2015年08月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

ラーメンドキドキゲイジュツー

23日(日曜日)のコト




ふだんの休日と同じく、遅い朝を過ごす日曜日・・


ボスさんの朝ゴハン&サンポを済ませた後はマッタリと・・


再び眠りにつきたいトコですが、そんな怠惰な休日を過ごしていてはイケマセンネ


と、いうコトでラーメンを食べにバイクで出動


上越のニューハルピンさんでラーメンいただいてきました
DSC009933 (1)


なぜ、上越まで行ってラーメン食べてるのか・・・


花雪家ブログで、たびたびアップされてる上越エリア徘徊散策のお話・・


上越フリークぶりが溢れ出てる記事にウラヤマシク悶々としていた日々・・


先日アップされたニューハルピンの巻でトドメを刺されました・・


コレは行くしかな~い!


で、いざ上越へ


ベンベ君、前日乗って汚れたままだったので、まずは軽く洗車してから
DSC009930 (1)


洗車後、ガソリン満タンにしたら、上越までワ~プ


曲がり損ねてちょっと遠回りしたものの、大きく迷うこと無く、ニューハルピンさんに到着~
DSC009932 (1)


味わい深い店構えデス


駐車場にはバイクがイッパイ
DSC009931 (1)


お隣りのバイクは、同じ石川のヒトでした


メニューに迷いますが、バイクで来たからにはライダー用メニュー?デスネ
DSC009936 (1)


R1100Sに乗ってきたからには、やはり1100S・・・


と、いきたいトコですが、無謀なマネできない年齢なので無難に750Sにしときました・・


タマネギとニンニクがタップリのコッテリなのかと思ってたら、タマネギがのった醤油味でした


+ぎょうざ~
DSC009935 (1)


チャーハンをプラスするのはやめといた・・でも、頼めばよかったかなー


ラーメン出てくる頃には、空いてた席は埋まり、入り口には順番待ちの列ができてた


背中にプレッシャーを感じる・・


ササッと美味しくいただいて、ササッと店をでました


つぎはタンメンかたまねぎラーメン食べたい


メニューで気になった『ぶためし』にもチャレンジしないと


食後は上越エリアを軽く徘徊します


R253で郊外から山の中へ


ココは素通りできませんネ
DSC009940 (1)


店のおねいさんに軽く失笑を買いつつ、ひとりでトコロテン2皿頼む・・
DSC009941 (1)


スタンダードと黒蜜を食べたかったし・・


ウワサの一本箸は手ごわかった


ふたつ頼んだら箸が2本になって普通に食べれる・・・けど、ちゃんと1本で食べました


まぁ、最後はお皿に口つけてチュルチュルしてましたけど


トコロテンの後は、棚田を見物デス
DSC009943 (1)


星峠の棚田・・星峠とはステキな名前の峠ですな


当日このあたりで自転車のイベントがあったようで、おそろいの黄色いジャージきたチャリダーがイッパイ


棚田の展望ポイントもとてもにぎやかでした


そしてこのエリアで忘れてはならないのは、色んな所に点在するゲイジュツ作品デス


棚田へ向かう途中にある、『脱皮する家』を見物スル
DSC009950 (1)


なかなかデス


よくここまで彫ったもんですな


年月を経て熟成された木の表面がモッタイナイ気もするけど・・・


全体的にグルグルしてます・・
DSC009949 (1)


けっこう見物するヒトがいてビックリ


階段の踏み板もホリホリしてあって、なんだか強度が落ちてそうで、一瞬足をのせるのをためらった・・


いろいろ寄り道したいトコですが、R403からR253と走り十日町市の街の中の博物館へ


火焔型土器を見物デス!国宝デス!
DSC009961 (1)


火焔型土器カッコイイ♪
DSC009956 (1)


土偶もチラリ
DSC009963 (1)


E.T.の土偶デスカ?


美術館とか博物館にきたらミュージアムショップが楽しみのひとつですが、ココのショップはイマヒトツ・・・


しかし、コレのガチャガチャはやらずにはいられない


12分の1の確率の火焔型土器・・


財布の小銭を総動員して3回チャレンジするも火焔型土器出ねーよ


む~ん、1000円札を両替して・・・イヤイヤ両替してまでやってたらイカン!と踏みとどまる


と、後ろ髪引かれつつ帰ります


火焔型土器といえば新潟県立歴史博物館も見ておきたいトコですが時間ないのでまたのお楽しみに


R253を戻ります


途中、まつだいの道の駅に立ち寄る


道の駅と鉄道の駅が合体してる珍しいトコロです


ココにもゲイジュツ作品がイッパイあります
DSC009972 (1)

DSC009971 (1)

DSC009975 (1)

DSC009976 (1)


ゲイジュツは難しいですネ~


上越インターから長~い道のりワ~プして帰宅


今回もタンクバックは満タンでした
DSC009983 (1)


なぜか笹ダンゴがダブルで・・


頸城地方の郷土食の押寿司が懐かしい
DSC009987 (1)


ガチャガチャの戦利品は土偶と埴輪
DSC009986 (1)


火焔型土器が欲し~い


でもやはり、プラッチックのより土で作ったレプリカが欲しいな



まだ未開拓で見どころタップリの上越エリア


リサーチ不足もあったけど、日帰りだったのでちょっと慌ただしくなってしまった


もっとグルグル徘徊したいトコあるので、やっぱ早起きして行かないとねぇ


こーひーぶれいく

22日(土曜日)のコト



ふだんの休日と同じく、遅い朝を過ごす土曜日・・


ボスさんの朝ゴハン&サンポを済ませた後はマッタリと・・


再び眠りにつきたいトコですが、そんな怠惰な休日を過ごしていてはイケマセンネ


と、いうコトでコーヒーを飲みにバイクで出動


加子母の道の駅のクシタニカフェでコーヒーをいただいてきました
DSC009895 (1)



金沢を出発するときは意外とイイ天気だったけど、珍しく雨を覚悟して出発~
DSC009883 (1)


福光から清見まではワ~プして


ワ~プ中は所々で雨にあいつつも、南へ行けば天気良くなるハズと信じて走ってた


清見からは、こてつさんルートをいただいてせせらぎ街道へ
DSC009886 (1)

ごちそうさまでした


ひとりだとペース遅いのでショートカットになったのかは・・・


湿ったせせらぎ街道を快走~


今まで営業してるのを見たことがなかった五平餅屋に営業中の看板出てたのでいそいそとバイクを停めた


が、バイクを降りてヘルメット脱ごうとしたら、お客さんが教えてくれた、


もう売り切れで終わりとのコト・・ガッカリ


気を取り直してパスカル清見へ


なんだか五平餅モードから抜けれなかったので、五平餅を朝ゴハンに
DSC009887 (1)


天気のせいかバイクは少なく駐車場には石川(金沢だったか・・)ナンバーの2台だけ・・


パスカル清見をでたら、前の週のローメンツーと同じルートへ


こないだは(も?)ドコを走ってるのかサッパリ分からないエリアがあったので、


カフェへ向かいつつ、失われた・・というかメモリーされなかった記憶を補完する計画デス


県道86号に入ってしばらく走ると、前方から道幅を占領しながらトラック(3トン?)が・・


おお、こんな道をトラック走ってくるんかー?


ま、トラックの運ちゃんの中にもホソ道マニアはいるんでしょーな・・


景色をチラリと眺めつつ走ってると、おおっ、なかなかキレイな川が流れてるやん!
DSC009889 (1)


念のためダムをチラッと見物していく
DSC009892 (1)


R41に出ると前回と同じGSで給油


その後しばらくは見覚えのある風景だったけど、ドコから山道に入ったのかやっぱりわからず・・


悪あがきする時間がなかったので、素直に戻ってR257へ


で加子母の道の駅
DSC009893 (1)


ウエットコンディションだけど、けっこうバイクいる♪


あたり前かもしれないけど、クシタニを身につけてる率高いですな


自分はひとつもクシタニしてないですが・・


奇遇ですな~、となりのブラックバードとGPZはパスカル清見にいた2台です


道の駅で買い物してから、クシタニコーヒーをいただく


ホントはクシタニ製品をみたくて来たのに、天気悪いせいか、製品はならんでなくてザンネン


パーツショップのデモバイクや気になるKTMを眺めたら道の駅をあとにする


産直所をのぞいてから、マルハチ食堂で昼ゴハン
DSC009901 (1)


お腹がふくれたら、補完計画のつづきを


R257からR256へ、県道3号を通りR19へ


R19へでる頃にはイイ天気に


R19を北上していくも、あり?ドコからワキ道入ったんだっけ?と、やっぱり記憶ナシ


しばらく走ってからワキ道入ると見覚えある風景に


しかし、スグにR19へはき出される・・


さらに進むと、あ~っ、見たコトある橋みっけー♪
DSC009904 (1)


ふふ、補完じゃ補完じゃ~と浮かれてると、ほどなくジャリ道に・・
DSC009905 (1)


そ、そうだった・・ふつうのジャリの林道を走ったんだった・・・


ジャリ道ちょっとだしイイか、とゴトゴト進むと~


マサカの通行止め
DSC009906 (2)


む~ん、土曜日は工事してるんですねー


むなしく来た道をゴトゴト戻る


あとは素直にR19をひた走る


ラッキーなコトにR19は混んでなくて、退屈だけど不快ではなかった


三岳村に侵入したトコロで、せっかくなので御嶽山を拝んで行くコトに


陽が沈みそうなタイミングに焦りつつ、クネクネ登って田ノ原の駐車場へ
DSC009908 (1)


む~ん、あいにくガスがかかって山頂は観えず


献花台へいって軽くお参りしとく


バイクで田ノ原Pへ来ると、いつもいつかは登りたいと思ってた御嶽山・・


もう登れないお山になってしまいましたねぇ・・合掌
DSC009911 (1)


暗い夜山道を走りたくないので、ササッと下山~


薄暗くなってきた開田村でギリでトウモロコシを調達


タンクバックが満タンです・・運転しづらいデス・・
DSC009914 (1)


高山からは高速で帰宅~


タンクバック開放~
DSC009918 (1)


この、アマゴの一夜干しがウマかった♪また買ってこよ
DSC009921 (1)


朴葉寿しは素朴なお味ですな・・キライじゃない
DSC009923 (1)


わらび餅は盛り付けがキタナイな・・
DSC009925 (1)


この手の食べ物は基本的に黒蜜とキナコの味しかしないので、ハズレはないデスネ


で、開田村のトウモロコシは間違いないウマさです
DSC009991 (1)


遅いスタートだったけど、ソコソコ距離走ったし、食うモン食ったしナニかとお腹イッパイでした


不発だった記憶の補完計画は、また日を改めてチャレンジですな

いつなの





わが家に居候?中のハト吉
DSC009929 (1)


もうウチにきてから1ヶ月を超えている


だいぶ大人っぽくなってきたけど、外で見かけるキジバトに比べるとまだまだ小さくおこちゃまみたい・・


それでも、リビングの中での飛び方は上手になってきてる


そろそろ自然に還す時期かなーとは思いつつ・・・


迷うトコロ・・・



少しの時間だけど、日光浴もさせてマス
DSC009783 (1)


やっぱ外の景色は気になりますねぇ
DSC009791 (1)


ホントはお盆くらいに放鳥しようかと思ってた


連休中、家を留守にするのが心配だったし・・ハト吉を連れて帰省するわけにいかないし・・


でも、あまりにも飛び方がヘタクソだったのでやめといた


念のため、野鳥担当の動物病院に放鳥のタイミングについて相談に行っといた


獣医さんは2週間も餌付けできてるコトに驚いてた


で、野鳥はなるべくナニもしないでおくのが基本だけど、


それだけの期間餌付けできてるのならシッカリ大きくなってから放鳥するのもアリですよ、と


野鳥の飼育は禁じられてるけど、放鳥前提ならキビシイ事は言わない、とも


で、ケッキョク放鳥のタイミングについては答えがでないまま今日に至るのですねぇ


ハト吉は人間に慣れてるワケではないので、いろいろストレスも感じてるだろうし・・


飛ぶ練習もリビングじゃ狭くて限界あるし・・


難しいですな



ハト吉が来るだいぶ前に、庭に設置しようと造ったバードフィーダーでエサをあげてる
DSC009832 (1)


バードフィーダーを覚えてくれれば、放鳥後もエサをあげれるかもしれないし・・


親鳥から教えてもらえないハト吉は外でエサをとれるかわからないからねぇ


あとは天敵の心配・・


なかなかハトを襲う動物いないだろーけど


最近は見かけないけど、トンビとは違う猛禽さん


イチバン危険なのはやはり猫様ですな


チカゴロは放鳥場所になるわが家の庭に猫様が寄り付かないコトを願ってボスとパトロールしてる


犬に合わせた室温の中で暮らしてるので、もちょっと涼しくなってからかなー


別れの時は近い・・かな?

エンドレスリトライ

16日(日曜日)のコト




お盆休みの最終日


次の日から社会復帰しなければなりません


じわりじわりと通常の生活リズムに戻していきたいトコですが・・


そんなヒマはありません


ご近所さんのこてつさん主催のツーリングの日デス


前の週に寝坊して参加できなかった、美ヶ原&ローメンツー


ラッキーなコトに?前の週のツーでは予定してたローメン店が閉まってたため、ローメン不発だったそうで・・


ローメンツーふたたび!


というコトで、コレは参加しなければなりません!


ローメンを知らないライダーはいないでしょー


ずっと食べてみたいと思ってたけど、実現できてなかった夢のローメンです


で、ガンバって早起きして集合場所へ
DSC009868 (1)


みなさんすでにお揃いでギリ間に合った感じ・・


五箇山から清見までワ~プ


朝霧たちこめる中クネクネ道に突入かと思ったら道の駅で休憩
DSC009869 (1)


今回は少しマッタリバージョンのようデス・・ありがたいコトです・・油断はできませんが・・・


まっとうな人は通らないルート 刺激的で便利なショートカットルートでせせらぎ街道へ


パスカル清見で休憩~
DSC009870 (1)


短時間の間に休憩がつづく・・嵐の前の静けさか・・・


さすがせせらぎ街道、早朝からバイクが何台もいた


パスカル清見を出たあとは県道86へ


金山湖畔を走り抜けたあとR41にでると、ソコは自分にとって圏外・・


ドコがドコだかわからないままグルグル走る


で、いつのまにやら木曽川沿いに
DSC009871 (1)


まだまだ休憩する場所には日陰が必要な季節デスネ


先導さんルート確認中?
DSC009872 (1)


荒れた舗装林道とか工事中のジャリ道は先月の佐久間ダムツーで経験済みなので想定内


今回も、『おおっ、けっこう舗装荒れてるなぁ』と思ってたら、フツーのジャリの林道ですやん!
DSC009873 (1)


ま、自分的にはキライじゃないんですけどね・・


フツーのクネクネ道よりはみなさんに着いて行けるかも?


それよりも、このフツーのジャリの林道をスーパースポーツで走ってるヒトがいることが驚愕デス


なにかがおかしい・・・


意外にも超メジャーな観光地である、馬籠宿&妻籠宿に寄ってを通ってゆく


心の目で観光しときました・・


権兵衛トンネルを抜けるとローメンの都、伊那の街デス


いざ、ローメン!
DSC009875 (1)


ローメンはスープタイプと焼きそばタイプがありますが、コチラは焼きそばタイプ
DSC009877 (1)


見た感じはホボ焼きそば・・


お味は・・・?


おおっ!普通に食べれる!って失礼か・・


あまたの恐ろしいインプレッションを聞いていましたが・・


ダ、ダイジョーブでした・・


某店のスープタイプを経験済みの方々からは戸惑いの声が・・?


期待はずれ?


しかし、『ウマ~イ♪』って言葉はでませんな・・


薄味の焼きそば・・


未完成の料理?・・


ここまできてなぜフツーのソース味にしないのか?・・


テーブルに並んでる調味料の数々はダテじゃないのか


自分はトウガラシをプラスしただけで問題ナシでしたが


でも、他の調味料も試してみるべきだったかなー


つぎ食べるときは違う味にして・・・はっ!もしかしてこうやってローメンのトリコになっていくのか!


ま、スープタイプのお味も確認する必要があるし、また伊那の地を踏まねば


お腹もふくれて帰り道


帰りは、野麦峠~安房峠ぬけてシメにR471楢峠越え?


軽いめまいを覚えつつ・・


R361で開田村を駆け抜ける


野麦峠への分岐で、所要のため帰りを急ぐみなさんとお別れ~


で、野麦峠へ


スタートしてほどなく、自分、遅れ始める・・


ま、ムリはしない・・


そのうち、前を走るバイクは完全に見えなくなる・・


ま、焦らない・・


台数が減って、変態度が濃縮されたメンバーのみなさんについて行けるハズがない・・


自分はマイペースでいく、どっかで待っててくれるし・・


で、峠を登り切る


あり、誰もいない・・


下ったのね


と、思い峠を下る


奈川の集落で休憩かなーと思ったけどいない・・


次は奈川渡ダムか?・・


いない・・・


R158にでちゃった・・


つ、次は沢渡のおみやげ屋かな~・・


いない・・・


つ、つ、次はやはり安房の旧道入り口ですか・・


いな~い


なかなか引っ張りますな~ もう、安房のてっぺんに決まりやな・・


と、クネクネ登るも峠にはくつろいでるチャリダーのいち団だけ・・
DSC009879 (1)


もしかして~、はぐれちゃったのかなー、どーしよーかなーと思いながら平湯へ下りる


平湯のバス停とかトンネル出口付近をみてもやっぱりいない・・


むむ、どっかで追い越したのか? いや、見落としてないハズ・・・


む~ん、みなさんラストの楢峠にムラムラ萌え萌えして待ちきれずにイッちゃったのかな~


この時点でけっこうヘロヘロ


合流できてもついて行ける気がしなかったので、


隊長へお先に離脱するメールしようと携帯だすと隊長からのメール入ってるし!


野麦峠のお助け小屋が休憩ポイントだったらしく、ひとりスルーしてしまったもよう・・


そうだったのか・・・


マズい・・・


遅れちゃったので早く行かなきゃと先走ってしまったのでした


みなさんに迷惑かけてしまいましたね~反省


みなさんを待ってお別れするべきでしたが、


すでに燃え尽きて白い灰になってたのでメールでお別れしてそのまま帰路に



帰宅後、いつもは疲れてバイクはそのままガレージに入れちゃうんですが、


バイク汚いままにしとくと、笑われちゃうので?ササッと洗車しときました
DSC009880 (1)


やっぱコレが正しいデスネ



なんかまだフルコースちゃんと走り切ることできてませんが・・


この先も完走できる気がしませんが・・


また参加させてくださいネ



流れに身を任せ

15日(土曜日)のコト



やはり帰省中


お盆休みで実家にいるときはだいたい朝は遅く、ゴロゴロしてる


しか~し、この日はガンバって早起きして出動~


ダイキチ飼い主のカヌーで、キス釣りデス♪
DSC009854 (1)


海はちょっとザワついていて出航時に波かぶってビチョビチョ・・


潮の流れに身を任せ、キスを釣る~
DSC009855 (1)


流れていくと岸に近づいていくので、テキトウなトコロでチャプチャプ漕いで元の位置に戻りまた流される


岸に近づき過ぎると、浜で投釣りしてるヒトの射程距離に入ってキケンです


カヌーからのキス釣りは、アタリが超ダイレクトに感じれるし、竿がショボイので強い引きも味わえてとても楽しいデス


海の上はカユイ虫がいないのもウレシイ♪


ただ、カヌーはせまく身動きとれないので腰が痛くなるのが難点ですが・・


長時間のってると、エコノミークラス症候群になりそ・・


狙ってた尺ギスは釣れなかったケド、飽きない程度にポツポツ釣れた


しばらく釣ってると、パタリと釣れなくなったので、終了
DSC009857 (1)



ボス、朝ゴハンも朝サンポのオアズケで出漁したので、急いで戻る


ゴハン済ませてサンポへ
DSC009858 (1)


遅い時間で、陽射しが強いけど金沢より暑くないのがありがたい


暑さのせいか、川の流れをじぃ~っと見つめてるボスさん
DSC009859 (1)


水嫌いを克服して、ついに川に入るのか~


そんな夢の様なコトは起こらず・・草むらに顔突っ込んで草を食うボス
DSC009860 (1)



昼はダイキチ家へ行って、朝釣ったキスを天ぷらにして食べました


美味しくて写真撮るの忘れてた・・


出来立ての天ぷらはナニを食べても美味しいですが、釣りたてのキスの天ぷらは格別デシタ


なかなかダイキチ飼い主とのタイミングが合わず、ひさしぶりだったカヌーでの釣りはやっぱ楽しかった


毎度、マイカヌー欲しいなぁと思うけど、現実的にはナカナカ手が届きませんねぇ




キセイチュウ

13日(木曜日)のコト



お盆休みはナニハトモアレ帰省ですね


ウチは能登なので、金沢からは近くて帰省っていう大げさなものではないか・・


同じタイミングで川崎市から帰省中のダイキチのところへ
DSC009847 (1)


ボスはダイキチの声を聞きつけて、クルマの中で大騒ぎ


クルマから出すとイチモクサンに駆け寄ったものの、ダイキチのシツコすぎるアタックにウンザリするボス・・
DSC009848 (1)


あいかわらずで成長のないおバカなヤツら・・


落ち着きのないおこちゃまぶりは、とても8歳と6歳のコンビには見えんな・・


ま、ドッチも不安材料はありつつも、元気なのがナニヨリなんですけどね



アサネ♪

9日(日曜日)のコト




この日は、ご近所さんのこてつさん主催のツーリングの日


行き先はビーナスライン、その後、ゴニョゴニョ走ってお昼に伊那のローメンを食するという魅力的なプランです


現在、愛車ベンベくんは骨折中ですが、ローメンの言葉に誘われて参加することを決意スル


が~、当日の朝、寝坊しました・・


ボスのゴハン&散歩をササッと済ませて急行したケド・・


集合場所は、がら~ん・・・
DSC009792 (1)


帰って寝るかな・・なんてチラリと思ったけど、


せっかくなので、ひとりでビーナスラインへ向かうコトに


もしかしたら、合流できるかもしれないし♪


福光から東海北陸道にのってワ~プ


この高速が寒かった


いつも寒い思いしてる・・


高山の街をスルーして安房トンネルをくぐって長野県へ


奈川渡ダムで休憩
DSC009793 (1)


爽やかな朝の空気の中、缶コーヒーでも・・と思ったら自販機が無~い


ここで気温が16℃で涼しい
DSC009794 (1)


寒かった東海北陸はもっと気温低かったのでしょーね


R158を快走して松本の街へ


松本インターの手前の対向車線で、長野県警さんがオープンカフェ開いてた・・


早朝からけっこう繁盛してましたねぇ


コッチじゃなくてヨカッタ


体験したことのないくらいのガラガラの松本市内をさまよう
DSC009795 (1)


県道67号からビーナスラインへ侵入


さすが早朝、クルマは少ない


でもけっこうバイク走ってる♪


ときおり、フルバンクで駆け抜けてゆく元気なヒト達にビビらされるも快適に高度を上げていく


で、美ヶ原高原美術館の駐車場に到着~
DSC009799 (1)


空いてたかな?


ウワサ通り、景色のいいポジションをキープしてる車中泊キャンパーがイッパイいましたねぇ


バイクはまばらな感じ
DSC009800 (1)


こてつ隊はもう通過したのかなぁ、これから登ってくるのか~と思いながら、


景色を眺めたり、ウロウロ徘徊したり、コーヒー飲んだり、ヒトのバイク眺めたりして過ごす


そのうち、ヒトが多くなってきたので、合流するのはあきらめて駐車場をあとにする


少し移動して山本小屋の方へ


せっかくなので、バイクを降りて美ヶ原を散策する


雪の季節の美ヶ原サンポにはとっても感動したので、グリーンシーズンも歩いとかないとね


美しの塔を横目にテクテク歩く
DSC009803 (1)


目指す王ヶ頭はまだまだ遠い・・


ウッスラ富士山みえた♪ と思ってたら、違うお山のよう・・
DSC009804 (1)


黒毛をみるとボスを思い出し気もそぞろ・・
DSC009805 (1)


道は平坦なのでしんどくはないけど、ナカナカ近づかない王ヶ頭のホテル
DSC009806 (1)


最後の坂で息が上がったケド、ようやく到着
DSC009813 (1)


雲が多いけどイイ眺めです


ホテルの売店でソフトクリームをゲット
DSC009818 (1)


ウマー


景色もサイコー♪
DSC009819 (1)


でも、やっぱ冬の美ヶ原にはかないませんね


また冬にきたい・・


山本小屋に戻ってくると、これから王ヶ頭へ行くであろうヒト達がゾロゾロ


さすがメジャーな観光地はヒトの密度が違うわ


あんまりヒトいっぱいのトコロにいたくない・・


下山する前に、美術館の駐車場にチラリと寄ってみると、クルマもバイクもウジャウジャ~


なんか食べていこうかと思ったケド、ヒトの多さに負けてとっとと駐車場をあとにする


先の計画なんて無いので、行くあてもなく帰ることに


下りは美ヶ原林道経由で松本へ


山を下りるにつれジワジワと暑くなってくる・・


国道にでると、美ヶ原の涼しさが夢のよう・・乾燥機の中みたいな下界の暑さにげんなり・・


来た道を帰るのもアレなので、白馬を回って帰ることに


昼ゴハンに美麻でそば食べていこうと思ったら、狙ってたお店は順番待ちでイッパイ


瞬間あきらめて、チョイチョイいってる農園カフェへ
DSC009824 (1)


菜の花やソバの花の季節ではないので、混んでない


オッサンには似合わない、鹿のキーマカレー
DSC009825 (1)


さらに、デザートに山羊チーズ入りチーズケーキ
DSC009827 (1)


おいしい昼ゴハンのあとは、チョロリとクネクネ道を走って鬼無里村へ


おやきを仕入れる
DSC009829 (1)


あいかわらずお店の中は満席で、のんびり食ってくのはムリでした


白馬の街も暑かった
DSC009831 (1)


やっぱ1500mくらい標高上げないと涼しくないですな


白馬から糸魚川へ下りるR148はガマンの道・・


流れに乗って走ってると、眠い・・超眠い!


暑さのせいもあったのか、睡魔に勝てず、途中のパーキングで、昼寝する


熟睡はしてないけど、スッキリ♪


糸魚川からのガマンの北陸道も無事走りきり帰宅~


晩ゴハンは、おやきフルコース
DSC009839 (1)


寝坊してソロツーになったのは残念でしたが、それなりに楽しめたかな


なかなか朝に強くなれませんねぇ

禁断の

20日~28日のコト




ナイショのお話デス・・



海の日にお山へ行ったワケですが・・


朝、出発する前には、とーぜんボスさんの散歩を済ませる


そのボス散歩で、近所の用水路沿いを歩いてると、ちょっと先の水面に波紋が広がる・・


サカナかな?と思って目を凝らしてみると、なんか浮いてる


水鳥か?と近づいてみると、様子がヘン・・
DSC009464 (1)


キジバトのおこちゃまやん・・


水浴びしてるわけじゃなさそう・・・


『野鳥のヒナが落ちていても拾ってはいけません!』


とは言ってもねぇ・・


放っとけませんねぇ・・


で、急いで家に戻って、タモ持ってきてキジバトすくい
DSC009465 (1)


タモ活躍したの何年ぶりだろ・・


身体が冷えちゃったのかキジバト君は元気ナシ
DSC009466 (1)


クチバシがちょっとヘンです


とりあえず連れて帰って、水洗いしてからドライヤーで乾燥~
DSC009468 (1)


で、ボスとの留守番に不安はあったものの、お山へ


天蓋山を堪能して帰宅してみると、キジバト君が箱のなかに居な~い!


一瞬、イヤな予感したケド、リビングのすみっこでジッとしてるキジバト君を発見


ボスさんに、カプッとかバシッとかされなくてヨカッタ


まあ、想像では、バサバサするキジバト君にビビってボスは逃げまわってたコトでしょう


と、いうコトでしばらくの間わが家に居候?するコトになったキジバト君、名前はハト吉に・・
DSC009544 (1)


ボスがわが家にやってきた時、入ってきたケージが活躍するコトに


コネコネしたエサを無理矢理クチバシ開けて食べさせてたけど、しばらくして自分で食べれることが発覚


なぜかエサの中に入るヤツ・・
DSC009565 (1)


自分で食べるけど、上手ではなく食べる量も少なくちょっと心配だったケド、


コネコネしたエサを正露丸みたいに丸めてやるとよく食べてるのでちょっと安心


ケージなかでジッとしてたハト吉もチョコチョコ動きまわるようになり、とまり木にものれるようになる
DSC009571 (1)


ちょっと大人っぽくなってきた?


ときどきケージからだして飛ぶ練習をしてもらうけど、なかなかウマク飛べないですねぇ
DSC009575 (1)


それでも、日ごとに滞空時間が伸びてきてるハト吉


巣立ちのタイミングがわかりませんねぇ
DSC009621 (1)


まだ、小さくておこちゃま毛もあるし・・


また川に落ちても困るしねー


ハト吉、早く上手に飛べるようになってください
DSC009770 (1)




ソースが好き♪

26日(日曜日)のコト




当然のように暑くなりそうな日曜日


そんな日は、涼しいトコロに避難しましょー



ちょっと前に買った雑誌に北アルプス特集やってたり、


こないだ登った焼岳の絶景の余韻が残ってたり、


雪渓から白馬岳登った幸せそうなブログみちゃったりして、


チカゴロ頭のなかはアルプスモード


というコトで、白馬に吸い寄せられる


初心者でも日帰り可能なお山、唐松岳に挑戦デス



黒菱林道をクネクネ登って、リフトをふたつ乗り継いで、八方池山荘からスタート


八方池までは経験済みなのでお気楽にテクテク
DSC009632 (1)


なかなか調子よく八方池に到着
DSC009642 (1)


風が吹いてて気持ちよかったケド、かわりに池が波立ってて鏡にはならずザンネン


池には降りずに先へ
DSC009643 (1)


唐松岳方面へ行く道は、けっこうヒト多い


花の写真撮るフリして休憩
DSC009650 (1)


花に詳しくないのでアレだけど、いろんなの咲いてた
DSC009651 (1)


目に涼やかな扇雪渓
DSC009654 (1)


丸山までたどり着くとまわりの山が近~い
DSC009664 (1)


おなか空いたので早弁スル
DSC009667 (1)


稜線は近い
DSC009675 (1)


ここまで来ると、どっち向いてもキレイな景色♪


ちょっとだけ『怖えーよ!』なトコあったり
DSC009681 (1)


ほどなく、山荘見えた♪
DSC009685 (1)


いや~、シロウトには長い道のりでしたが、大幅に遅れるコト無くたどり着けてウレシイ


そして、山荘のある稜線に出ると絶景デス
DSC009686 (1)


ふだんみてる劔岳の後ろ姿デスネー


そして、唐松岳山荘はヒトいっぱいデス
DSC009691 (1)


この景色がみたかった、唐松岳てっぺんへつづく道・・サイコーです
DSC009692 (1)


そんなサイコーな景色を眺めながら昼ゴハン
DSC009697 (2)


今回は山荘まで行ければイイかなーと思ってたけど、思いのほか順調だったので、てっぺんまで行くコトに
DSC009714 (1)


スバラシイ♪


ニギヤカなてっぺんで居場所を探すのタイヘンだった


てっぺんからみえる山荘の姿もカッチョイイっす
DSC009717 (1)


白馬岳方面もまた美しい景色
DSC009720 (1)


たまりませんねぇ


ずっと眺めていたいですが、下山しないとなりません
DSC009723 (1)


下りは慎重に


リズムよく歩ければ良いのだけれど、そんなウマクはいきません


チョビっとの雪道は陽射しでグズグズになってるかと思ったら、意外と硬くて滑ってアセる
DSC009727 (1)


帰り道は八方池に降りてみる
DSC009734 (1)


第二ケルンまで降りてきた時、カメラをイジりながら歩いてたら、石につまずく・・


余裕で体勢を立て直せるハズだった・・


が~、前に出す足がさらに石に引っかかって、思いっきりズデ~ンとコケた


いやー、こんなミゴトにコケたのは覚えがない・・


ヒザをぶつけて超痛かったけど、めちゃ恥ずかしかったので、サクッと立ち上がってナニゴトも無かったように歩き出す


手に持ってたカメラは着地寸前で落としたけど奇跡的に無事でラッキー


あービックリした、


ヒザ痛てーよーとか、


下り坂じゃなくてヨカッタとか、


ガケじゃなくてヨカッタとか、


見られたのが後ろにいたじーちゃんだけでヨカッタとか


いろんなコト思いながら下界へと歩く


入道雲が夏らしい
DSC009740 (1)


入道雲をみながら、下山したら絶対ソフトクリームやな・・


いやいや、せっかくカロリー消費したんだし甘いモノはガマンするべし・・


なんて思ってたら、リフト乗り場の八方池山荘のトコで、ソフトクリーム食べてるヒトがいっぱい・・


あえなく撃沈・・
DSC009744 (1)


ココでソフトクリーム売るのはイイ作戦だ・・


お値段がリーズナブルなのがナイス


へんな形だけど・・


あとはリフトに乗って下りるだけ


軽くグッタリしながら片付けして、ガラガラになった駐車場をあとにする


この時間だと、閉まってるだろーなーと思いつつ、ベーコン定食のお店に行ったけどやっぱり閉まってた


というコトで、某御方と同じ流れで、とんかつ屋で晩ゴハン
DSC009750 (1)


なんとなく味噌カツ定食にしてしまった


美味しかったけど、やっぱノーマルにソースで食べればヨカッタな・・・


初めて山バッジを買ってみた
DSC009777 (1)


この先、バッジを集められるくらい山登りできるよーになるかな~?

プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター