2016年02月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

ファーストコンタクト

20日(土曜日)のコト



去年、ダイキチを亡くし悲しみにくれていた友人ですが、


四十九日後の散骨を済ませた直後に新しい家族を決めたとの朗報があった


8ヶ月の♂のゴールデンとのコト


ゴールデン飼いがラブを飼い、ゴールデンに戻った・・


そしてゴルパピーにメロメロな日々のもよう・・


そんな親バカから週末泊めろとメールきた


で、ゴルパピー襲来~
DSC0002365 (1)


む~ん、無条件にカワイイ・・


名前は『てんぱち』


ボスとの遭遇も無難にこなし、慣れない場所でも落ち着いてる
DSC0002373 (1)


ボスはゴルとは相性いいうえに、ブレのないヘタレなので深入りせずに微妙な距離で過ごしてる


平和だ・・
DSC0002385 (1)


てんぱち、これからもボス爺とイッパイ遊んでくれ
DSC0002388 (1)


じわじわ




お山へちょいちょい遊びに行くようになってソコソコ経つけれど、


装備品にはまだまだ足りないものがある


主要な装備の靴やリュックやウエアなどは違うモノも欲しいという思いはあるのだけれど、


不満はあってもとりあえず使えてるのでそのへんは後回し


欲しいモノは、カッパ、サングラス、トレッキングポール、アイゼン、てぶくろ、スコップ、コンパス、非常用グッズ、などなど


カッパは持ってないとダメでしょ!ってモノだけど・・


他のお遊びへの予算配分もあるし、ナカナカそろえられませんねぇ


大事なモノを差し置いて、この冬は大物をゲットしてしまったし・・


そんな資金難のなかでも定期的にガス抜きが必要なワケで・・


ささやかな物欲開放~
DSC0002389 (1)


座布団とブランケットを調達


激しくイマサラ感あるけれど・・


雪の上に座ってもオシリ冷たくならないのはウレシイ♪


この程度で精神安定に役立つなら安いモノだ・・


でも、チリも積もれば・・・


ほしい物リストの中身は増えるばかりだし


しかしアウトドアグッズは非常事態に役に立つモノばかりだから・・・


などと、自分に言い訳しつつ、次はナニを買うべきか思いを巡らす現実逃避の日々


おかわり

11日(木曜日)建国記念の日のコト




ダレがどー見てもイイ天気になるであろう休日


そんなこの時期の間違いなくイイ天気な休日は雪のお山に行かねばなりませんね


無難に医王山へ行こうかと思ったケド、人気のお山だけにタイヘンな混み具合になってる可能性大・・


なので、連チャンの猪臥山へ


とーぜんボスさんも一緒デス


現地に着くと駐車場には前回よりクルマ多し


雪降ったようでなかなかイイ感じ
DSC0002189 (1)


カラマツ林で見上げる空は青~い
DSC0002193 (1)


ボスがキラキラの目で見上げるのは・・
DSC0002198 (1)


青空の下、フカフカの雪の上をボスの後ろモモを見ながらただ歩いてるだけでニヤけてしまう
DSC0002206 (1)


林道終点の沢渡りポイントでビビるボスさん立ち往生・・
DSC0002212 (1)


しばらくオロオロした後、ひとりで帰ろうとするので背中の取っ手を掴んでヨッコイショ


飼い主のウキウキが伝わってるのか?本格的な登りになるとやたら張り切ってたボスさん
DSC0002218 (1)


御嶽山もスッキリ観えてる♪
DSC0002224 (1)


この日は新雪があったかわりに霧氷は付いてなかった


まぶしい~!
DSC0002228 (1)


前回と違うトレースで手前のピークは通らずトラバースしてた


もうすぐてっぺん
DSC0002242 (1)


古川側の斜面は風当たりが強いのでしょー、風紋がキレイだった
DSC0002246 (1)


てっぺん到着~
DSC0002250 (1)


いや~雲ひとつ無いサイコーの天気でした~


御嶽山スッキリ~
DSC0002252 (1)


穂高の山々もキレイ~
DSC0002253 (1)


乗鞍方面もバッチリ~
DSC0002255 (1)



その他モロモロ、360°全方位スバラシイ眺めでした


なかでも御嶽山のカッコ良さは、ボス耳も立つくらいたまらんですな!
DSC0002260 (1)


山頂の風はとても冷たかったケド、ずっと観ていたい景色♪
DSC0002264 (1)


ジックリ景色を堪能したら、昼ゴハン食べる場所を探しに少し下る
DSC0002267 (1)


フカフカ雪を進み祠にご挨拶
DSC0002269 (1)


踏み跡のないトコは雪が深すぎて苦戦してたボスさん
DSC0002277 (1)


誰も歩いてない斜面に立つあの木のしたで昼ゴハンにしよう
DSC0002291 (1)


水分の少ない雪は固まりにくく平地をつくるのに手間取った
DSC0002293 (1)


絶景を眺めながら、ボスさんに見つめられながら昼ゴハン
DSC0002297 (1)


眩しくてしょっぱい顔
DSC0002301 (1)


はっ!忘れてた~
DSC0002305 (1)


いまさらサングラス装着~
DSC0002308 (1)


青い空と白い雪にはサングラスが似合いますね
DSC0002310 (1)


飼い主もサングラス欲しい


しかし、こんなサングラス日和なのにボスさんはガマンできずに早々にサングラスお役御免に・・


で、昼ゴハンを済ませたら下山開始


ふかふかの斜面をパフパフ下る至福のひととき
DSC0002314 (1)


が、ボスさん疲れたのか重い腰があがらない・・


しかたなくオヤツをチラつかせる・・


ボスさん、オヤツ食べたとたんアッという間に飼い主を追い越してグイグイ下る~
DSC0002317 (1)


ぜんぜん疲れてないな・・オヤツ狙いの小芝居だったか・・・


絶景におわかれ~
DSC0002318 (1)


ボスの上の雪が落ちてこないかな~と、飼い主の悪意がにじみ出る写真・・
DSC0002328 (1)


満足感があふれてオデコからビーム発射しそうなボスさん
DSC0002342 (1)


そして無事下山
DSC0002344 (1)


やはり猪臥山からの景色はスバラシかった♪


ホドヨイ積雪でスノーシューも活躍したし♪


ボスさんもゴキゲンで付き合ってくれたし♪


大満足な1日でした



スグに家に帰るには早い時間だったので古川方面へでて、のんびり金沢へむかう


古川でずんだ餅を調達したら、なぜかトチモチ食べたくなり五箇山でトチモチゲット
DSC0002350 (1)


ダイエットできる気配はゼロですな・・

でなおし

7日(日曜日)のコト その2




猪臥山から下山したあとはボスさんを連れてこなかった後悔で頭いっぱい・・


ワープで帰宅するとササッとボスさん乗せて医王山へ


下界はそこそこイイ天気だったけど現地に着くと雲がたれこめて雪がチラチラ・・


準備の必要ないのでサクッと出動~
DSC0002143 (1)


下りてきたスキーのヒトに不信の目を向けられる・・


犬嫌いなのか、こんな時間に登っていくおバカをみる目なのか・・・


そんなコトはどーでも良くなるくらいボスさんはゴキゲンでサクサクと医王の里に
DSC0002149 (1)


さすがにこんな時間からお山をめざすワケもなく、医王の里のナントカ池をグルっとまわって戻ってくる計画


林道はクルマのワダチ&踏み跡でフツーに歩けるけど、雪はソコソコ積もってる


で、ナントカ池の先でスノーシュー装着~
DSC0002151 (1)


池の向こう側は意外と通行量が少ない雰囲気
DSC0002154 (1)


けっこうパフパフ♪
DSC0002157 (1)


やっぱ医王山の方が雪イッパイ降ってたのね・・
DSC0002164 (1)


ボスさんダーッシュ
DSC0002169 (1)


ボスさん、人間でゆーとアラ還だけど、ナカナカの走りっぷりですな
DSC0002171 (1)


ふかふかな雪、ボスさん地に足ついてるのか?
DSC0002176 (1)


雪にゴキゲンな顔・・と見せかけて、お腹すいてる顔・・
DSC0002177 (1)


雪がへばり付いて白くなってる杉林はふだんより明るく感じる
DSC0002178 (1)


踏み跡じゃないトコに侵入したらけっこう雪深くて苦戦した
DSC0002182 (1)


途中で合流した踏み跡が思ってた方へ向かってなかったので修正したかったのだけど、


ボスさん、ふかふか地獄で疲れたのか踏み跡たどってズンズン降りて行き林道に出ちゃった
DSC0002184 (1)


短い時間でもけっこう白玉だんご付いたねぇ
DSC0002186 (1)


1時間ホドで雪の医王の里ボス散歩終了~
DSC0002187 (1)


自己満足な1日でした~


やっぱ雪山はボスを道連れにするべきやなぁと実感


いぶし銀

7日(日曜日)のコト




ネット徘徊中に良さげなお山を発見したので飛騨地方へ行ってきました


金沢は曇の天気予報だったので、晴れ間と雪をを求めて・・というのもアリ


が、金沢からいい天気だったり・・


途中みえてた医王山が白くなってて良さげな雰囲気だったり・・
DSC0002065 (1)


飛騨方面に向かっていくと木についてる雪がなくなり、もしかして雪無いのか・・


などと、ココロ揺れながらの道中でした


目的地は猪臥山


初めてのトコなので念のためにボスさんは留守番デス


なのでチョットさびしい・・


現地に着くと駐車場にクルマ3台、準備してたらもう1台追加~


スタートしてしばらくは杉林&カラマツ林をテクテク


雪は多くないし、トレースしっかりついてるのでスノーシューは着けない


見上げるならやはりカラマツ林ですな
DSC0002068 (1)


林を抜けると、林道歩きに


林道は渓流沿いに続いてるので、気分良し♪


林道の終了地点で沢を渡り、杉林に入ってスグ尾根に取りついて本格的な登山道に
DSC0002073 (1)


ココからスノーシュー装着~
DSC0002075 (1)


ちょいちょい休みながらへえへえ登ったケド、想像してたより登りはキツくなかった


白兀山の方がキツイですな


途中のカンバン、山頂までの距離が空白になってるのが謎・・
DSC0002076 (1)


スタート時は雲が多かったケド、だんだん青空増えてきた
DSC0002078 (1)


登りが一段落したあたりの山頂まで500mのカンバンまでくると霧氷の世界に♪
DSC0002082 (1)


むふっ♪
DSC0002086 (1)


青空カモ~ン
DSC0002087 (1)


ムヒョーたまらん!
DSC0002093 (1)


青空にムヒョーがまぶしい!
DSC0002098 (1)


期待してなかったのでウレシイ
DSC0002099 (1)


ずっと眺めていたいケド、先があるので前進~
DSC0002102 (1)


アノ上がてっぺんかな~と思ってたら


まだ続きがあった
DSC0002103 (1)


でも、つづきがあるのがなんかウレシイ気持ち


ふりかえるとさっきの霧氷の林がまたウツクシイ
DSC0002104 (1)


山頂へのトレースがまたイイですなぁ
DSC0002108 (1)


ふたたび、祠のあるトコがてっぺんと見せかけて、も少し先が・・
DSC0002111 (1)


ついにホントのてっぺんへ
DSC0002112 (1)


ボス代理と
DSC0002114 (1)


登ってる時、遠くで2ストサウンドが響いてたので、こんな季節にキコリが木を切ってるのか?なんて思ってたら、


どーやらスノーモービルの1団の音だったみたい
DSC0002113 (1)


山頂からの眺めはスバラシイのだけれど、雲が多くて遠くの山々が観えなくてザンネン


北アルプスの山々がズラ~っと眺められるハズなのに・・


まあ、どれがどの山なのかほとんど知らないのだけれども・・・


大好きな御嶽山も山頂が隠れてる
DSC0002124 (1)


乗鞍も雲の中
DSC0002127 (1)


てっぺんは落ち着かなかったので、少し戻ったトコロで絶景を眺めながら昼ゴハン
DSC0002125 (1)


トムヤンクンヌードルがイブクロに染み渡ってる頃、ニギヤカな2ストサウンドが近づいてくる!


と、山頂にスノーモービルが登ってる~


おお、登れるのね・・


山頂にいなくてヨカッタ・・・


胃もココロも満たされて下山開始


霧氷はだいぶ落ちていて、雪面がサクサクになってた


少し下ると、雲に隠れてた御嶽山がホボ全開に観えた♪
DSC0002133 (1)


やっぱ御嶽山は迫力あってカッコよくて美しい


サクサク歩いて無事下山
DSC0002138 (1)


いや~、期待以上の満足感


ホドヨイ登りで、スバラシイ展望が得られるのは超得した気分かと


お気に入りのお山になりました


ボスさん連れてくれば良かったな・・


まだ時間あるので、ササッと帰ってボスさんを雪の中へ連れだそう・・


と、寄り道せずに帰路につく・・


お、ひとつ寄り道した


途中のキャンプ場?近くの川べりにあった氷のオブジェ?
DSC0002140 (1)


役不足

31日(日曜日)のコト




スノーシューを買ったからには、早く履いて歩いてみたい・・


で、毎度ビミョーな天気予報の金沢を脱出して乗鞍高原へ


現地は期待したほど雪は多くなかったけど、キリリと冷えててボスには適温♪


雪の乗鞍高原ボス散歩(氷爆めぐり&スノーシュー慣らし運転)スタ~ト
DSC0001914 (1)


最初は雪のないトコや階段を歩くのでスノーシューは担いでチェーンアイゼン装着でゆく


しっかりトレースついてるウエに雪が凍ってるのでスノーシュー無しでもフツーに歩ける
DSC0001920 (1)


ボスさん、珍しく野生動物の足跡を嗅いでいる
DSC0001926 (1)


下り道を慎重に歩いて川へ下りていくと、


橋の上でそろそろサングラス装着時間の限界に近づいてきたボスさん
DSC0001932 (1)


善五郎の滝に到着~
DSC0001934 (1)


氷瀑の仕上がりはイマイチですな・・
DSC0001936 (1)


泥水でも流れ込んだのか、色が汚くてチョット残念・・


川からあがって、次は牛留池をめざす


初スノーシュー装着~
DSC0001947 (1)


雪が硬いので、歩くとカシャカシャと音がする


雪は少ないケド、景色はバッチリ♪
DSC0001950 (1)


陽があたってキラキラしてた樹の枝は雪ではなくて、氷に覆われてた
DSC0001953 (1)


牛留池に到着~
DSC0001956 (1)


初めて池の氷にのった


やや氷がゆるいトコがあったりして軽くビビる・・


乗鞍岳に雲がかかってて拝めなかったのがザンネン


ねじねじの木
DSC0001963 (1)


乗鞍岳の雲が晴れないかなぁ~としばらく牛留池でゆっくりしていこうと思ってたら、


おばさま達の団体さんが現れてとってもニギヤカにおしゃべりしてたのでササッと退散するコトに


しばらく針葉樹の森のなかをサクサク歩く
DSC0001964 (1)


股間・・
DSC0001968 (1)


シラビソの樹の樹皮がぷっくり膨らんだトコロに爪を立てて押すと中からネットリとした樹液が出てくる・・


っていうのをネットで小耳にはさんだのでプチッと試してみる
DSC0001973 (1)


出た~♪


見た目はトロリとして水飴みたいだけど、ニオイはキョーレツでいわゆる松ヤニですな


舐めたら間違いなくタイヘンなコトになるでしょー


スノーシュー初心者は橋の上は緊張する
DSC0001979 (1)


スキー場に出た
DSC0001989 (1)


陽射しが眩しい


タイミングをはかりながらゲレンデを横断して三本滝レストハウスへ
DSC0001993 (1)


若いおねいさんにボスをなでてもらって飼い主はゴキゲン


少し休憩してから、レストハウスの裏手から川へ下りて吊り橋を渡り三本滝へ


三本滝の右の滝
DSC0001997 (1)


三本滝は初めてきたけど、やっぱ仕上がりはイマイチっぽい


真ん中と左の滝
DSC0002001 (1)


来た道を戻り、レストハウスを通過して牛留池へ向かう


ドキドキの橋
DSC0002013 (1)


標高の高いトコでよく見かける木にぶら下がってるコケ?が好き
DSC0002017 (1)


たぶん孫市平という湿原
DSC0002022 (1)


少し寄り道して『東大ヒュッテ』を拝んでいくコトにする


踏み跡がないケドずんずん進む
DSC0002025 (1)


と、東大ヒュッテに到着~勝手に入ろうとするボスさん
DSC0002032 (1)


さすが東大の山小屋は立派で素晴らしいロケーションに建ってますな


スノーシューの浮力が活躍する場面はあんまりなかったケド、グリップりょくは下り坂で十分活躍してくれた
DSC0002037 (1)


牛留池に戻ってきた
DSC0002039 (1)


乗鞍岳はさらに隠れてまっ白け~


もしかして天気崩れるのかな~と思いつつ一の瀬園地方面へ下る


途中、軽くストライキするボスさんをなだめつつ、あざみ池までおりてきた
DSC0002048 (1)


ココは完全には氷結してないので池には入れません



謎の黄色い実?と、凍った雫
DSC0002051 (1)


車道にでた
DSC0002054 (1)


このへんは地元のワンコが散歩するのか、ボスさんがニホイとりに一生懸命でナカナカ進まず


が、ほどなくして雪のない道になったのでスノーシュー散歩は終了
DSC0002057 (1)


チェーンアイゼンを再装着して駐車場へ戻る
DSC0002059 (1)


あたりの空はすっかりまっ白けになり雪がチラチラ降ってきた


せっかくなので温泉に入っていくべきなんだろーけど、駐車場のイッパイ具合に即断念する


そしてぴゅ~っと帰路につく


晩ゴハンはいつものホルモン定食ではなく、高山の焼きそば屋で食べていくコトに


時期的に空いてるのかと思いきやけっこう混んでてしばらく席が空くのを待つハメに


座った席はオドロキのストーブとのクリアランスゼロ!
DSC0002062 (1)


餃子をパクついてると、中華な一団が入店・・


アチラの人達のお口にあうのかな?日本のヤキソバ・・


肉が品切れということで、イカ玉焼きそば
DSC0002063 (1)


フツーの焼きそばだけど、それが美味しい



なんだか中途半端な初スノーシュー体験だったけど、けっこう満足


強力なトラクションと装着してもあまり気にならない重さにはフンパツしたかいがあったかなぁ


この先の活躍に期待スル!

ダイブ

27日(水曜日)のコト




長い間モンモンとしていたスノーシュー問題・・


買う!ってコトはずっと前に決めてたのだけれど


メーカーとかモデルとかサイズとか悩みドコロはいろいろあるわけで・・


さらに、おもいっきりの暖冬で雪ぜんぜん無いコトで決心も揺らいだりして・・


しか~し、ついに清水の舞台から飛び降りポチリッ♪


で、サイズのわりにはミョーに軽い箱が届く
DSC0001893 (1)


中身入ってんの?ってな感じ


貧乏人は価格と重量が比例してないと不安になる・・・?


まあ、軽いことがコレの価値なんですけどね


開梱を妨害するボスさん
DSC0001900 (1)

ザンネンだけどウマウマは入ってないのですよー


買っちゃった~イッチャンいいヤツ!
DSC0001907 (1)


大丈夫なのかな~


清水の舞台から飛び降りたら着地地点に深い穴があいていて奈落の底まで真っ逆さま~みたいな・・・


近年記憶にないくらい高額なおもちゃゲットですな


中途半端にお手頃なのを買っても、結局イチバンいいヤツが欲しくなりそうだしフンパツしたった


最後まで悩んでたのはサイズ


22インチするか25インチにするか・・


値段が同じってトコも悩ましい


体重的には間違いなく25インチだけど、実物をみるととてもデカ~イ


今までカンジキで歩いてたトコを思い浮かべると、25インチの長さは持て余しそう


浮力に関しては22インチでもカンジキよりかなり大きそうだし、


さらに後でテイル追加もできるし・・高いケド・・・


問題は値段なりの活躍してくれるかってコトですねぇ
DSC0001911 (1)


とりあえず、お山には雪降っといてください


あと、スノーシュー買ったせいで、遠征費削減にならないコトを願いつつ・・



星へ

1月のコト




2016年新年早々、海の向こうから届いた訃報に衝撃を受けたヒトは多いと思いますが・・・


デヴィッド・ボウイさん・・亡くなりましたねぇ


とくべつファンだったワケじゃないですが・・オドロキのデキゴトでした


69歳の誕生日にニュー・アルバム発売~なんて話題を小耳に挟んで、


おお、まだ現役で活躍してるのね♪とか思ってた直後の悲しいお知らせ・・


宇宙人だから死なないと思ってたのに・・


地球に落ちてきた男は星へ帰ったというコトか・・


な~んて、シンミリとしてたら、思わずポチリ・・
DSC0001783 (1)


最後の作品となった★ではなく、ベストアルバムを買っちゃうトコロがアレですな・・


BlackstarのPVコワイし・・



プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
犬図鑑
猫図鑑
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター