7合目、登山道の王滝口の田ノ原



やっぱり?ザンネンなコトに山頂は雲の中


なかなかスッキリな天気に巡り合えません


麓のあたりは太陽も出てて、快適な気温でしたが、のぼるにつれて気温下がって寒かった


駐車場では太陽も雲に隠れていちだんと寒ッ


食堂の入り口にあった温度計見ると・・



さむ~い、温度計みたらよけい寒いわー


気温もビックリでしたが、もっとビックリしたのは、駐車場がクルマでイッパイ


道路にまであふれてて、路駐してます


なんで?


こんなににぎわってるのは初めて


御嶽山ブームですか?


とりあえず、山頂へ・・



行けるワケなく


登ってく人達を眺めてました


あきらかに、登る先が雲の中でも、みなさん登るんですね~


自分だったら・・予定を変更するでしょーな


いつの日か登ってみたい御嶽山



登山口に出店が



なんだか魅力的な商品のラインナップ・・


どんぐり万十が気になる・・・


甘いモノを仕入れて、下山デス


途中、スキー場の中を走る道でパチリ



この道がとっても気持ちヨシ


ココは眺めも良くて、道のクネリ具合がサイコーです



ずーっと山を降りて、麓の集落に近いトコロにある清滝



水量が少なくてアレですが、滝行をやってる滝デス


白い装束の人がイッパイいて、ちょっと近付きづらかった・・



御嶽山のふもとの王滝村の中心部まで降りたトコロで昼ゴハンにします


ネット徘徊中に小耳に挟んだゴハン


王滝食堂の『いのぶた焼き肉定食』です



うまかった~


いのぶた丼と迷ったケド、肉タップリで豪華な定食にしときました


いのぶたは王滝村の幻の特産品


今度来れたら、いのぶた丼と馬刺し食べよう



むかし木曽の山ん中で活躍した森林鉄道の車両が見れるらしいので、近くの松原スポーツ公園へ


ザンネン、格納されてます、見れません



鉄分補給失敗~


なんか、悔しいので、王滝村の最深部? 滝越集落へ


ここでも森林鉄道見れます





パッと見た感じカワイらしい森林鉄道の車両ですが、シッカリ造られてますね~


マニアではないですが、こういうの見るの楽しいデス


鉄分補給完了~


おとなしいスタンプー



前に近くのキャンプ場に来たときにも会ったなー


山暮らしなので、ひっつき虫がイッパイついてる


オシリのトコにある、醤油こぼしたみたいな柄がカワイイ




せっかくここまで来たので、なじみの?林道へ


このあたりの川もとてもキレイです


川をのぞきながら峠へ向かいます



峠に到着~ そして休憩



ちょっとジャリ道も



王滝村にはジャリ道たくさんありますが、ザンネンなコトにほとんどゲートが閉じられてます


林道の途中にある隕石湖



近くで見ると、思ったほど丸くない


集落のアチコチに立ってた看板



無視するのは難しそー


ワンコもいろんなトコロで働いてます


ボスにはできない仕事ですな



つづく

プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
犬図鑑
猫図鑑
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター