2014年05月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

ちょっとソコまで

11日(日曜日)のコト



この日は、ボスさん、春のオツトメ第二弾、ワクチン接種の日デス
DSC004421 (1)


去年から、血液検査も一緒にやってる


初めて血液検査した時(2011年)から、肝臓の値が一つだけハズレてて気になってた


正常値から外れてても、そんなに心配することではないと言われてたけど、


去年は、最初より少し値が大きくなってて、今年はさらに上昇し、ハズレてる項目も3つになってた・・


なんか、イヤな感じ・・・


獣医さんは、この数値だけなら、そんなに心配することではない・・と言うケド、ヤハリ気になる


と、いうことで、ボスさん、しばらく肝臓の薬をのむコトに


肝臓の薬なんて・・のんべえのオヤジか・・・




帰宅後、ボスさんは、注射したので安静に自宅待機デス


そして飼い主は、午後からバイクで出動~


今年はまだ、拝んでいない御嶽山を目指します


時間無いのでドコまで行けるか・・とりあえずいつものルートへ


R156、R158を快適に走る


ヘンな時間のせいか道路は空いてる


高山を素通りして、R361へ


コチラも交通量少なく、マイペースで


開田村まで足を伸ばそうか迷ったケド、チャオ御嶽でガマンするコトに


チャオへ向かう道からの、御嶽山・・のハシッコの継子岳
DSC004422 (1)


このあたりまで来ると、ナカナカの寒さ・・


陽が沈んだらガクッと寒くなりそ


で、チャオ駐車場に到着~
DSC004426 (1)


まだスキー場やってた


けっこうスキー客いて、バイクでブイ~ンと駐車場に入ると、なんか場違いな感じに・・・


乗鞍方面も拝んどく
DSC004424 (1)


この後、某牧場からの御嶽山の景色を観るため、時空の隙間を通り抜けてみたものの、


マサカの道路修復作業中で、あえなく∪ターン


そして下山


高山の街へ向かう途中、太陽が山カゲに沈む前、乗鞍岳をパチリ
DSC004429 (1)


そして、高山で、いつもの晩ゴハン
DSC004431 (1)


高山からは高速道路でビュ~ンと帰宅


半日だと余裕ナシ・・


それでも、このイイ季節にはたくさんバイク乗っておきたいモノですな



ザンマイ

6日(火曜日)振替休日のコト その2



千光寺公園から、山を降りて市街地へ


初日と同じ、日陰が確保できる駐車場にクルマを停めて、ボスさんは待機デス


まずは、尾道の商店街エリアをウロウロと徘徊


ナカナカ賑わいのある商店街


オモシロイお店
DSC004364 (1)


人気店らしいラーメン屋にはスゴイ行列できてる・・


列ぶコトがとても苦手なので、行列してまでゴハン食べるのはは理解できない・・・


あちこちウロついた後、国道を挟んで、山側の坂道と寺院イッパイエリアへ侵入する
DSC004332 (1)


ココで外すコトができないのは『猫の細道』ですね


細道スタートしてスグ、接客に手慣れた?感じのニャンコ登場
DSC004337 (1)


ジッと動かず、されるがまま・・


通りかかるお嬢さん達は『かわいい~♪』の連発・・


さすが、匠のワザですな


このあたり、細い路地がイッパイ・・というか、細い路地だけ
DSC004338 (1)


猫を探しつつ、細道を進んで、艮神社へ
DSC004340 (1)


緑アザヤカなクスノキの巨木(樹齢900年)が見事デス


尾道で最古の神社らしいですが、ビックリなのは神社の上をロープウェイが通っているコトでしょー


いいのか?って思いますが・・・


境内にもニャンコがマッタリしてましたが、若いカップルが張り付いてて接触できず・・・チッ


アヤシさ溢れる招き猫美術館
DSC004342 (1)


中に入らなかったのを後で後悔する


チョイチョイ出没する福石猫
DSC004344 (1)


謎の鯉のぼり
DSC004346 (1)


眺めのイイところから
DSC004348 (1)


昼寝日和
DSC004351 (1)


吸い込まれそうな美しい路地
DSC004359 (1)


また違う角度で魅力的な路地
DSC004369 (1)


こんな路地満載な尾道の街、路地探索してるとエンドレスです・・・


迷子になります・・


疲れ果てて遭難しそうになります・・


恐るべし尾道・・


そんな、路地&坂道(階段)で構成された街で暮らすのはタイヘンでしょー
DSC004362 (1)


空き家?廃墟?がポツポツあったり・・・


歳とったら住めないですよねぇ


チカラ尽きて遭難する前に、商店街へ戻って昼ゴハン
DSC004366 (1)


ラーメンにするべきか悩んだケド、ケッキョクお好み焼きに


あまりにも、お好み焼きの食べ方が下手だったようで、お店のバアチャンに食べ方を指南される・・


『ヘラで食べると、食感が違うでしょう』とバアチャン


う~ん、よくわからんけど、『そ~ですね~』と同意しとく・・


息子さんらしい店主は、バアチャンの世話焼きが気に入らないようす・・・他人からみると微笑ましい



かなりウロウロ歩いたので、脚がだるくなってますが、行かねばならぬ場所があります


尾道といえば、映画のロケ地ですね


大林監督の・・


作品はたくさんありますが、ヤハリ『転校生』でしょ


そして、転校生といえば・・階段落ちデス


行かねばならぬ場所、は階段落ちのロケ地、御袖天満宮デス


古井戸を横目に進み~
DSC004371 (1)


御袖天満宮に到着~
DSC004375 (1)


おお~、ナカナカ立派な階段デス


こんなトコロから転げ落ちたら、ありえんコトが起きそうですな・・


ゾロゾロと見物人がやって来るのかと思ってたけど、そうでもない・・


『転校生』はもう古いのか?


ココは菅原道真公を祀ってる学問系の神社


もう手遅れ感はありますが、念のためお参りしときました


ほどよい風が気持ちよかったので、しばらくボケ~っと休憩する
DSC004380 (1)


ボケ~っとしてたら、睡魔に襲われそうになったので、休憩終了して天満宮を出る


アチコチで手招きしてる細い路地へ迷い道クネクネしたい衝動を抑えつつ、尾道観光終了~


ボスと歩けたらサイコーだったんですが、ソレは難しい


猫と浮気もできないし・・・


たくさん歩いたつもりだけど、まだまだ奥の深そうな尾道の街


また行きたいですな


機会があれば、ちゃんと予習して、シッカリ映画も観て行きたいデス




で、GWのしまなみ海道&尾道&呉の旅はコレでおしまい


棚ボタ

6日(火曜日)振替休日のコト



因島のPAで迎えた朝


朝日を浴びて瀬戸内の風景を眺めつつ缶コーヒーを飲んだ
DSC004296 (1)


せっかくなので、少しだけ島内を徘徊する


小さな漁港から因島大橋を眺める
DSC004298 (1)


ボスは海面を覗いた途端、腰が引けて警戒モードに・・


穏やかな瀬戸内の海
DSC004300 (1)
                              注:遠くに見える人は、立ちションしてるわけではありません・・


因島水軍城へ
DSC004302 (1)


まだ営業時間ではなかったので、チラリと見ただけ


城のスグ下にある、金蓮寺で
DSC004303 (1)


石の仁王像?が珍しいような気がする


ココには村上水軍のお墓があるらしい


中には入らなかったケド、チラッと見た感じでは、瀬戸内の島らしく?段々畑みたいな墓地でした


少し移動して、除虫菊畑へ
DSC004308 (1)


のどかな風景デス


段々畑を登ってみるとけっこうな急斜面で息が切れる・・


今は観光用に栽培されてるだけらしい
DSC004312 (1)


近くの竹林で『タケノコ持ってく~?』とオバちゃんに声かけられる


が、『いや~、旅の途中なんで~』と、遠慮しとく・・



ジックリと島巡りしたいトコですが、


あんまり余裕こいてると、時間足りなくなるのがいつものパターンなので島から引き上げる


そして、尾道へ


まずは千光寺公園へ


朝の気温の低いウチにボス散歩デス
DSC004317 (1)


日差しが眩しい


霞んでる尾道水道にかかる尾道大橋
DSC004319 (1)


みかんソフトでヒンヤリと
DSC004321 (1)


けっこう犬連れが多かった


向島の街並み
DSC004324 (1)


ツツジの季節ですな
DSC004325 (1)


ミツバチ、くまんバチが忙しく飛び回ってたケド、ボスには見えてないのか無関心


この公園、桜の樹がたくさんあったので、桜の季節はキレイなのでしょーねー



いったん、ボスさんをクルマへ戻し、飼い主だけ公園へ戻る


ノーマークだったけど、尾道市立美術館で好物の版画の展示してたので見物していく
DSC004326 (1)


ナカナカ良いモノ見せていただきました


駐車場を歩いてると、視野の片隅に見慣れないwordが・・
DSC004330 (1)


『離合』・・・コレは!テレビで見たコトある!


千光寺公園ボス散歩終了~


あとは、尾道観光デス


も少しつづく~

ヤマトッ

5日(月曜日)こどもの日のコト


この日は、天気予報で雨になってたので、インドアな計画を


ず~っと行きたいと思ってた、大和ミュージアム見物デス



前日、尾道での晩ゴハン終了後、少し西へ行ったトコの道の駅へ移動して、お宿とした


で、朝、目覚めると予報通り雨模様・・


雨の中、大和ミュージアムのある呉市へ向かう


雨とはいえ、せっかくの瀬戸内地方なので、高速道路は使わずに、海岸線をなぞって移動する


途中、造船所に吸い寄せられたり、温泉施設を探したり、ウロウロしつつ西へ


広島といえばカキですな
DSC004195 (1)


ホタテの貝殻
DSC004199 (1)


コンクリート船
DSC004200 (1)


大戦の遺物ですね


船が造られた経緯を考えても、現在の姿を観ても、ドヨ~ンな気持ちになりますが・・
DSC004205 (1)


60年以上、漁港の守り神になってるようです
DSC004206 (1)


呉の街に入って、大和ミュージアムへ・・


が、場所がわからず、しばらくアッチ行ったりコッチ行ったり・・・


ようやく看板を見つけ、ミュージアムへ向かう


が、まだ先が見えないのに、なんか渋滞してきた・・


余裕こいてウロウロしてたのが失敗


駐車場へたどり着いて順番待ち


立体駐車場の順番待ち・・坂道発進の連発がツライ・・2回ほどエンストこいてハズカシイ思いをする


駐車場にクルマを停めて、大和ミュージアムへ歩いてくと、街中に現れる潜水艦に『おお~っ』となる
DSC004207 (1)


入り口でソコソコ列んでチケット買ってミュージアムの中へ
DSC004209 (1)


テンション上がりますねぇ


特別企画展のチケットも買ったけど、スゴイ行列だったので断念する


通常展示のエリアもナカナカな人の数・・


人混みが苦手なので、ジックリ見物出来ないのがカナシイ


栄エンジン、コレ、欲しい・・・
DSC004212 (1)

このゴチャゴチャ感が、たまりません


零式と潜航艇
DSC004218 (1)


『海龍』とか『回天』とか見ると気分は沈みますねぇ


人の多さに負けて、サラ~っとひと廻りしてから、〆のミュージアムショップで軽くお買い物


外にでるとホッとする


砲身デカイ
DSC004227 (1)


コレ、自重で、シナらないのか・・


謎な犬のオブジェ?
DSC004230 (1)


てつのくじら館も見物するも、コチラもナカナカのニギワイでサラリと済ます・・


その後、昼ゴハンに


くじらカレー
DSC004238 (1)


ひさしぶりなクジラ肉


ゴハン食べて、売店を物色した後、ちょっと移動


てつのくじらのお家へ
DSC004239 (1)

のんびり見物できる世の中がイイです
DSC004249 (1)


呉のご当地ナンバープレートはヤマト型
DSC004250 (1)


呉の街を出て、温泉目指して近くの島へ


『桂浜』・・どっかで見たコトある字面ですが、コチラは『カツラガハマ』でした


温泉入ったあと、その桂浜でボス散歩
DSC004262 (1)


瀬戸内の砂浜って漂着ゴミが少ないですねぇ
DSC004264 (1)


砂はけっこう荒くてサラサラではなくへんな感じ


鬼瓦とパチリ
DSC004272 (1)


段々畑
DSC004276 (1)


日が暮れてゆく瀬戸内海
DSC004283 (1)


呉の街に戻る前に、日が暮れた
DSC004288 (1)


次の日は、尾道の街を観光する計画なので、夜のうちに移動する


晩ゴハンを尾道で食べるつもりでクルマを走らせるケド、途中、誘惑に負けて寄り道する


細いクネクネ道を登って、たどり着いた灰ヶ峰のほぼテッペン


呉の夜景スポットです
DSC004292 (1)


けっこうな山の中ですが、夜景見に来る人たくさんいました


下山したら、尾道へ


今度は高速道路を使う


で、夜の尾道に到着するも、ほどよいゴハン処を見つけられず・・


呉の街で食べてくれば良かったと後悔


コンビニで食料調達して宿泊地へ


しまなみ海道にのって、因島大橋を渡ったトコのPAでお泊りデス


そして、まだつづく~

これまでの人生最高の・・・

4日(日曜日)みどりの日のコト その3



しまなみ海道、3つ目の島、生口島に侵入~


造船所をしばらく眺める
DSC004132 (1)


ブツ切りの船体がゴロゴロ・・


テンション上がりますな


この辺りから、だいぶ疲れてきてるので、


『イロイロ寄り道して・・・』なんていう妄想はすでに吹っ飛んでます


とりあえず完走をめざしてペダルを漕いでます・・


そして、オシリはすでに超痛いデス


どっかで休憩しようかなぁ~と思ってたら、ちょうど良いトコが
DSC004135 (1)


じぇらーと屋さんデス


自転車イッパイ


自転車の旅の定番立ち寄り先のようです


苦手な行列にしばし列んで、じぇらーとゲット
DSC004136 (1)


せっかくなので、このあたりの特産でもある、塩とレモンにしときました


ウマー  


疲れも吹っ飛ぶ・・・ってコトはないですが、


カロリーは補給できましたね


デカくて立派な橋ばかりではなく、カワイらしい橋もあります
DSC004137 (1)


南国風の景色の中を、ペダル漕ぎ漕ぎ
DSC004138 (1)


しまなみ海道で2番めに大きな多々羅大橋を渡る
DSC004140 (1)


どの橋も、渡るためにはけっこう登るのですが、自転車道は緩やかに造られていて、


運動不足な似非サイクリストでもゆっくりですが登れます


岩が白くて木の緑と海の青がキレイに観える
DSC004144 (1)


なぜか海自のヘリコが
DSC004146 (1)


白い機体が瀬戸内の青に映えますな


レモン
DSC004150 (1)


大三島橋
DSC004152 (1)


しまなみ海道でイチバン小さくて古い橋


この登りで、モモ肉がツッて死にそうになる・・


ヤバかった・・どうなるコトかと・・一瞬『リタイア』が頭をよぎる・・


が、しばらく休んでたら復活~


しかし、オシリの痛さは尋常ではないレベルに・・


人生最高の痛さ・・・


5つ目の島、伯方島に侵入~
DSC004154 (1)


ヤハリ造船所の眺めは、たまりませんな


道の駅で、なんか食べようかと思ったけど、人イッパイで断念する


で、チャリンコ漕ぎだすと、あっけなく伯方島は終了~


最後の島、大島に突入デス


もう、この辺りまで来ると、疲れと日焼けとオシリの痛みで、何がなんだかわからなくなってマス・・


周りの景色なんて目に入って無いし、記憶もあいまいに・・


そんな中現れた魚の石像
DSC004161 (1)


長めの上り坂、再びモモ肉がツル


古い家屋を見物するフリして休憩する
DSC004162 (1)


アヤシイ交番が
DSC004164 (1)


このデコレーションはなんでしょ?


偽物の交番か?と思いましたが、本物のようです


アヤシイ交番からほどなく、最後の橋、来島海峡大橋のたもとの道の駅に
DSC004165 (1)


ココも人イッパイですが、最後のカロリー補給しときます
DSC004166 (1)


自転車道はループ状
DSC004171 (1)


来島海峡大橋は3つの吊り橋が合体した巨大な橋


途中、2つの島を跨いでて、柱の中にあるエレベーターで島に降りれるようになってます


降りて、島巡り・・・なんて余裕はこれっぽっちも無く眺めるだけにしてスルー
DSC004172 (1)


4.1kmほどの橋を渡り切ると、ソコは今治


ついに四国上陸デス


目が奪われるのは、やっぱり造船所
DSC004177 (1)


一時はどうなるかと思ったけど、なんとかチャリンコを押して歩くコトなく完走できた


ぜんぜん寄り道できなかったケド・・


完走の感想は・・


瀬戸内しまなみ海道で地獄を見ました・・・


いや、爽やかな5月の風に吹かれ、キラキラな瀬戸内海に浮かぶ島々を巡る自転車の旅を満喫し、サイコーでした


でもやっぱり、ジックリと寄り道しながら、グルグル島巡りしたいですねぇ


いつの日か、再チャレンジしたいですな


その時は、3~4日ぐらい必要だろーなー


ちゃんと体力&尻力つけとかないとダメです



四国上陸を果たしたら、尾道へ戻らなくてはなりません


チャリンコで戻るなんて不可能


なので、最後のチカラを振り絞って・・


というより、頂点に達してるオシリの痛みをガマンして今治港へ


船で帰る作戦デス
DSC004180 (1)


船の時間まで、その辺をウロウロ
DSC004179 (1)


ガラ~ン・・・


しばしの船旅を楽しんで因島へ
DSC004182 (1)


この先の船は無く、尾道まではバスに乗ります
DSC004183 (1)


ふだん乗らない公共交通機関に乗るとけっこう楽しい


バスの運ちゃんのアグレッシブな走りに軽くたじろぎつつ、尾道の街へ帰還する


すっかり暗くなった尾道の街


バスを降りた尾道駅から、ボスの待つ駐車場まで、さすがにチャリンコに乗る気にならず、テクテク歩く


お待たせしたボスさんにゴハンあげて、食後の馬アキレスもフンパツ


少し休んだら、夜の尾道ボス散歩


で、その後、飼い主は晩ゴハン食べに街中へ


遅い時間で開いてる店がナカナカ無く


やっと見つけたお好み焼き屋で晩ゴハン
DSC004190 (1)


油を使わず焼くのがこだわりらしい


美味しかった


思い返すと朝からまともなゴハン食べてなかった・・


お腹を満たしたら、次のお宿?へ移動デス


そして、つづく


無謀?

4日(日曜日)みどりの日のコト その2



尾道の朝


尾道にやってきた理由はふたつ


ひとつはとうぜん、尾道観光


もうひとつは、尾道と今治を結ぶ、しまなみ海道をチャリンコで走破するため


問題なのは、ふだんから自転車に乗ってるわけではないし、遠出もしたコトがないので、


自分がどのくらいの距離を走れるのかわからないコト


それに、サイクリストの聖地とも呼ばれるしまなみ海道を似非サイクリストがチョロチョロ走ってもイイものか・・・


な~んてコトを思いつつ


まあ、なんとかなるか・・途中であきらめてもいいし・・とりあえず行けるトコまで・・


できれば、イロイロ寄り道して島々を巡れたらイイなぁ・・と夢見つつ


お気楽に出発したのでした


まずは、尾道駅前から渡し船に乗って、向島へ
DSC004102 (1)


最初の橋は自転車の通行に適して無いらしく渡し船がスタンダードらしい


ビックリしたのは早朝の尾道駅近くにあるレンタサイクルの受付の長蛇の列


スゴイな、みんな島巡りするんか・・・さすがサイクリストの聖地か・・と思った


むか~しバイクで来た時の記憶はぜんぜん無いけど、思いがけずビルがイッパイな尾道駅周辺
DSC004103 (1)


向島に上陸したら、しまなみ海道サイクリングがスタートです


サイクリングルートの道路上には青いラインがひかれてて道に迷うことはありません
DSC004107 (1)


最初に渡る因島大橋
DSC004112 (1)


ナカナカ立派な橋デスネー


まだ始まったばっかりなので、余裕デス・・・スピードはゆっくりですけどね・・


この因島大橋だけ、自転車が通るトコロが車道の下にあります
DSC004117 (1)


両サイドは金網があるので眺めはイマイチ・・檻の中みたいデス


しかし、高いトコから観る瀬戸内の景色が素晴らしいのは間違いないデス
DSC004119 (1)


レトロな船(水軍の船的なモノか?)がイッパイ
DSC004121 (1)


なぜか大黒様&モアイ
DSC004122 (1)


因島をもうすぐ脱出ってトコロで、自転車が何台も止まってるお菓子屋が


店先には小耳に挟んだ覚えのある『はっさく大福』の文字が!


まだたいして走ってないけど、大切なエネルギー補給の時間デス
DSC004123 (1)


はっさく大福とはっさくチーズケーキ


はっさくウマー  オカワリしそうになるのをガマンして先へ


食べ物屋さんの店先で昼寝?朝寝?中のワンコ
DSC004125 (1)


窮屈ではないのか・・


目覚めたら、間違いなくガンッて頭ぶつけるだろーな


ふだんの生活では、外飼いのワンコはかなり少ない今日このごろですが、


このあたりではけっこう外犬いましたねぇ



2つ目の橋、生口橋
DSC004128 (1)


この辺りから、もう疲れてたりして・・・


自転車は多いですが、歩く人もけっこういましたねぇ
DSC004129 (1)


それと、自転車と同じく、低料金で橋を渡れる125cc以下のバイクも


船跡が変化していくのを見てるだけでボーッと過ごせそうな景色
DSC004131 (1)


そして次は生口島


と、いうところで、つづく~

スタート地点

4日(日曜日)みどりの日のコト その1



福山SAで目覚めて、サービスエリア内で軽くボス散歩したら、すぐ近くの目的地へ


で、たどり着いたのは尾道デス


むか~し、バイクでサラリと通りすがったコトはある


その時は、ナニも下調べもせずに出発した旅だったので、


魅力的な街なのはわかってたけど、バイクを降りてジックリ観光しようなんて思わなかった・・


もったいないコトですねぇ



まずは尾道駅周辺へ行って観光パンフレットなどを物色して、この日の計画のための資料を集める


そしてクルマを駐車場へ


ちょっと離れた場所だけど、立体駐車場なので、日陰で風通しも良く、ボスさんの待機場所にバッチリ


駐車場の屋上から、早朝の尾道の街をパチリ
DSC004091 (1)


スグに出発したいトコですが、念のため少しだけボス散歩
DSC004092 (1)


天気良く、海も穏やかデス
DSC004093 (1)


海が似合わない山犬
DSC004096 (1)


知らない土地で挙動不審になってる三毛山犬を、横目で見ながら颯爽と通り過ぎて行く地元犬?
DSC004098 (1)


ボスにクルマへ戻ってもらって、アレコレ準備したらいよいよスタートです
DSC004099 (1)



つづく

西へ

3日(土曜日)憲法記念日のコト



この日からゴールデンウィーク後半




ずっと前から思い描いていた西方への旅の計画がありまして・・


でも、イロイロとハードルが高くて実現できてなかった・・


今年のゴールデンウィーク前にもチョロっと頭の片隅に計画がうごめいていたケド、


やっぱり止めとくか・・遠いし・・ッてなりそうだった


が、しかし、いつもナニかと刺激をいただいてるお方のブログに、行きたかった場所への旅の記事が!


む~ん、コレは・・行きたい・・


ETC割引のコトもあるし、行っとくか・・


というコトで、広島への旅決定~


準備の時間がなくて、リサーチ不足ではあったけど、


3日の朝にバタバタとクルマに荷物を積み込んで出発~


この日は、まるっと移動日なので、のんびりと寄り道していきます


寄り道ポイントは若狭熊川宿デス


道の駅にクルマをとめて、重要伝統的建造物群保存地区へテクテク歩いて行くと第一街犬発見デス
DSC004074 (1)


ボスは川の流れが気になるのか・・


ただビビってるのか、近づこうとせず・・


おとなしそうなゴールデンなのに・・
DSC004076 (1)


ボスの反応からすると♂か?


しばらく行くと洋風?な建物
DSC004080 (1)


趣きのある商店?
DSC004081 (1)


なんだか道路が鮮やかすぎて違和感アリアリなんですけど・・
DSC004082 (1)


ボスさんの表情がパニクり気味なのは、地元の?子どもたちに囲まれてナデナデされたから・・



交番も古めかしく建ててあったみたいだけど、今は使われてないようです
DSC004083 (1)


ホントの古いままの家屋で暮らすのはタイヘンだろうなぁと思いますねぇ
DSC004084 (1)


去年、花雪家のブログに出てた、猫だらけの庭には、ザンネンなコトに一匹だけ
DSC004086 (1)


ボスに睨みを効かせてます・・


ボスのほうが挙動不審に・・


ひと通り歩いたら、本来の旅のルートに戻って先へ進みます


オバマの道の駅で焼き鯖寿司をゲットする
DSC004087 (1)


鯖寿司でお腹を満たしたら、高速乗ってびゅ~んと移動デス


兵庫より西へはクルマで行くのは初めて


バイクでも二十代の時、沖縄行った以来ですな


で、たどり着いたのは山陽道の福山SA


ココが今夜のお宿デス


後ろめたさを感じる21時50分の尾道ラーメン
DSC004089 (1)


で、3日の移動日は終了~


そして、つづく


白馬徘徊

27日(日曜日)のコト



この日から連休のはじまり


天気予報では連休前半でマークなのはこの日だけ・・


バイク乗っとかないと


で、朝イチからレイド君のオイル交換デス
DSC003980 (1)


そしてボスさんは留守番デス・・



行き先は白馬村あたり



この日もやっぱり空気は霞んでて、見通しはイマイチ


それでもウッスラ観える立山連峰を横目に北陸道をびゅ~んと北上する


糸魚川からR148で白馬村へ


途中、国道をソレて寄り道したのは、桜を背負った大仏さんに会うため
DSC003983 (1)


大仏さん・・無精ヒゲが・・・


この辺りの桜はもう散り始めてた


この旧道、もしかして通れるのかと思ったケド、峠を越えたトコでガッツリ通行止めになってた


道路には問題無さそうなんですけどねぇ


白馬の街に入って向かったのは、四十九院のコブシ
DSC003998 (1)


タイミングが早かったのか、イマイチな咲き具合


ちょっとガッカリしつつ、県道33&31号の快走路を南下して、昼ゴハン
DSC004003 (1)


去年も来たカフェですね


予想外にお店が混んでて、『少し時間かかりますが・・・』と言われたけど、


急ぐコトもないので、ゆっくり待ちます


ボケ~ッと外の景色を眺めてると、遠くの丘の上をキツネらしきケモノがトコトコ歩いてたり


犬連れで散策する人達が通ったり


テラス席にいたワンコのモフモフ具合に癒やされたり
DSC004005 (1)


で、1時間近く待ったかな・・


食べたのも去年と同じ鹿カレー
DSC004009 (1)


ゴハンにのってる骨付き肉は、『お待たせしたので・・』と、お店のサービスです


美味しく優雅な?ランチの後は、も少し南下して鷹狩山へ


駐車場にバイクとめて、テッペンへ


普通に道路を歩いて行けるけど、味わいのある階段があるのでソチラを登る
DSC004011 (1)


わかってはいたけど、霞と逆光で見通し悪し
DSC004012 (1)


それでもイイ景色には変わりなく、しばらく堪能


山を下りて、大町の桜スポットな大町観光道路へ
DSC004022 (1)


少し戻って木崎湖へ向かう


途中、おサルと遭遇
DSC004025 (1)


木崎湖の湖畔から林道へ侵入します
DSC004028 (1)


クネクネ道を楽しく登って行きますが、所々アスファルト上にウッスラと土が覆っててコワイ


一度、ズリッとなると、ビビリミッターが作動して超スローペースに・・


無事、展望スポットに到着~
DSC004037 (1)


さすがパラグライダーのテイクオフポイント、股間がキューッとなるイイ景色でした


林道をさらに進んで、たどり着いたのは鹿島槍スキー場
DSC004041 (1)


ウッスラと鹿島槍ヶ岳が拝めました


下山して湖畔を快走して、アノ桜をパチリ
DSC004042 (1)


白馬の街に戻ったトコロで16時頃


帰路につく時間でもあるけど、ココまで来たら、やはりアソコへ行かねば・・


鬼無里地区のおやきのお店デス
DSC004044 (1)


オマケで1個もらえるので、店内でユックリいただく


暖かいソバ茶がウマイ・・


軽くお腹も満たされて、ソロソロ帰らねば・・


と、思いつつも、陽が長くなった今日このごろ・・


誘惑?に負けて、戸隠方面へ走る


夕陽があたった戸隠の山がキレイに見えると思ってたのに、向きが違ってた
DSC004048 (1)


鏡池にも立ち寄り
DSC004050 (1)


GW中のメジャーなツーリングルートなのに、バイク走ってない・・


遅い時間だからか?


クルマもいないし・・貸し切りルートでした


R18にでてレイドにガソリン入れてから晩ゴハン
DSC004059 (1)


ツーリングマップルに出てたお店


オススメの、みそラーメンとぎょうざ
DSC004057 (1)


にんにくガッツリで少しピリ辛だけど、玉ねぎタップリで甘みのある不思議なラーメンでした


身体ポカポカになって、後は帰るだけ


中郷インターから高速乗って無事帰宅


おやきの良いニオイにボスさん、テンション
DSC004065 (1)


時間的に毎度おなじみなルートになってしまいますねぇ


ソレはソレで楽しかったりするのでイイけど・・


もっとワキ道寄り道したいトコですな
プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
犬図鑑
猫図鑑
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター