2014年07月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

青海

21日(月曜日)海の日のコト



チョット前の予報ではイマイチな天気のハズだった海の日


でも、週末に突入した時点ではマズマズな予報に変わってた


で、チャンスを逃すこと無くバイクで出動デス


北陸道を東へ


走り慣れたリエゾン区間を移動


レイド君の休憩のため、SAへ
DSC004933 (1)


この日はバイク多め


BMWのサイドカーがシブい


いつもなら糸魚川インターで下りるケド、この日はひとつ手前の親不知インターで下りる


まずはインター近くの道の駅で朝ゴハンを食べていくコトに


と、ココにもサイドカーが
DSC004934 (1)


珍しい組み合わせ


朝ゴハンは『えびラーメン』
DSC004935 (1)



甘エビ(南蛮エビ)が丸ごと入ってるのかと思ってたら、アタマだけ・・


なんか・・・ビミョーですな・・


甘エビ刺し身を造った残骸か・・・


エビのダシ感も薄いような・・


まあ、朝ゴハンにはちょうどイイあっさりラーメンだったかな


ラーメン食べたあと、海の日というコトなので、しばし海を眺める
DSC004937 (1)


強い日差しを浴びて、海亀ミリオンもアツアツ
DSC004938 (1)


高速道路の移動はタイクツな時間ですが、


この親不知の区間は道路がクネリながら海にせり出してて、チョット好きな場所


で、この親不知インターあたりを俯瞰するポイントを探して山の中へ侵入する


が、林道で迷う・・というか、行きたい道の分岐が見つからない・・


と、野良仕事?してるオジサンに呼び止められる


オジサンは『沢に沿って山に入る道を探してるの?』と


釣り人だと思ったのか?


で、希望を伝えると目当ての場所を教えてくれた


そこは、セメント工場みたいなトコの敷地に入っていく感じの分岐で、


教えてもらわなかったら、発見するのはムリだった


オジサンに感謝


ところどころコケ生えてたり、地面からしみだした水が流れたトコがヌルヌルになってる林道を登って行く


目当てのビュースポットが見つからないまま行き止まり的な場所にたどり着くと、不思議な風景が
DSC004946 (1)


けっこうな山の中、開けた所にある小さい岩山がフェンスで囲ってある


なんで?


キケンなトコ?


大事なモノ?


でも誰もいない山の中なので、フェンスなんて軽く越えられますけど・・


そんな謎なトコもありつつ、迷いながらたどり着いたビュースポット♪
DSC004950 (1)


イイあんばいにクネッてるわ


もうチョット先へいきたいケド、草ボーボーなのでやめといた


いったん、山を下りて、別の林道へ侵入~


このあたり、要所々々にガードマン?交通整理員?誘導係?みたいな人がイッパイ立ってて異様な風景


走ってもイイのかな?と不安になりつつ林道を進む


親不知なだけに、海岸からイッキに山になる地形で、急激に高度を上げる林道もナカナカのクネクネ~


峠付近はウッスラと雲の中
DSC004953 (1)


峠の分かれ道のカンバンに魅力的なワードが
DSC004954 (1)


『山姥の里』方面へ吸い込まれそうになるが、方向が逆だし、通行止めになってるしガマンする


峠を越えて山を下りると、デッカイ工場エリアに
DSC004955 (1)


夜、北陸道の親不知←→糸魚川間を走ってると現れる工場夜景にウヒョ~となる


そのウヒョ~な工場はセメント屋さんの『デンカ』青海工場
DSC004959 (1)


しばらく、アッチ行ったりコッチ行ったりウロウロしながらウヒョウヒョする


ピカピカなレトロなバス発見
DSC004962 (1)


イベント用かな?


さんざんデンカ青海工場周辺を徘徊したら、山ひとつ向こうにある、コレまたデンカの工場へ


デンカの工場は自前で火力発電所を持っており、その排熱と豊富な清流の水を使ってウナギの養殖をしてるらしい


ウナギの養殖といえば、静岡とか九州南部くらいしか知らなかったケド、糸魚川でコッソリ行われてたのですねぇ


で、土用の丑の日も近いコトもあり、ココでウナギの蒲焼(真空パック)を調達する計画


工場の守衛さんらしきオジサンに場所を尋ねると、まさかの衝撃事実が!



『今日は販売所はお休みなんですよね~、どちらから来たの?』


え~ッ、密かにツーリングの本命だったのに・・


ガックリしつつ、とりあえず、場所を教えてもらい偵察しといた
DSC004963 (1)


電化ウナギ・・ いつの日か必ずゲットしちゃる・・


再訪を誓いつつ、デンカの城下町を後にする


R148に入り、白馬方面へむかう


そして、つづく

プチ避暑

20日(日曜日)のコト その2




ボスさん、ひまわり村で体温上がったと思われるので、チョット涼しいトコへ


いつもの桂湖でボス散歩
DSC004891 (1)


もう夕方ってコトもあり涼しい


ふだんは人が少なく、けっこう自由に歩けるのに、この日はキャンプ場がいつになくニギヤカ


芝生の広場でさんざんニオイ嗅ぎまわったあと、水辺へ下りてみる
DSC004900 (1)


水が飲みたいのか、トコトコ下りてったけど、ビビってコレ以上近づけず・・


場所をかえて水分補給して、桟橋にのる
DSC004902 (1)


が、水深が深くなるとボスさん、フリーズする・・


もうちょいなのに・・


ボス、足先の白毛より深いトコはダメみたいですな


オヤツをチラつかせてなんとか前進
DSC004905 (1)


桟橋にのったのはイイけど、揺れるのでボス、腰砕け


先っぽまで行きたかったケド断念


で、今度は下りれず・・・
DSC004910 (1)


水面を見つめながらオロオロと・・


かすかにピーピー鼻ならして・・


さんざん右往左往したあげく、フツーに下りた
DSC004911 (1)


できるやんっ  もったいぶって・・


芝生の上でボート乾燥中?
DSC004913 (1)


缶コーヒー買って、芝生でくつろぐ
DSC004916 (1)


狛山犬
DSC004919 (1)


キャンプ場横のせせらぎで水分補給して桂湖ボス散歩終了
DSC004922 (1)


バイクでキャンプの人達もいてウラヤマシイ


帰り道、湧き水を汲んでいく


道の駅に寄ってみたら、魅力的なメニューを発見し、晩ゴハン食べていくことに
DSC004929 (1)


イワナのにぎり&蕎麦は前にも食べた


本命は天然ヤマメの塩焼き~
DSC004930 (1)


ヤマメ塩焼きはナカナカ珍しい気がする


想像してたのより、小さかったケド、丸ごと食べれて美味しかった

花よりダンゴ

20日(日曜日)のコト



オヤツ時くらいにボスとお出かけ


行ってきたのは、ひまわり村
DSC004868 (1)


暑いので、迷路を楽しむ余裕はありません
DSC004869 (1)


展望台まで最短距離ルートを進みます


オシリに花粉を付けてハチが働いてます
DSC004870 (1)


ちょっと前に、庭木の手入れしてた時、アシナガバチにプスプスプスと刺されてるのでチョットびびりつつパチリ


展望台から
DSC004874 (1)


あたり前ですが、一面ヒマワリです


もっと大きな花を想像してた・・・


ボスは半分タマシイ抜けてますな・・
DSC004877 (1)


人は多くは無かったけど、次々やってきて、狭い展望台は長居できない感じ


で、さっさと退散する・・


はずが・・ボスさん階段を下りれずオロオロする・・


登りはスタコラいったのに・・


ハーネスで持ち上げて強制退去~


ひまわり畑を脱出したら、本命のソフトクリーム屋さんへ
DSC004883 (1)


ジュンコママさんがソフトクリームおねいさんをしてるとのコト・・


が、アリ?いない?ガッカリ・・


かわりに?なぜか店の横にカメいたので軽く観察しとく・・


せっかくなんで、ソフトクリームは食べていく
DSC004885 (1)


ソフトクリーム食べたいボスは、一生懸命オリコウさんを演じてる・・


モタモタしてたら、アッという間に溶けてくる


急いで上部のクリームを食べきり、コーンから下はボスさんに



ひまわり村をあとにして、途中、ハス畑を偵察しつつ、いったん帰宅


まだ、日没までは時間あるので、涼しいであろう山間部へドライブ~


で、つづく

ハッポウハイク

12日(土曜日)のコト その2




黒菱駐車場にバイクをとめて準備する


モタモタしてたら、林道で追い越してきたチャリダーが登り切ってやってきた


マジの人は速いなぁ、スゴイなぁ


で、チャリンコをとめて、カフェテリアででもユッタリするのかな~と思ってたら、


スタスタと登山道を登っていった・・


いや~ビックリ、ビックリ  超人か・・


ヘタレな自分には理解できないレベルですな・・


と、深くおののきつつ、似非ハイカーはリフトに揺られながら八方池を目指すのでした


1つめのリフトの終点、黒菱平からのお山
DSC004813 (1)


下界の景色もイイ感じ
DSC004815 (1)


2つめのリフトを降りると、八方池山荘
DSC004816 (1)


山荘のまわりは、そこそこなニギワイが


ドコへ行ってもオバちゃんの集団はニギヤカで・・


石ゴロゴロの道もあるけど、シッカリ整備された木道率高い
DSC004819 (1)


お手軽コースだけど、へぇへぇ登る・・


雪が残ってるトコもあり、ひさしぶりのザクザクは涼しさイッパイ
DSC004820 (1)


第2ケルンがみえてきた
DSC004823 (1)


も少し登ると現れた八方ケルン
DSC004824 (1)


コレはやっぱり、『顔』なんでしょうかねぇ?


八方池の上にたどり着くと、小さいお地蔵さんに遭遇
DSC004828 (1)


ずっとココに設置されてるんだろーか?


吹雪でふっ飛ばされたり、雪と一緒に転げ落ちたりしないんかな?


八方池を上から眺める
DSC004830 (1)


想像してたのより小さいな・・


八方池より先は本格的な登山道になるらしい
DSC004833 (1)


池の畔におりてみる
DSC004835 (1)


ウッドデッキみたいなトコに座って、景色眺めてるとサイコー


風が止んで水面がツルンとなるの待ってみたけど、ぜんぜん風止まず・・


そのうち眠くなってくるし・・


ウッドデッキの上で昼寝したいトコだけど、ドンドコ人がやって来るのでムリ


池の反対側へ行くと、危なっかしく立ってるちっさな祠が飯森神社の奥社らしい
DSC004842 (1)


池をグルっと回って、名残惜しいケド、下山します
DSC004851 (1)


お気楽な木道だと思って、余裕こいて下界の景色なんぞを眺めながら歩いてると、ヨロっとよろけてビビリます


念のため花もパチリ
DSC004852 (1)


登りはリフトを2つ乗り継いだけど、下りは登山道を歩いて下る


チケット代をケチッタわけではありません・・


上のリフトの分の登山道は、ちょっと草ボーボーだけど、石畳的な普通?の道


しかし、もうゴールが近くにみえる下のリフトのぶんの道はコンクリート製の超急勾配なストレート
DSC004855 (1)

途中からジャリ道になってるけど、この直線が地獄・・


あんまり急勾配なので、後ろ向きで下りました


素直にリフトで下りるのが正解ですな・・誰も歩いてないし・・


と、ほのかに膝にダメージをウケた予感で、八方池ハイキング終了~


少し、白馬の街を徘徊して、帰り道のスキー場をつなぐ山道を走って家路につきました


有磯海サービスエリアで軽い晩ゴハン
DSC004861 (1)


『富山ゴールドラーメン』だって・・


チカゴロいろんな色のメニューがありますねぇ


普通に美味しかったケド、何味なのかわからず・・


いつの間に名物に?なバイ貝ぎっしり弁当は期待してたけど・・・
DSC004866 (1)


軽い塩漬け

12日(土曜日)のコト



この日は貴重なイイ天気の日


やりたいコトはイロイロあるけど・・・


暑いので、ボスと遊びに行くのはナシ


で、バイクで出動する


暑い季節のツーリングはやっぱり少しでも涼しいトコロへ行きたいですね


涼しいトコロ=標高の高いトコロ


金沢から射程圏内のエリアはいくつかあるけど、チカゴロなにかと気になる白馬方面へ行くことに


北陸道にのってレイドにムチ打ちビュ~ンと北上~


有磯海SAで休憩
DSC004785 (1)


走行中は何台かバイクいたケド、SAにはバイク少ない


糸魚川インターで高速を降り、R148で白馬方面へ


国道はいつもの様にソコソコ交通量があって、タイクツな時間になることも


道の駅小谷を過ぎたあたりから、国道をハズレて、山の中へ


地図を持たずに来てるので、ちょっとルートに自信がなくなって案内図をチェックしてみる
DSC004786 (1)


が、目指す目的地がでてるわけでもなく、あまり参考にならなかったケド、


また訪れたくなる情報がチラリと


少し進むと、案内図に出てた諏訪社がある
DSC004787 (1)


なんか趣きのある雰囲気


境内に入ってみるのもイイかと思ったけど、今回はパス


そのうち、『塩の道』巡りでもしてみたいですな


さらに進むと、ルートがわかりやすい案内図に出くわす
DSC004790 (1)


目的地もシッカリでてる


目指してるのは『稗田山崩れ』の現場デス


100年以上前に起きた山崩れ・・


日本三大崩れのひとつらしい



道なりに走ると、でかいアンテナのあるプチ公園的なトコで行き止まりに・・
DSC004791 (1)


とりあえず、休憩しつつ先を眺める
DSC004792 (1)


む~ん、堰堤ばっかりの川・・・


強い日差しに緑が濃いッ


よくみると、川沿いに道がついてる・・もしかして?


少し戻ってみると~
DSC004793 (1)


ダートへいざなうステンシルな標示があるではないですか


迷わずダートへ侵入~
DSC004794 (1)


こういう道は好き


が、川沿いにでると、普通の作業用ジャリ道になった・・


ジャリジャリと走ってると、ほどなく舗装路にでた


軽く迷いつつ、舗装林道をクネクネ登って行くと、目的地に到着~
DSC004796 (1)


『稗田山崩れ』のビュースポットの金谷橋デス


工事用カンバンに混じって、パンフレット的なものが貼られてます
DSC004797 (1)


橋がサビサビなのが気になりますが、この先は一般人が通らないのでイイのでしょう


100年以上前の崩落現場なのに、なんかナマナマしいですな
DSC004798 (1)


チョイチョイ崩れてるっぽいです


ちょっとコワイですね~


林道の帰り道、河原へ下りてみる
DSC004800 (1)


が、コレは河原?


この川、100年前からず~っと工事してるんでしょうね


そして、この先もず~っと・・・


碑のある場所で
DSC004802 (1)


ビックリしたのは、犠牲者の方の名前を彫った慰霊碑
DSC004803 (1)



23名中22名が同じ苗字!


そんなコトにオドロキつつ、クネクネな道をゆく


山の斜面にへばりつくような集落内を走ってるとワンコ発見
DSC004804 (1)


なんとも、正しく日本的なお犬の姿


そして、写真撮ってたら、正しいお犬らしく、不審者にワンワン吠える・・


R148に戻り、白馬へ向かう


途中、小谷村の名産館で昼ゴハン
DSC004808 (1)


ざるそばと天ぷら~


地元のオバちゃん達が切り盛りしてるような、素朴なお店ですが、ソバは美味しかったデス


天ぷらは、素材が謎・・判明したのはカボチャだけ、あとはなんだかわからず・・


猫ちぐら売ってた
DSC004805 (1)


有名な関川のモノとは違う感じですね


木彫のキノコも魅力的
DSC004806 (1)


店の横で乾燥中のナニか
DSC004809 (1)


お腹を満たして走りだすと、スグに白馬にたどり着く


街へは入らずに、去年も走った黒菱林道
DSC004811 (1)


細いクネリ道はやっぱりレイドのほうが気楽でイイなぁ


9kmホドの景色のイイ舗装林道を登り切ると、リフト乗り場


ココでレイド君とはしばしの別れです


そして、つづく

嗜好

29日(日曜日)のコト




ボスさん、修行の地にやって来ました
DSC004698 (1)


おなじみのドッグレスキューのバザーです


天気がアヤシイせいか会場がコンパクトになってます


いろんなワンコと軽くふれあいつつ、グルグルと品定めする


ボスが少し疲れたのか、ほんのりとストライキを始めたので、会場の片隅で休憩する


と、ソコに現れたキュートな黒ラブちゃん
DSC004700 (1)


リードを持ってるのは、ガタイのイイお兄サン・・・


はっ!この組み合わせはっ!


ワンコの背中に名前入ってるし


アリルク家と遭遇デス


ルーク王子が気になるボス
DSC004705 (1)


アリルク家のお友達の黒ラブちゃんに念入りに鑑定されるボス
DSC004699 (1)


ナカナカ積極的なお嬢さん


鑑定結果はいかがでしょーか?


ヘタレがバレた?


ボスさんの反応はあいかわらず薄い・・・


ボス的には黒ラブ女子達より、優しい♂のほうがお好みのよう・・
DSC004706 (1)


と、見せかけて、やっぱりゴルが好き?
DSC004703 (1)


会場に来てたバニ飼いの方としばらく話してたら、ボスの帰りたいアピールが激しくなってくる


ボスの限界も近くなってきたので、チェックしてた商品を買って会場をあとにする


いったん家に帰ってマッタリ過ごして


夕方、サンポのかわりに砂浜へ行く
DSC004712 (1)


広い場所が好きではないボスさん
DSC004717 (1)


とりあえず、波打ち際までついてきたケド、海をじぃ~っと見つめた後、そそくさと1人でクルマへ戻ってしまう・・


ゴールデンのリブだったら、走り回ったり、海に入ったり、穴掘ったり、テンションだったのに・・


砂浜にきて穴を掘らないなんて・・・


クリープを入れないコーヒーみたいなもの・・


なんか違うか・・


リブの掘った穴は『このまま放置したらマズイな・・』ってくらいミゴトなモノだったのになぁ


ベタベタの砂砂になった笑顔が懐かしい・・
画像005 (1)


クルマのまわりでウロウロしてるボスをオヤツで釣って土手の上へ
DSC004724 (1)


ココなら、草むらで見渡しがきかず、海もクルマも見えないので、素直に歩くボス


しばらく歩くと、いそいそと草むらの中へ入っていくヤツ
DSC004727 (1)


海辺のサラダバーですね・・


制止もきかず、モクモクと草を食べ・・


予想通りのげろりんちょ・・


スッキリしたボスさん
DSC004729 (1)


真っ直ぐな土手の上の道をけっこう歩いたので、そろそろ戻る


帰り道は、ボスさんクルマへまっしぐらなので、リード装着


波打ち際をテクテク戻ります
DSC004731 (1)


やはり、海を見つめる姿に緊張感がでてますな・・


砂浜をあとにして帰路につくけど、まだ明るいので、近くの公園を追加で徘徊する
DSC004739 (1)


疲れたのか、風通しのイイ桟橋?でマッタリするボス


しばらく動かず・・・


公園の散策路脇でいくつかみられた卵の殻が散乱してる現場・・
DSC004736 (1)


たぶんカメの卵ですな


孵ったのか?カラスにでも荒らされたのか?


知らなかったケド、謎の事業が進行中のようです
DSC004740 (1)


たっぷり歩いたので帰宅


バザーで買ったモノ
DSC004742 (1)


少なっ!


カップばっかりだし・・

空いてる

22日(日曜日)のコト



この日はボスさんを連れて動物病院へ
DSC004677 (1)


夕方近くに行ったら、病院は思いのほか空いてた


で、いつもなら外で長い順番を待ってるのだけど、せっかくなので中で待つ


しばらくはオトナシクしてたのに、奥の方から小型犬らしい悲鳴?が聞こえてきてから、落ち着きを無くすボス・・


オロオロして挙動不審・・


座ってる飼い主に飛びつき連発してコマッタちゃんに・・・


ちょっと恥ずかしいので、外へ出ようと思ったトコロで診察室へ呼ばれた


今回は血液検査だけ


春のワクチンの時に行った血液検査で、肝臓の数値が正常値から外れてた


で、2週間分の薬を飲ませて検査したら、数値は改善されてて、ひと安心


さらに2週間投薬後、2週間の間をおいてからの、この日の検査


結果はバッチリ


ヨカッタヨカッタ


『心配するほどではない』と言われても、正常値からどんどん外れていったら心配ですよねぇ


この飼い主の杞憂のせいで、オヤツのジャーキー&アキレスが永久追放になったのは、ボスにとっては悲劇か・・


病院を出てから、時間あったので、ドライブする


のと里山海道のPAにできたドッグランへまだ行ったコト無かったので、偵察に
DSC004678 (1)


ランの入り口にいきなり登場したスバラシイ設備


しかし、都合よくポールで用を足してはくれないですな


先客に『わさお』風のワンコがいたケド、ボスと入れ替わりで出て行ってザンネン・・
DSC004679 (1)


そのかわり、柴ちゃんに追いかけてもらう
DSC004680 (2)


このリードフックはイイですな
DSC004682 (1)


ランの偵察を終えて、スグ横の砂浜へ下りてみる
DSC004685 (1)


あいにくの空模様


道路が近いのでノーリードにはできないケド、しばらく砂浜サンポする


大きなイカの甲
DSC004686 (1)


子供の頃、拾ってインコにあげてたなー


なんていう貝なのか?卵くらいの大きさのがイッパイ打ち上げられてた
DSC004687 (1)


20分ほど砂浜サンポしてPA をあとにする
DSC004688 (1)


湧き水を汲んでから帰宅~
DSC004690 (1)


帰宅すると、ハナミズキの枝をカジリまくってるカミキリムシ夫婦?を発見!
DSC004691 (1)


む~ん、同じヤツかわからんケド、何度追い払ってもやってきますな


葉っぱをカジルくらいならいいんやけど・・樹を枯らすのは困りモノ・・


今度会ったら・・抹殺するしかないか・・・

デザート

6月のコト




今年、わが家の鉢植えのジューンベリーは豊作だった
DSC004586 (1)


といっても、収穫して食べるわけではない・・


実がなって、そのまま放置しておくと、これぞ食べごろッて時に、野鳥がやってきてキレイに食べていく


食べてる現場を見てないので、正体はわからないけど、たぶんムクドリ


ジューンベリーを完食されたコロ、他の鉢植えに紛れて、桑の実がコッソリ色づいてたので、


次のメニューとして、玄関先に出しといた
DSC004672 (1)


桑の実はちょびっとしか実ってないので、スグに品切れに・・


物足りなかったかもしれませんね~


しかし、ご安心ください・・


も少し先ですが、次のメニューはガッツリ食べていただける、ビワでございます
DSC004673 (1)


ビワが終わったら、次は年々ショボイ実りになってる、ブルーベリーとブラックベリーかな


今年は謎のフルーツ、ポポーとフェイジョアが花をつけたので楽しみですが、コレは家主が食べたいのでダメです
DSC004406 (1)


しなびたフェイジョアの花
DSC004670 (1)



それと夏の間に実るであろうイチジクも収穫して食べるので、暑い時期は野鳥様メニューは品薄ですな



今はまだ小さく緑色ですが、秋のメニューにはアケビがありますので、どうぞ♪
DSC004671 (1)



と、いう感じで、デザートを取り揃えてるので、


野鳥のみなさん、わが家の庭の害虫なんかも食べていってください


プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター