2015年03月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

春近し

15日(日曜日)のコト




間違いなく晴れの日曜日


気温が高くなりそうなのが気になるけど、雪山へボス散歩しに行きました


場所は、お手軽さ抜群の医王山デス


駐車スペースは満タンではなかったケド、次々と登るヒトがやって来る感じ


太陽が眩しいスタート
DSC008181 (1)


林道を登ってる途中、誰かがゴボッた穴が深くて底なし~
DSC008187 (1)


ボスさん、なぜかスキーの跡を歩くのがお好みのようす
DSC008194 (1)


林道歩きも順調に、西尾平の小屋に到着
DSC008195 (1)


まだ雪はタップリありますね~


ここから、林道をそのまま進むか、登山道へ入るか迷ったけど、


今回は、白兀山の先へ行ってみたいので、時間と体力を節約スルため林道を歩くことに


ロールケーキがごろごろ落ちてる
DSC008204 (1)


やっぱ青空だとテンション上がるわ♪
DSC008205 (1)


急登で飼い主が遅いのでボスは右へ左へとウロウロ
DSC008211 (1)


白兀山の手前のピークでボスさん軽くストライキ起こしたけど、


下山してきた犬好きなカタとしばらく喋ってたらボスの機嫌も復活


ナカナカ順調に白兀山のてっぺん到着~
DSC008225 (1)


風が少し強かった
DSC008227 (1)


ちょっと霞んでるけど見晴らしは良好~


劔岳、立山方面もなんとか観える
DSC008229 (1)


平野部の積雪が山沿いから海側にむかってグラデーションになってた


しばらく白兀山からの景色を堪能したら先へ進みます
DSC008233 (1)


ちょっとだけ樹氷が残ってた
DSC008235 (1)


ボスさんが端っこへは行きませんように、と祈りつつ
DSC008240 (1)


途中、雪庇がひび割れてるトコロでビビリながら・・
DSC008242 (1)


やはり、みなさんツンツンしたくなるようですな・・


段々になってる斜面を登る
DSC008244 (1)


そして、医王山(たぶん・・)のてっぺん到着~
DSC008246 (1)


細くてあまり広くないてっぺんデスネ


お昼寝してるヒトいます


さらに先をのぞいてみる
DSC008249 (1)


スキー場の最上部がみえます


この先の、奥医王への道は自分には少し険しそうですな


トレースみえたので向かったヒトがいるようでした


少し戻って、昼寝のジャマにならないように昼ゴハン
DSC008255 (1)


ほどなく昼寝してたヒト起きた・・


ガサゴソうるさかったかな・・


なんて思ってたら、写真撮って欲しいと言われた


オジャマではなかったようで、なにより・・


それと、犬も嫌いじゃないようでヨカッタ


40分ホド、てっぺんでのんびりしてから下山デス
DSC008264 (1)


雪庇に近いとこでくつろいでるケド、ダイジョウブなのかな・・
DSC008269 (1)


トロけて流れそうな生クリームみたいな雪庇
DSC008271 (1)


白兀山の手前のピークからは登ってきた道を戻らずに、東側の尾根を下っていきます
DSC008279 (1)


スキーの跡やスノーシューの跡が少しあります


しばらく下ると、誰も通って無いようでまっさらな雪面に


方向が正しいのかちょっとドキドキしながらザクザク進むと、雪に埋まった屋根がみえてホッとする
DSC008288 (1)


だーれもいないようなので、ボスさんを自由の身にすると、好物の小屋にむかってダ~ッシュ


のぞき小屋覗の避難小屋を覗くボス
DSC008290 (1)


小屋周辺をしばらくウロついてから、しがらくび方向へ戻ります
DSC008291 (1)


しがらくびからは、登ってきた林道へ出たけど、コレが失敗


雪が緩んでズボズボのゴボリまくり


下りなのに非常に疲れた・・


途中のカーブミラーに映った自分とにらめっこするボスさん
DSC008306 (1)


しばらくシッポをユラユラさせて見つめ合ってたけど、『ウォンッ!』と唸りながら逃げてきた・・


西尾平からは、カンジキつけて登山道を歩いて下山


鉄塔の股間を真下から
DSC008313 (1)


ボスの大好きなあづまやは寄れないルート
DSC008317 (1)


キャンプ場?あたりでは空は雲イッパイ
DSC008318 (1)


最後、ボスに引きずられてヤバイことになりそうだったケド、無事に下山
DSC008322 (1)


もう、3時をまわってたので、駐車スペースはガラガラになってた


帰宅後、ボスさんの白靴下が黒いっす・・
DSC008326 (1)


雪の中を歩いてても汚れるんですよね


雪のシーズンも終わりに近く、雪も少しキタナイのですねー


大気中の汚染物質ですな・・・


某国からの飛来物か・・・


と、いうコトでボスさん、オツカレのところ申し訳ないけどシャンプーしました
DSC008327 (1)


ボスさん、グッタリ・・飼い主も疲れて腰も痛くなってグッタリ・・・


それでも、イイ天気でサイコーの景色の医王山雪山ボス散歩だったので満足デス

YDK

14日(土曜日)のコト



能登へプチ里帰りの日


手土産にロールケーキを仕入れたあと、自分のお土産?に大根寿しとカクテキを買う


この大根寿しの店の看板リクガメ・・
DSC008156 (1)


なぜリクガメがいるのだろう?


急ぐ旅ではないので、一般道で能登へ


中間地点で寄り道する


ここでしか売ってない?個人的には超激ウマでお気に入りの『もみいか糀漬』をゲットする


飼い主の欲望も満たされたので、次はボスさんのために・・


ドッグランで息抜きデス
DSC008159 (1)


ま、ドッグランはボスにとって息抜きの場では無いですけどね


しかし、飼い主の謀略もむなしく、大きなワンコは1頭だけ・・


それも仕切られた隣りのランに・・


で、しばらく地味にラン内を歩きまわる


ランに来た意味ナシ・・


でもせっかくなので、少しアジってみる
DSC008161 (1)


おお、ビビリのボスさん、こーゆー人工的で立体的なのはダメかと思ってたけど、のれるねぇ


コレは予想外ですな
DSC008162 (1)


もしかして、やればできる子なのか~
DSC008163 (1)


ま、オヤツのチカラは必要ですけどね


それに集中力が続かないのは予想通り


なんてコトしてたら、隣で遊んでたハスキーちゃんがコッチへ来てくれた
DSC008164 (2)


まだ、2歳になってない若くて美しいハスキーちゃんです


せっかく来てくれたのに、ボスはいつものように逃げるだけ


あいかわらず相手が女の子でもゴールデンじゃないとダメなのね・・


そんなだから、そのうちハスキーちゃんに相手にされなくなる・・


それでも、気になるようで、離れたトコから三毛犬の様子をうかがってる
DSC008167 (1)


しばらく飼い主さんとランランしてたハスキーちゃんも帰ってしまい、再びランは貸し切りに
DSC008172 (1)


大型犬来ないかなぁとしばらく粘ったものの、あきらめてランをあとにする


里帰りを済ませて金沢に帰宅
DSC008175 (1)


実家に帰った時はいつも買ってくる地元産の干物


今回は初遭遇のブリカマの干物におどろく


美味しかったケド、ブリカマって干物にするのか・・


不可避



ふだんマンガを買うコトなんてほとんど無い


キライなワケではなく、どちらかというと好物ですけど・・


支出の優先順位が下位なので、順番が回ってくる前に財源が枯渇する


しかし、コレは買わずにはいられないですな
DSC008067 (1)


おそらくバニ飼いはみんな買っているハズ?


そして、バニ飼いは『あるある~』と、うなずきながら読んでいるハズ・・



もうひとつ


石川県民にはお馴染みの『まつやのとり野菜みそ』


ドコのスーパーでも売っていて、たしかに美味しいモノ


少し前にも新幹線がらみでTVで紹介され、話題になってた


ドコでも売ってるので、鍋みそ=まつやのとり野菜みそ という一択だと思ってた


が、うみゃいモノばっか食べてる?某ワン飼いさんの情報によると、『まつや』よりウマイ鍋みそがあるらしい


それはぜひゲットしなければなりません


グーグル先生に尋ねてみると、金沢で売ってるのは1か所だけみたい


なぜか酒屋さん


狭~い道に少しアセりつつも、みやした酒店さんで『とり鍋みそ』を無事ゲット
DSC008149 (1)


箱入りってトコロに、ちょっとプレミアム感が?


たしかに、ウマイ


ラーメンで食べてもウマそー


もっと手広く売りだしてもイイのでは~と思うけど、入手困難なプレミアム品であるのもイイのかもしれない・・


で、この鍋みそを買った、みやした酒店さん、なぜかいろんなモノ売ってる


その中で、見たコトあるお店の名前がついた商品を発見し、思わず買ってしまう
DSC008152 (1)


イタリアの伝統的なケーキらしい
DSC008153 (1)


天国のケーキ・・・スゴイ名前デスネ


ウマウマ♪ あやうくイッキに1本食べそうになった・・


イカン、イカン違う意味で天国に近づいてしまう・・・


いずこに?

8日(日曜日)のコト



この週末、予報ではイイ天気になるハズだった


が、土曜日は少し雨降ったりしてイマヒトツの天気


日曜日はちゃんと晴れてくれるんでしょーねぇ・・とか思いつつボスとお山へ行くコトに


朝は完璧に曇り空・・・


午後になったら晴れるハズ・・と、期待して目的地へ


ターゲットは、k-ecoさんに教えてもらった八乙女山デス


8人の乙女に会える?


目的地に近づくと霧雨になる・・・


目指すお山は雲がかかってまっ白け


しばし近くの道の駅で時間つぶして天気の回復を待つ


で、霧雨が止んだトコロで八乙女山ボス散歩スタート
DSC008068 (1)


なんか、雪少ない・・


閉鎖されたスキー場の緩いゲレンデを登ると硬くなった雪がソコソコ残ってる
DSC008071 (1)


散居村の砺波平野は霞んでる


スタートして少ししか歩いてないのに、道に迷う・・・
DSC008074 (1)


ゲレンデについてた踏み跡をテキトウにたどってたら、林の中に迷い込む


さらにテキトウに歩いてたら登山道に復帰できたけど


で、ほどなく6合目のお知らせが
DSC008082 (1)


樹の根元の雪がポッカリあいてて春近しな雰囲気
DSC008084 (1)


そして、まず咲くマンサクもチラリと
DSC008088 (1)


7合目に到着~
DSC008092 (1)


ベンチがあったので、ユックリ休憩してく


少し急な登りもありつつ8合目
DSC008095 (1)


途中、下山するヒトと会う


リード繋いでたけど、ボスを先行させてたので、驚かせてしまったかもしれない


なんて反省しつつ9合目に
DSC008096 (1)


九合目でなんとなく登り切った感じになってルートは緩やかになった


晴れてたらイイ景色なんだろうなぁ~と思いながら歩く
DSC008097 (1)


谷を流れる庄川
DSC008104 (1)


利賀村へつながる新しい道路の橋の建設現場がみえる


しばらく歩いてたどり着いた広いトコロは八乙女峠
DSC008106 (1)


ココからの砺波平野も霞んでてガッカリ
DSC008107 (1)


あづまやフリークのボスさんは、雪にこんもり埋もれたあづまやも見逃しません・・
DSC008108 (1)


てっぺんも近い雰囲気の中、さらにザクザク登って行く
DSC008113 (1)


展望は無いけど、稜線を歩くのは気分イイですネ
DSC008114 (1)


そろそろかな?と思いつつも、なかなかてっぺんにたどり着かない・・
DSC008115 (1)


8人の乙女はドコ?


軽くアップダウンしながら進んでいくと・・・


アリ?コリはてっぺんより先にあるハズの風神堂では!
DSC008117 (1)


む~ん、いつのまにか八乙女山のてっぺんをスルーしたようですな


ウワサ通り、風穴のまわりには雪が無いです


近くの鳥居はカナリ埋まってる
DSC008118 (1)


てっぺんスルーしたので、ココでささやかな昼ゴハンにする
DSC008123 (1)


近くには謎の鶏塚が
DSC008126 (1)


鳥がイッパイ埋まってるんじゃないやろな・・


見逃したてっぺんを探しつつ下山する


登ってきたのと違う踏み跡が杉林の中に続いてたのでたどってみると~


八乙女山てっぺん発見!!
DSC008131 (1)


地味すぎる・・


で、杉林なので展望はナシ・・


そうか、そうなのか、と納得?して下山を続ける・・


雪原をザクザクしていくと、高圧線が近い
DSC008136 (1)


落し物のメガネがぶら下がってた
DSC008138 (1)


登るときは気が付かなかった・・脳ミソに酸素が足りなかったのか・・・


サクサク下山して、最初のルート間違えたトコもちゃんと登山道をたどると初対面の5合目が
DSC008140 (1)


ケッキョク晴れること無くゴール到着
DSC008142 (1)


まだ、新しそうな圧雪車とパチリ
DSC008143 (1)


ココも閉鎖されてるのに圧雪してるんかな?


ザンネンな天気と雪質だったけど、八乙女山のルートは楽しく歩けるトコでした


乙女には会えませんでしたが、ふだん見れないアングルからの庄川とか、不思議な風穴もあるし


もっと良い条件の日にまたチャレンジしたいですな~

大海の一滴


ほのかに春を感じる今日このごろ・・


そろそろバイクを冬眠から目覚めさせないといけませんねぇ・・


まずはオイル交換しないとね


と、思ってるアナタに耳ヨリな情報を・・


もちゅ~るさんがバイク屋さんと結託してタイアップしてキャンペーンをやってますよー
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 



イッパイ距離を走る方は、楽しめるんじゃないでしょーか


上位を狙えなくても、参加賞もあるようです


最寄りのもちゅ~るオイル取扱店(バイク屋さん)へ


まぁ、ココみてるバイク乗りの方は超ウルトラ極わずかだとは思いますが・・


オマケに北陸限定だし・・


しかし、『千里の道も一歩から』というコトで?ささやくように流布しときます


そーゆー自分はセルフサービスなので参加しませんけどね・・・


タイミング

28日(土曜日)のコト



シーズン初めに雪が積もっただけで、そのあとぜんぜん雪積もらなかったボス地方


2月も終わりで、もう冬も終わり?な感じ


雪のあるウチに雪山サンポを満喫しとかないと


と、いうコトで、雪の本場、利賀村へ
DSC007811 (1)


さすが利賀村デス♪


雪タップリ~


雪質サイコーなスノーバレー利賀で雪山サンポ


準備して、ボスをクルマからおろすと、テンションで、走り回るボス
DSC007815 (1)


こんなトコではしゃいでると、後で電池切れになるぞ・・


ゴキゲンのボスですが、前方に先客のスノボな方がいるので、リード装着される
DSC007817 (1)


ボーダーさん達は、スノーシュー装着に手間取ってるのか、なかなかスタートしないので、お先に歩き出す
DSC007819 (1)


休業中のスノーバレー利賀だけど、やはり圧雪されている


圧雪したばっかりなのか、足跡はついてなかった


去年のてっぺん到達は、違うルートで登ったけれど、今回はお気楽にメインゲレンデを登って行くコトに


前回のルートには踏み跡もついてないコトだし無理はしない・・・


後ろを歩かれるとプレッシャーを感じるので、ひとつ目の坂を登ったトコで休憩しつつボーダーさん達を先へ
DSC007825 (1)


付かず離れず、歩いてリフト1本分登り切る


ボーダーさん達はジックリ休憩に入ったようなので、追い越していく
DSC007841 (1)


ラッセルした跡はあるけど、まだ滑走した跡がついてないゲレンデ斜面がキレイです


この斜面の登りがキツそうなので、ゆっくり休憩してエネルギーも補給しとく
DSC007842 (1)


リフト乗り場の屋根がぶっ壊れてる・・
DSC007844 (1)


スキー、スノボはしないので、アレですが・・このスキー場はホントにこのまま閉鎖しちゃうですかねー


とてもモッタイナイですねー


新しい道路ができるまでの一時的な閉鎖とか?


まあ、わが家にとっては、こうやって遊べるので、イイんですけどね・・


圧雪もココまでで、スノーシューの跡をたどって登っていく
DSC007846 (1)


杉林に入ってスグ、スノボの一団が滑り降りてきた


とても楽しそーですねー


スノーシューの跡は、杉林からゲレンデへ出るモノと杉林を突き進むモノに分かれてた


ゲレンデは滑るヒトのお邪魔になりそうなので、杉林の中を進む


が、コレが失敗


急斜面を直登ぎみのスノーシューの跡をたどると、とってもしんどかった・・
DSC007850 (1)


いつもなら、疲れてストライキおこすボスさんは、なぜかやる気マンマンで上を目指す


カナリ時間をかけて登ったので、ゲレンデを登って来たボーダーさん達に追い越される
DSC007862 (1)


ボーダーさん達は、だいぶ後から再スタートしたハズなのに・・


オマケに杉林と格闘してる間に、空がスッカリ雲に覆われてる・・


樹氷地帯に到達~
DSC007878 (1)


青空でてないのがカナシイ


ほどなく、てっぺん到着
DSC007894 (1)


残念ながら、前回拝めた御嶽山はサッパリみえず・・


白木峰方面や、金剛堂山方面もまっ白け・・


別のボーダーさんが、息も切らさずサクサク登ってきて、ササッと滑り降りてった


ボーダーのみなさんにはボスが好評?で、写真撮ってくれた


てっぺんの気温と風はひと味違うので、樹氷もキレイ
DSC007899 (1)


雲が晴れるのを期待しつつ昼ゴハン
DSC007909 (1)


トムヤンクンヌードルが沁みる~


のんびりゴハン食べて、のんびり食後のコーヒー飲んでても雲は晴れず・・


あきらめて下山します
DSC007911 (1)


急斜面は誰も滑ってこないコトを祈りつつ、ボスを開放
DSC007942 (1)


めずらしく飼い主を置き去りにしないボスさん
DSC007955 (1)


難所を切り抜けて圧雪してあるトコに降りてきた
DSC007966 (1)


ら、青空がチラチラ出てきた・・


コレは・・てっぺんにいる時だけ雲ってるパターンですか・・・


ま、せっかくの陽射しなので、のんびりしていくコトに
DSC007972 (1)


ふだん、外で『ゴロスリ』をやらないボスさんなので、コレは『ヤラセ』です・・・


ボスはなんでゴロスリしないのか・・


バニの遺伝子にはゴロスリは刻まれてないのだろーか


やはり雪山は青空でてると気持ちいいですなー
DSC008012 (1)


ザクザクと下ってると、いきなりボスさんがウオン、ウオ~ンと雄叫びを


と、後ろから黄色いお声が・・


おばさ・・おねいさんの一団がおしゃべりしながら降りてきました


スキーでもスノボでもなく山登りのみなさんでした


金剛堂山とか登ってきたのかな?
DSC008020 (1)


軽くボスをかまってもらえてヨカッタ


あいかわらず愛想よくできないボスだったケド・・


スタートがいっしょだったボーダーさん達も降りてきた
DSC008025 (1)


時間かけて自分の脚で登って、一瞬で滑り降りてくる・・・カッコイイ


無事下山


登りには時間タップリかかったケド、前回に比べたらカナリ時間短縮できた


やはり、圧雪されたゲレンデからだとだいぶお手軽ですな


帰り道、そば祭り跡地に寄り道
DSC008036 (1)


下山後の青空がせつない・・


どうも、休日の青空率が低い今日このごろ・・


曇り男になってしまう・・・



いつものお店でトチ餅を買って帰ろうと思ったのに、無念の売り切れ


それでも、トチ餅モードから抜け切れず


アンコ無しバージョンとあんドーナツの組み合わせでガマンする
DSC008049 (1)


キタイ

22日(日曜日)のコト



予報では各地で春一番が吹くという日曜日


気温が上がるので、雪ではなく雨が降るっぽい


が、午前中はなんとか天気がもちそうというコトでボスとお出かけデス


時間が少ないので近くでお手軽なお山へ


前の週に、道を間違えて時間切れで退散した白兀山のリベンジですね


現地へ着くと、駐車スペースはナカナカの混み具合


ササッと準備して、まあまあの晴天の下、散歩スタートです
DSC007711 (1)


やはり、あづまやに寄ろうするボスさん


雲は多いけど、青空がみえるとヤハリ気持ちイイですな
DSC007714 (1)


ボスさん、西尾平の小屋チェックも忘れずに
DSC007720 (1)


雪は溶けてシマってて、だいぶカサが縮んてると思われるけど、けっこうな深さですねー


今回は確実にテッペン目指すため、西尾平から登山道へは行かず、林道を歩いて行きます


陽射しがあると、山々が立体的に観えてエエですねー
DSC007723 (1)


目指すお山が見えてきた
DSC007727 (1)


も少し先で林道とお別れして、登山道へ入ります
DSC007730 (1)


登山道からはカンジキ必要かなぁと思ったケド、シッカリ踏み跡ついてて問題ナシでしたねぇ


しかし、登山道を歩き出してしばらくすると、甘っちょろい林道とは違って、ナカナカの急登デス
DSC007733 (1)


でも、空に向かって登ってく感じで、気分はイイ♪


ボスさんは、前方に先行者がいると、競争心が沸き起こるのかグイグイ進む・・


へぇへぇ登る飼い主はボスのペースについて行けずクヤシイ


白兀山の手前のテッペン到達~
DSC007749 (1)


天気もまずまずで気持ちのイイ風景です


さすが春一番の日で、風が強かった


足跡イッパイ、テッペンは近い
DSC007750 (1)


白兀山テッペン到着~
DSC007751 (1)


先客のみなさんは、風を避けて、富山県側の斜面でくつろいでた


立山連峰がキレイ
DSC007752 (1)


ザンネンなコトに劔岳あたりは雲かかってる
DSC007757 (1)


巨大な雪見だいふく越しの金沢の街
DSC007758 (1)


なんとなく気持ちに余裕あったので、白兀山の先の医王山まで行こうと先へ進んでみる
DSC007762 (1)


が、この先の細くなってるトコまでくると、なんとなくイヤな感じ・・


ルート上でボコッと踏み抜いた穴があって、のぞいてみると底が見えないくらい深い・・


シロウトが想像するに、雪の下は空洞になってるのかな?


なんてコト考えてたら、ドキドキしますねー


気温も高いコトもあるし、怖くて先へ進むのをやめときました


で、白兀山に戻って昼ゴハンです
DSC007764 (1)


学生さん達かなー、ボスを撮らせてって言うので、喜んで差し出す
DSC007767 (1)


こういう時、愛想よくしてくれると飼い主はありがたいのだけれど、ボスにそんな期待はできません


フンフンと近寄っては行くものの、知らない人だと確認すると『ウオン、ウオン、ウオ~ン』と遠吠えを披露スル・・


西尾平であったオジサンに『吠えないイイコだね♪』って言われてたのに・・・


まあ、若人たちは喜んでくれたのでヨシとする


スキーのヒトがイッパイ来た
DSC007768 (1)


気持ちよさそうデスネ~


天気が崩れないウチに下山します


雪見だいふくを登り返します
DSC007772 (1)


ヒトが多くてボスを開放できないので、急坂の下りは命がけ・・


雪も緩んでけっこうズボズボでした


下りは余裕こいてスグに林道へは出ずに、尾根伝いに西尾平へ向かう
DSC007782 (1)


雪が緩んでるのと、踏み跡も少ないのでカンジキ装着しました


緩い登り下りをザクザク進むと西尾平に戻ってきた
DSC007786 (1)


しばらく休憩していく


ボスも少し放牧
DSC007787 (1)


スッカリ曇り空になってる


あとは林道をテクテク下山


昼をまわってたけど、登っていくヒトと何人かすれ違った


やはりお手軽なお山なんですなー


ペットボトルひとつ持って登るヒトもけっこういたし


で、無事下山完了~
DSC007792 (1)


風が強かったのと、雪質悪かったケド、とても満足な雪山サンポでした


初登頂の白兀山、近くてお手軽なウエに景色がスバラシクて、お気に入りになりました


今シーズンまだ行けるかなー、行きたいデスネー



帰宅後、疲れてるボスさんにはもひとつ試練が待ってました
DSC007796 (1)


長いコト洗えてなかったのでスッキリ


オツカレでした

増殖


ボスの子分が増えました
DSC007700 (1)


また川崎からはるばるとやってきた三毛犬たち


子分1号より少し大きな2号、3号


1号はボスのせいで鼻ナシに


新入りたちを同じ目に合わせないようにしばらくはボスにあげれません

プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
犬図鑑
猫図鑑
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター