2015年07月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

とろとろ

25日(土曜日)のコト




朝から暑い日


スッカリ太陽は高い位置にいてジリジリと照りつけてる時間にバイクで出動~


向かったのは、となり町(市)の某バイク屋?さん


軽く道間違えながらも到着すると、あいにくお留守で、2時くらいに戻られるとのコト・・・


ちょー暑いし、いちど家に帰ろーかなーと思ったけど、


せっかくなので、その辺を徘徊して時間を潰すことにする


手取川の土手を上流へ走る
DSC009580 (1)

ウワサどおり、川の水はドロドロですな


しかし、支流の一部で崩落があっただけでどーしてこんなに濁っちゃうんでしょーね


山の方へむかってテキトーに走ってると怪しいスポットが
DSC009583 (1)


もしかしてマニアの間では有名なスポットなのか?


なんてコト考えてたら、道間違えてた・・


戻るのメンドウだったので、林道に侵入してむりくり軌道修正する


が、とくに行き先を決めてなかったので、思いつきで巨樹を見に行く
DSC009587 (1)


神社の境内は少し涼しい♪


何度見てもこのニョロニョロ感がイイですな
DSC009593 (1)


ちょうどお昼どきなので、そば屋さんで昼ゴハン
DSC009594 (1)


レトログッズてんこ盛りぃなそば屋さん


カワイイ扇風機が現役デス
DSC009595 (1)


風量が最強になってたけど、風はホドヨクそよそよ~


昔はそのくらいのパワーでヨカッタのですね~


そばは美味しくいただきました
DSC009598 (1)

食後にでてきたそば茶プリンがまたウマウマ♪


お腹を満たしたら、ブイ~ンと白峰まで


標高上がっていってもあんまり涼しくなかった・・


トンネルは涼しくて快適だったけど


西山の駐車場で白山を拝んどく
DSC009601 (1)


白峰の中心部で軽くお買い物して、下界へもどる


途中、瀬女の道の駅で冷たいものを
DSC009603 (1)

スグ溶ける~


山の方へ行っても、あんまり涼しくないなぁ・・なんて思ったケド、


下界におりたらめちゃくちゃ暑い!


やっぱ山は涼しかったのね・・


こんな日にバイク乗ってたら身体壊すわー


なんて思いながら、某バイク屋さんへ


ヘンタイさん達 バイク好き達が集う秘密の花園をのぞかせていただき、しばしお話


ベンベ君の骨折治療のお願いをする


おもちゃ箱のような?ガレージを物色したい欲望を抑えつつ、


あんまり仕事のオジャマするのもアレなのでホドホドで退散


熱風浴びて帰宅


晩ゴハンはトーフとトチモチ♪
DSC009606 (1)


こんな暑い日は、平野部でバイク乗っちゃイカンです


標高の高いトコに避難するのが得策デスネ



びゅんっ!

20日(月曜日)海の日のコト





海の日らしく、暑くなる予報の休日


そんな日は涼しいトコロへ行きたいものデスネ


海へ行っても涼しくはないので、ヤハリお山へ行くのが正解でしょー


筋肉痛地獄からはスッカリ復活してるけど、似非ハイカーはあんまりシンドイお山へは行く気はしない・・


で、選んだ行き先は、飛騨の天蓋山デス


雪の季節にカンジキ遊びで狙ってたお山なので、偵察も兼ねて


朝、ボス散歩でチョットしたハプニングに見舞われ出発時間が大幅に遅れる


朝っぱらから強い陽射しの山之村に到着~
DSC009470 (1)


誰かの忘れ物?
DSC009471 (1)


キャンプ場を抜けて登山口へ
DSC009472 (1)


登り始めてしばらくすると、登山道の横を沢が流れてて涼しげ♪
DSC009474 (1)

まあ、涼しげなだけで、涼しくは無かったですけどね


風がなくて暑い・・


少し登ると、風がぬけるようになって気持ちヨシ


さて、ここから本番・・
DSC009477 (1)


はじめは軽いつづら折れだったので、『このくらいの急坂ならたいしたことないやん♪』なんて思ったけど、


そのあと、シッカリ急登が続いてヒィヒィいってました・・


下山するヒトに道をゆずるフリして休憩しようと思ったら、逆に道を譲られ息を切らせて登るハメになりクラクラする・・


セミの抜け殻を見つけるとなぜかウレシイ♪
DSC009478 (1)

ふだん見かけるのより小さくて色がうすくてスケスケ~


何度も休みつつヘロヘロになった頃に
DSC009479 (1)

ま、まだ半分かっ!シンドイヨ~


木の根っこで階段状になってる急坂道
DSC009480 (1)


ふりかえると木の間から遠くのお山がみえてテンション上がる
DSC009481 (1)


で、ほどなくして朗報が♪
DSC009482 (1)


おお、絶望した?急坂半分のトコから、半分もなかったよぉ、ヨカッタ・・・


でも、絵の感じだと、まだ先はキビシそーですな・・


立派なサルノコシカケがダブルで♪
DSC009484 (2)


小腹が空いたので、休憩にピッタリなすずめ平で早弁スル
DSC009493 (1)


すずめ平を出発するとスグ、ニギヤカな声とともに、ちっこいおこちゃま連れの一家とすれ違う


おお、エライなぁと感心しつつも、あんなちっこいおこちゃまが登ったのかと軽く驚愕スル・・


ギンリョウソウ発見!(今までギンリュウソウだと思ってたら、ギンリョウソウが正解っぽい)
DSC009494 (1)

が、なんかいつもと違う雰囲気・・


茶色くしなびてるのは別として、先っぽが上を向いてぷっくりしてる・・


帰ってからグーグル先生にきいてみると、ぷっくりは果実らしい・・実がなるなんて知らんかった・・・


ヘェコラと登り、てっぺんかと思ったら下り、そして登り返したらてっぺんに到着~
DSC009501 (1)


陽射しはキョーレツだけど、風があって涼しい


ウワサ通り、見晴らしサイコーですな~
DSC009502 (1)


ベンチみたいな案内板ありますが、360°ぐるりと名山の名前が並んでマス♪


雲が多いので、遠くの山は隠れてますが、イイ眺めデス
DSC009503 (1)


お山を眺めるにはジャマだけど、青空にポコポコ浮かぶ白い雲は気分イイ
DSC009506 (1)


景色眺めてるうちに先客さん達は下山して、山頂は貸し切りになる


そして、簡単だけどゆっくりと昼ゴハン
DSC009507 (1)


白山が観えるハズの方向にある谷をはしるのはR41 なのかな?
DSC009508 (1)


前の週末に登った焼岳も印象が違う感じだけど観える
DSC009509 (1)


乗鞍も御嶽山もてっぺんは雲に隠れててザンネン


キレイな景色をボケ~っと眺めてると、びゅんっ!・・びゅんっ!・・と頭上で風を切る音が


はじめはなんの音なのかわからず、頭に?マークがならぶ・・


何度目かのびゅんっ!で正体が発覚!


鳥でした・・巨大なツバメみたいなヤツ


カマのような翼の黒い身体がびゅんっ!と超高速で飛び回り、一瞬で通りすぎてゆく


ガッチャマンの大鷲の健が投げる武器みたいな翼デスヨ


帰ってから調べると、どうやらアマツバメらしい


ツバメは大好きな鳥だけど、こんなデカくてかっちょいいツバメがいたなんて♪


お山に登る楽しみが一つ増えました


で、絶景と巨大ツバメの飛行音に後ろ髪を引かれながら下山する
DSC009515 (1)


たくさんのサルノコシカケにとりつかれた樹
DSC009516 (1)


すずめ平まで下りてきた時、温度計持ってるの思い出し、気温チェック
DSC009519 (1)


なんだかビミョーな気温で、暑いのか涼しいのかは判断できず・・・


登るのしんどかった急坂は下るのもタイヘンでした・・


よいしょ、よいしょと木の根に足をとられないように、膝を痛めないように慎重に


沢の流れるトコまで下りてきてホッとしながら、残った食料を食べておく


ぬるくなった水は流れで冷やしてから飲むとシアワセです
DSC009525 (1)


で、無事下山♪
DSC009532 (1)


ワインディングを楽しみつつ、双六川のキレイな流れを横目で見つつR471へ


来た道を帰らず、R471から県道76で国府へ


ちょうど前方にバイク走ってたので、先導してもらう
DSC009535 (1)


国府にでたら、『女川すえひろ』さんで早い晩ゴハン


オーダーしてから気がついた・・もう店じまいの時間やん


失敗!他にお客がいないはずだわ・・


美味しいみそ味の唐揚げ定食を味わいながらも速攻完食してごちそうさましてきました
DSC009538 (1)


狙ってた桃のソフトクリームを食後に食べるのはあきらめて、ずんだ餅とサンマの黒酢煮を購入


東日本大震災でお店と家を津波で流されたすえひろさんが高山に移住して営業してるお店なんですねぇ


なので東北の名産品もゲットできます


で、ずんだ餅もサンマの黒酢煮も美味しくいただきました
DSC009540 (1)



思ったよりキツかった天蓋山


それでも、筋肉痛にはならず・・ヨカッタ・・のか?


焼岳のおかげかな・・


しかし、冬の天蓋山カンジキ登山は自分には無理っぽいコトがココロに沁みました・・・

ボスとひきこもる

12日(日曜日)のコト




前の日に焼岳登山を楽しんだ結果・・


史上最強の筋肉痛に見舞われた・・・


運動不足の解消を狙っての山登りだったのに、より一層の運動不足を痛感するハメに・・


バイクで徘徊する計画だったのに、とてもそんな気にはなれず・・


朝からグッタリ、一日ボスとゴロゴロしてました
DSC009442 (1)


貴重な晴れの日曜日をムダにしてしまい自己嫌悪


夕方になって、やはりこのまま1日終わるのはマズいと思い、チカラ振り絞ってボスシャンプー
DSC009444 (1)


キビシイ戦いでした


ボスさん、抜け毛の季節なので、泡といっしょに流れ落ちた黒毛も大漁に


ボス毛皮も風通し良くなって、少しは涼しくなったコトでしょー


筋肉痛に耐えてシャンプーした飼い主も報われるわ・・


それにしても痛すぎなので、クスリのチカラを借りるべくドラッグストアへ
DSC009457 (1)


サロメチールを塗り塗り・・スースーするだけで気がまぎれる~


いや~、それよりなにより懐かしい香り♪


ついでに買ってきた漢方薬はお守りにしとく

初心者未満

11日(土曜日)のコト




前の週のツーリング後、筋肉痛でグッタリな日々を過ごし日頃の運動不足を痛感・・


そんなのは毎度おなじコトの繰り返しなんですが~


ナマケモノには地道な努力なんてできないし・・


というコトで、運動不足を少しでも解消すべく、山歩きに行ってきました


イロイロ迷った結果、行き先は焼岳♪


初心者向きでソコソコの標高で景色キレイでわりかし近いのが決め手


ひさしぶりな安房のクネクネ道を登り、新中の湯登山口に到着すると、


すでに駐車場は満車でチョットしたスペースにクルマがあふれてる


空いてるトコ探してウエの方へ
DSC009304 (1)


焼岳登山スタート
DSC009306 (1)


スタート直後、こんなトコに誰かが蚊取り線香を設置してた
DSC009308 (1)


有名な?崖落ちペッタンコ車
DSC009309 (1)


いつからあるんでしょ・・もうすぐ土に還りそう・・


登山道に入ったとたん、小さな羽虫の大群がまとわりついてくる


刺すことはないと思われるケド、中には刺しそうなヤツとか、ハエみたいのが混ざってて油断できない


最初は緩やかだった登山道もしばらくするとナカナカの勾配になってへぇへぇ登る


立ち止まると虫の大群に取り憑かれるので歩き続けたい・・


ケド、しんどい・・・初心者向きってなってたのにけっこうキツイのね・・・


自分が初心者レベルにも達してないってコトか・・・


ま、運動不足解消のために山歩きするのが間違ってるんでしょーけど


ときどき平坦なトコあってホッとする


木の根っこがむちむち
DSC009313 (1)


リュックのポケットにいつから入ってたかわからない食料があったので食べとく
DSC009314 (1)


けっこう長く感じた森林エリアが終わりそうな頃、焼岳みえた♪
DSC009316 (1)


足もとにはカエルいた
DSC009322 (1)


こんな山の上にカエル住んでるんですねぇ


デコボコの登山道で苦戦してたので踏まれないようにワキへ移動してもらいました


雪渓が少し残ってて涼やか~
DSC009323 (1)


森林地帯を抜けてからは登山道の様子もだいぶかわり石ガラガラの岩ゴロゴロ
DSC009337 (1)


羽虫の数は減ってるので、ゆっくり休憩できる


まわりをみわたすと、ドコから岩が落ちてきても自分のトコに転がってきそうなポイントだったりして、


いろんなコトを想像すると落ち着かない・・


いつも山歩きすると右の膝が痛くなるので、なるべく負担かからないように歩いてたら左モモがツッた・・


こんなトコで足ツッてるのもなんか恥ずかしいなぁと思ってたら、


前方をゆくグループの中にも足ツッてるヒトがいてホッとする・・


イッパイ休憩しながら景色を堪能しながら登る~
DSC009340 (1)

むこうにみえるのは乗鞍かな?


2300mに到達したようデス
DSC009342 (1)


もうひとがんばり、ヘイコラ登ると南峰と北峰の間の火口のフチに到着~
DSC009351 (1)


風が抜けて涼しい♪


立入禁止な南峰を望む
DSC009354 (1)


む~ん、今にも落ちてきそうな岩ばかり・・


で、これから登る北峰
DSC009356 (1)


プシューってなってる真上だけどダイジョーブなんでしょーか・・
DSC009357 (1)


てっぺんへの道はこのプシューの横をすり抜けてく
DSC009363 (1)


蒸気もアレですが、石ガラガラな足もととガケがけっこう怖いんですけど・・
DSC009364 (1)


溶岩もりもり~
DSC009366 (1)


もうひと登りでてっぺん
DSC009371 (1)

ココがまたチョット怖かった


で、てっぺん到着~
DSC009394 (1)


ナカナカの賑わい


チョットだけ高い南峰
DSC009380 (1)


穂高へつづく稜線がステキ♪
DSC009386 (1)


上高地を見下ろす
DSC009387 (1)


絶景の中、軽い昼ゴハン
DSC009388 (1)


笠ヶ岳が白い
DSC009389 (1)


いや~、どっち向いてもイイ景色~


下山するのも時間かかりそうなので、名残惜しいけど早めに下りる


下るのがまた怖いんですよねぇ


下り最初の難所?を通過してホッとしながら穂高を拝んどく
DSC009407 (1)


下りつつ、振り返るとてっぺんの先っぽに立ってるヒトが!
DSC009416 (1)


みてるほうが怖いわっ


てっぺんでウロウロしてるだけで腰が引けてしまう自分には真似できませんな


やっぱり足痛くて、下山は超ゆっくりに


でも、登りよりはペースがマシなので、羽虫の影響は少なかった


森の中でギンリュウソウを発見!ラッキー♪
DSC009422 (1)


無事下山~
DSC009426 (1)

駐車場はガラガラになってる


むむっ、バイクで登山きてるヒトがいる
DSC009428 (1)


クルマのトコまで道路を少し登らなければならないけど勾配は緩いので苦にならず


道端にバイクのグローブがひとつ落ちてるという状況はやはり事故なんですかねぇ
DSC009429 (1)


安房トンネルできてから、旧道を通るのは好き者だけだと思うけど、けっこう交通量がある


マサカのトラックまで
DSC009430 (1)

む~ん、トンネル代を浮かせるために旧道?リスクのほうがデカイのでは?


ひさしぶりなので安房峠を越えて帰る


こーゆー狭い山道いくと、先の見えないカーブばっかりなのに、道のど真ん中走って突っ込んでくる対向車がいる・・


どーゆー思考回路してるのか理解できない


平湯から栃尾あたりまで降りてくると気温が高~い


バイクいっぱい走ってたけど、暑そうやった


山登りの日にしてヨカッタ


神岡の道の駅で栃の実ソフトで冷え冷え~
DSC009433 (1)


細入の道の駅では、ウマウマな鮎の塩焼きをいただく
DSC009434 (1)


明るいうちに無事帰宅


いや~、焼岳の景色はスバラシかった


ちょっと登りキツくて怖いトコあって、ホントに初心者向きなんか?って思ったケド、


自分でも登れたので、そーなんでしょーね・・・


しかし、羽虫にはマイッタ


夏の五箇山での釣りで遭遇するオロロの群れよりうっとうしいかも


夏のうちにまた他のお山にも行きたいし、虫よけネット買っとかないと


む~ん、欲しいモノが後を絶たない・・・

こひつじちゃん

5日(日曜日)のコト




ご近所にお住まいのバイク乗り、こてつさん主催のツーリングに参加させていただきました


ふだん、ひとりで気ままな緩いツーリングをしてる自分にはイロイロと限界を味わいそうなツーリングになる予感・・


集合時間はAM4:00・・・


この時点で限界を越えてます・・・


でもなんとか起きれた


まだ暗い時間に朝のボス散歩&朝ゴハンすませる


そおっとガレージからバイク出して、家から少し離れた通りまでバイク押して移動してからエンジン始動


こんな時間からバイク乗るのは人生初やな・・なんて思いながら集合場所へ


見送りのために来ていたメンバーさんとお話してるうちに参加のみなさん集合~
DSC009289 (1)


こてつさんそてつさんナミさん、アントニオJr.さんデス


しかし、見送りのために朝4:00前にきてるって・・・メンバーの絆の強さを感じますな


で、オオカミの群れに迷い込んだ子羊ちゃんの気持ちで出発~


しっとりとした早朝の空気の中、トゥルル~っと福光インターへ


飛騨清見インターまでワ~プ


高速降りて しばらく走った後、知らない山道に連れ込まれる・・・


ふだんベンベでは走らないような楽しい?道ですが、遅れないようにガンバってくねくね走る


だ~れもいないせせらぎ街道を快走し、R257からR41にでて下呂へ


R257の途中、工事中でクネッた山道へ迂回させられましたが、


『迂回路エエ道やった~』『迂回させられてヨカッタ~』というコメントがでてくる変態さん好き者さんの集まりデス


給油して休憩の図
DSC009290 (1)


R41から加子母方面へ進み、スグに未経験の県道へ


その後、ドコにいるのかわからないまま、


くねくね、濡れた路面、落ち葉、落ち枝、砂利、水たまり、ヌルヌルと盛りだくさんの複合型娯楽街道に引きずり込まれ、


気がついたら飯田市のコンビニに
DSC009291 (1)


アレだけクネクネしても、この時間にこの場所に来れるのか~と感動デス


早起きと、なにより隊長の完璧なリサーチ&絶妙なルート作成の結果なのですねー


ここでアントニオJr.さんがお帰りに


『晴れてるトコまで見送りに・・』などと言ってた自分は、降りそうで降らない天気のため?まだイケル・・


ガソリン補給したらいよいよクライマックス?の天竜川へ


人数が減って、変態レベルが濃縮された気配を感じつつ・・


天竜川に沿ってつづくワインディングを下流へ


途中からついに雨がパラパラ降ってきた


晴れてるトコまで・・なんて言ってたけど、ココまで来て帰れませんねぇ


道がダム湖畔に入ると味わい深い道に・・


何度か足ツって悶えながらクネクネ~


そしてついにゴール折り返し地点に到着~
DSC009292 (1)


静岡県に侵入デス・・


いや~、ひとりではありえん場所に到達ですな


それにたどり着いたのが、あの佐久間ダムなんですねー
DSC001892 (1)


いつかは訪問したいと夢見てた佐久間ダムです


子供の頃、切手からその存在を知った佐久間ダムですよ


深い知識はないですが・・・


じっくり舐めるようにダム見物するワケに行かないので、いつかは再訪しなければ!と心のなかで誓うのでした


ダムから下界へ降りてガソリン補給後、道の駅で作戦会議&昼ゴハン


昼はパン食が伝統?の会のハズなのにフツーの昼ゴハン食べれました
DSC009294 (1)


雨がシトシト降ってる中、出発デス
DSC009295 (1)


浜松浜北インターから高速移動


新東名~東名~名神~東海北陸と乗り継いでいく


高速のってからほどなくして雨は上がりドライコンディションに


上郷SAのあと長良川SAで休憩
DSC009297 (1)


雨で濡れた身体もスッカリ乾燥してた


雨エリアを抜けたので、みなさんは高速降りてクネクネツーリング再開するとのコト


自分はもうとっくに限界超えちゃってるのでココで離脱させていただくコトに


タラリラ~っと東海北陸道を北上し福光インターからシタ道で金沢へ


明るいうちに無事帰宅
DSC009298 (1)


いつもよりかなり早い時間に朝ゴハンを食べたボスさんに、いつもよりかなり早い時間の晩ゴハンを食べさせて


自分も軽く食事してから、ゆっくり風呂入って


ボス散歩してから、ガンバってくれたバイクを洗車~
DSC009302 (1)


復路のクネクネ道を満喫されたみなさんが帰宅したであろう時間にはグッタリと眠りについてましたねぇ


今回初参加させていただいたツーリングは不安イッパイでしたが、


先導さんの細やかな配慮のおかげで往路完走できました


目からウロコの快走ツーリングをありがとうございました


未熟モノを受け入れてくれた他のみなさまにも感謝デス


フルコース完走はハードル高いですが、またご一緒させてください




オマケ・・


帰りのSAで衝撃の事実が発覚!


以前、溶接修理したトコロがいつの間にかポッキリと
DSC009301 (1)


乗っててもぜんぜん違和感なかったので、気付かなかった・・


このままシーズンオフまで乗ってようか・・


いや、ポッキリしてるのを見ちゃったら無理ですな


しばらくベンベ君は休養に入りそうです


ちゃぷちゃぷ

28日(日曜日)のコト




前の週に引き続き雨の日曜日


というコトで、釣り竿担いで渓流へ


余裕こいて川へ行く前にチョット寄り道する


福光美術館へ
DSC009266 (1)

超人三浦雄一郎さんの写真展


テレビで見ちゃった気がするので、写真展ってのもアレなんですが・・


でも、ヨカッタです


ハンパない超人ぶりがココロに沁みました・・



思いのほか美術館で時間をとってしまい少しあわてる・・


前回と同じ川へ向かったけど入渓ポイントに先客のクルマ停まってたので別の川へ


雨の量が少なかったのか他の川でも濁ってないのでラッキー


しかし釣り登るも魚の反応はイマヒトツ・・


まあ、過去を振り返ってもそんなに良い結果がなかった川だし、あんまり期待せずにテクテク


ココロが折れない程度には釣れる・・
DSC009269 (1)


ナカナカ落差のある川なので釣れずに登って行くと、半分沢登りしてる気分に
DSC009277 (1)


この川も倒木がイッパイ


一匹だけ前回よりサイズアップしたので、それだけで満足♪
DSC009274 (1)


満足ついでにゴハンも食べとく
DSC009279 (1)


川の流れの中に揺らめく白い物体・・
DSC009281 (1)


ナニかな~と、じぃ~っと観察した結果、カモシカの脚でした・・・


む~ん、エグい・・


どっかに本体もあるんでしょーね・・・


ずんずん登って行くと、セットしておいたアラームがなり引き返す時間に


ちょうど二段の滝スポットで折り返し~
DSC009285 (1)


けっこう登ったので戻るのもなかなかタイヘン


魚釣りと沢歩きと山登り山降り?も味わえる一石三鳥な日でした


雨の日は

21日(日曜日)のコト



梅雨らしく雨の日曜日


世のバイク乗りは『晴走雨読』と、雨の日は文化的な時間を過ごされてるコトでしょう


一部の変態さん心の強いヒトは『晴走雨走』と、天気に関係なく走り回ってるコトでしょう


ワタクシ的には、この季節はできることなら『晴走雨釣』を実行しておきたい


釣りに関してはホドヨイ雨ならば、良い結果につながったりするし


あんまり雨が激しいと『晴走雨寝』になってしまうケド・・



というコトでこの日は淡い期待を抱きつつホームグラウンド的な川へ今シーズン初釣行


しかし、現地に着いてみると水が濁っててザンネンな川の様子
DSC009242 (1)


ガックリですが、このまま帰るワケにいかないので、少し移動して別の川へ


けっこうな雨降っても濁るコトのない川


増水で困ったときの最後の砦?


ラッキーな事に先客はおらず、腹ごしらえしてから、いそいそと河原へおりる
DSC009243 (1)



釣り開始早々サイズは小さいながらも魚の反応は良くウレシイ♪
DSC009246 (1)


いつ起きたモノかわからないケド、小規模な崩落跡がいくつかあってイヤな感じ
DSC009258 (1)


ここ数年こーゆー崩落跡が目につくようになりましたねぇ


単純にコワイですが、それと別に土砂が川に入ると魚が付く場所が埋まって無くなっちゃうんですよねー



と、以前来た時とはだいぶ渓相がかわってしまったコトにオドロキつつ、ちゃぷちゃぷと釣り上がる


今シーズン初というコトもあり、ミスが多かったけど、ポツポツ釣れて楽しい
DSC009250 (1)


ガケに咲いてたユリ
DSC009257 (1)


大物ではないけど、この日イチバンのイワナ釣ったトコロで終わりにする
DSC009254 (1)


雨降りの夕暮れ時なので深入りはしない


暗くなってから草薮を歩くのは避けたいし


こーゆー時のヤブ漕ぎはドキドキしますねぇ


クマさんとの遭遇は滅多にないだろうけど、コワイのは蛇ですね


いろんなパターンの蛇との遭遇を想像すると、とても慎重なヤブ漕ぎになります


これからイイ時間になって大物釣れそうな川を後ろ髪を引かれる思いであとにする
DSC009261 (1)


プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター