2016年03月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

鉄道もいいわ♪

20日(日曜日)春分の日のコト その2




レンガの発電所を見物したあと、川沿いに走ってるといつの間にか川の流れが逆になってる・・


あり?


ソコソコの川幅あったので長良川だとばかり思ってたら、支流の板取川を遡ってた


さいわい、スグ橋があったので長良川沿いに戻れた


清流といわれる長良川でも流れる水の色はイマヒトツ・・


でも支流の板取川の水のスケスケ具合はスバラシかった


ほどなく美濃橋に
DSC0002784 (1)

大正5年竣工の日本最古の吊り橋だそうですが、思いのほかシッカリしてるので古さをあまり感じないですな


昔はこんな橋がいっぱい架かってたんでしょーね


やはりこのあたりは橋から飛び込むヒトが多い土地柄なのだろーか・・
DSC0002787 (1)


吊り橋を渡るとソコはもう美濃の街


今回のツーリングのゴールとした街


うだつの上がらないオトコがうだつの上がってる街を拝んでおく計画デス


カワイイ柴ちゃん、爪長~い
DSC0002790 (1)


貫禄の黒ラブちんと戯れる
DSC0002792 (1)


コチラの方は撫でさせてくれたけど、カメラは苦手なのかアッチむかれた
DSC0002793 (1)


うだつの町並デス
DSC0002796 (2)

ナカナカいいあんばいの雰囲気デス


こんなトコロに神棚?
DSC0002797 (1)

サカキ替えるのタイヘンやな・・


酒屋の屋根は他のとはひと味違う
DSC0002804 (1)

ぎゅ~んと湾曲してるのは富の証かな?


脇道に入るとちょっと趣きの違う長屋もアリ
DSC0002805 (2)


さらに徘徊すると道に迷って細い路地に入り込んだり
DSC0002806 (1)


個性的な招き猫がいくつか
DSC0002798 (1)

DSC0002813 (1)

DSC0002801 (1)

あとで知ったのだけれど、この招き猫は『うだつ招き猫』というらしく、


四神相応にあやかって、玄武、白虎、青竜、朱雀が彫りこまれてて街の四隅に置いてあるんだとか


む~ん、失敗・・3体しかゲットできてなくコンプリートならず・・


旧名鉄美濃駅も見物しとく
DSC0002808 (1)


長良川花見自転車ツーリング(下り)のシメは晩ゴハンのウナギです
DSC0002817 (1)

やっぱうな丼は間違いないですな


しかしタレたっぷりだったので、ゴハンが倍くらいあってもヨカッタな・・


楽チンルートとはいえ、オシリの痛さは尋常じゃなく、頑張った自分へのご褒美というコトでフンパツ~


シリの痛みがしまなみ海道の思い出を呼び起こすわ・・・


で、ホントのゴールの美濃市駅~
DSC0002819 (1)


しみじみとしたホーム
DSC0002821 (1)


1両だけのカワイイ気動車デス
DSC0002829 (1)


ホームで待ってたのは自分以外にひとりだけだったので、油断してたら車内はナカナカの混み具合・・


どっかの高校の弓道部でイッパイ


折りたたんだ自転車を持ってるため居場所は限られる


運よく自転車を横に置けて座れた席のまわりは女子弓道部員ばかり・・・


むむむ・・と、オジサンは視線のおきどころにコマッタのでした・・


美濃市駅で買った切符は手書きで予想外のスタイルでした
DSC0002834 (1)

そして乗り込むときには整理券をとるワンマンカー


なんか新鮮♪


車窓からの景色を楽しみたいトコだけど、外はスッカリ真っ暗けでなんも見えない・・


一番前に立って運転手目線で前方の景色にはしゃぐのもアレだし・・・


なので、おとなしく座り、思いのほか大きい車体の揺れと線路の繋ぎ目のゴトゴト音を楽しむ


で、終点の北濃駅に降り立ったのは自分ひとりだけだった
DSC0002836 (1)


ちょっと帰りは遅くなって、おまたせボスさん
DSC0002840 (1)

糖分と塩分が互いに打ち消し合ってくれないかな~と思う今日このごろ・・



去年の秋頃、シリの皮を鍛えるべくチョロっと自転車通勤したコトなんてなんの足しにもなってない


やっぱり続けてないとダメですな


いつか1日じゅう自転車漕いでてもシリが痛くならない日はくるのだろーか



チャリ初乗り

20日(日曜日)春分の日のコト





自転車にサイコン装着したら乗りたくなるのは当然のなりゆき・・


でも、その辺をチョロチョロ走り回ってもツマラナイ・・・


かといって、遠くまで漕ぎまくる脚力は無~い


と、ゆーことで、じわりと温め中だった計画を実行するコトに


長良川に沿って上流から下流へ向かう自転車ツーリング


脚力の無いモノが楽しく自転車走らせるには高いトコロから低いトコロへ行くのがイチバンお手軽♪


下ったら長良川鉄道に乗ってスタート地点に戻ってくるという道楽ツーリングです


ホントは桜の季節に『長良川花見自転車ツーリング&長良川鉄道の車窓から作戦』を決行するつもりだった


で、スタート地点の長良川鉄道の終着駅、北濃駅へ
DSC0002718 (1)


たまにバイクで走ってて横目でチラリと見ることはあっても駅に来たのは初めてですな


近くで見るとヒナビタ感タップリ・・


終着駅なので、線路の先はフェードアウトしてます・・
DSC0002721 (1)


蒸気機関車時代の遺産、転車台が保存?されてます
DSC0002724 (1)


人力で回すのはタイヘンだったろーなぁ


北濃駅をスタートしてスグ、長滝白山神社に寄り道
DSC0002730 (1)


だ~れもいないケド、なんだか立派でステキな社殿デス


拝殿もふだん見ない感じ
DSC0002731 (1)


昔の名残で同じ境内に神社とお寺が存在する不思議な雰囲気



国道は交通量が多いのでなるべく走りたくない


川にそって道があれば良いのだけれど、そーはウマクいかない・・


フラフラと迷走しながら下流へ向かう


白鳥の小学校の壁画でパチリ
DSC0002737 (1)


大和あたりでイモムシトラックに遭遇
DSC0002741 (1)


どのあたりを走ってるのかわからなくなり、寄り道するハズの郡上八幡の街が川の向こうに・・
DSC0002742 (1)


下流の橋はけっこう離れてそうなので、しかたなく戻って上流の橋を渡って郡上の街へ


戻る時はゆるい登りと向かい風が・・


街中へ侵入すると中途半端な季節だと思うけど、けっこうヒトがイッパイ


なにげに入り込んだトコが宗祇水への道だったので寄っていこうかと思ったケド、


なんだか中華の人達であふれてたのでやめといた・・
DSC0002743 (1)


この酒屋の杉玉みたいな南天の玉はなんでしょ?鳥のエサか?
DSC0002744 (1)


内部も南天の実が詰まってるのか~?


食事処をリサーチしてなかったので、旧庁舎記念館で昼ゴハンのケイちゃん定食と醤油フランクを食す
DSC0002746 (1)

フツーにおいしかったけど、席が少ないのと、とても待たされたのがNG・・


飛び込んでるヒトはいない
DSC0002748 (1)


郡上八幡駅はもっとフツウかと思ってたら、やっぱりレトロ駅なのね・・
DSC0002749 (1)


これは長良川鉄道の戦略なのか?リニューアル資金がないだけなのか?


川をチラチラ眺めながら漕いでたら、ロードの3人組にサクッと抜かれドキッとする・・


自転車は音もなく背後に迫ってくるので急に現れてビビるわ


あんまり意識したことなかったケド、高速道路が長良川を横切るトコロがけっこう多い
DSC0002752 (1)


高速道路もクネッてるけど、長良川がかなりクネッてるのですねぇ


杉林の日陰が心地よい
DSC0002754 (1)


チャプチャプしてるのが楽しそうだけど、まだ水遊びがウラヤマシイ季節ではない
DSC0002756 (1)


路上にいたおサルの一団が高架の線路へ逃げってた
DSC0002761 (1)

ミカン食うとる・・ドコから持ってきた?ミカンの木があるの?


洲原神社に寄り道
DSC0002768 (1)

なんかお寺の入り口みたい


杉の巨樹が並んでてステキ
DSC0002767 (1)


社殿もステキです
DSC0002771 (1)


檜皮葺の屋根も味わい深いですな


門のスグ下には長良川がとうとうと流れている不思議な感じもイイ♪
DSC0002772 (1)



モクレンの花が全開~
DSC0002774 (1)


畑の菜の花も全開~
DSC0002777 (1)


レンガ造りの発電所
DSC0002782 (1)


なんかもっと寄り道したいトコあったような気がするけどゴールは近い


自転車はバイクやクルマ以上にナビが欲しいかも!


なんといっても下りながら道間違えた時、戻るのがシンドイ!


そろそろスマホ導入かな~


イマサラ感てんこ盛りだけど・・・


なんてコト思いつつ、つづく~


一本釣り




ネットの海をちゃぷちゃぷ回遊してると~


眼の前に魅惑的なエサがヒラリと・・


はうっ!


と、思わずパクリッ!(ポチリッ!)


まんまと釣られてしまいました・・・
DSC0002691 (1)


スバルさん、やってくれるわ・・・


わが愛車ハンテン号にピッタシな色合いだし~
DSC0002712 (1)


サイコンは安い有線タイプにしようと決めてたのに・・
DSC0002693 (1)


ムフフ・・・
DSC0002707 (1)


折りたたみ自転車はサイコン本体とセンサー間の距離が長くなるのでチョット心配だったりするケド・・


同時発売のライトも気になるけど、コレはガマンして狙ってたヤツをポチリ♪
DSC0002704 (1)


ついでに携帯ツールも


ツールはちゃんとリサーチせずに買ったので使いモノになるかは不明・・
DSC0002716 (1)


ハンテン号に装着~
DSC0002709 (1)


ホイールを手で回してみた限りではセンサーの距離は問題無さそう


あとはハンテン号の出動の機会を待つだけ~




西へ再び

13日(日曜日)のコト




前回、へんな時間に行ったため不完全燃焼な訪問となった薪ストーブ屋さんへ再び


オレンジX の買い増しを画策するもサスガに売り切れ・・


薪ストーブもポツポツついてる売約済みの札に羨ましく思いつつジックリ眺めてきた


まだワンコグッズはイッパイあった


今回はハーネスとリードをゲット♪


お買い物後はお決まりのカツ丼屋へ行ったものの、ちょうど中休みタイムだった・・


しかたなくプランBのお店へ
DSC0002648 (1)


シッカリお腹を空かせたウエに予め胃薬飲んでから臨んだものの、逆にお腹空き過ぎててカツ丼大盛りはヤバかった・・


やはり無理はできないオトシゴロ・・・


美味しいのだけど、やっぱアッチのお店のがイイですな


食後はカツ丼屋横にいたメガネ犬と触れあう
DSC0002650 (1)


カワイイ♪・・・が、かなり退屈してたのか近寄るとハチャハチャしまくりでナデナデもできん・・


帰り道、木場潟ドッグランに寄り道
DSC0002656 (1)


ランが見えてから柵のそばまで行くのに果てしなく長~い時間かかった・・


ユッコ画伯作のロッティ弁慶とパチリ
DSC0002657 (1)


逃げるようにランをあとにして、木場潟湖畔を散策
DSC0002659 (1)


水辺は苦手なハズなのに、桟橋的なトコロへは行きたがるボスの謎・・
DSC0002663 (1)


時期なので梅の花を愛でておく
DSC0002664 (1)


同じ樹なのに違う色の花が咲いてるのが謎
DSC0002669 (1)


そんなに好みではなかったのに、つい流れで買ってきてしまった水ようかん・・
DSC0002677 (1)


なごり雪遊び

12日(土曜日)のコト



雪山でボスと遊べるのもあとわずかになってきた感のする今日このごろ・・


近場の雪遊びスポットとしては最後の砦となるであろう利賀村へ行ってきました


集落のあたりではやっぱり雪が少ない雰囲気・・


目的地のスキー場に近づいても道路脇にできる雪壁が無くものたりない景色・・


いちおうスキー場は雪で覆われてたのでひと安心
DSC0002549 (1)


でも、雲が多くてどんよりした空がザンネン・・


予報では午後からイイ天気になるハズだけど・・


駐車場にとまってるクルマの数が少なかったので、ボスは放牧
DSC0002551 (1)


あいかわらずペース配分わかってないので、はじめからドカドカと走り回るボス


ナニかの気配を感じたのか林の中に入っていく
DSC0002561 (1)


最初の急斜面を登ってホッと一息
DSC0002564 (1)


全体に雪はシマってて歩きやすい


この日はカンジキを背負ってきたけど使わずにすみそうな雪の状態


ボスさんもリードついてないのでゴキゲン♪
DSC0002565 (1)


飼い主に付かず離れずで、アッチ行ったりコッチ行ったりニホイとりに忙しいようす


一本目のリフトの終点に到着~
DSC0002571 (1)


ココでちょいと休憩してエネルギー補給を
DSC0002573 (1)


使われない設備はどんどん壊れていきますねぇ
DSC0002575 (1)


イチバン傾斜のキツイと思われるゲレンデは雪が少なくて地面がでてた
DSC0002572 (1)


いつもとは違う杉林をはさんだ右側の斜面を登っていく
DSC0002579 (1)


やっぱ青空がでると気分イイですなー
DSC0002592 (1)


難所を越えててっぺんは近い
DSC0002598 (1)


置き去りにした飼い主を上から見下ろしてご満悦なヤツ
DSC0002603 (1)


かろうじてウッスラと御嶽山みえたのがウレシイ♪
DSC0002605 (1)


少しとろけてカタチが曖昧になってたけど、霧氷が見れたのもウレシイ♪
DSC0002608 (1)


しかしてっぺんの東側はガスに覆われてて展望ナシ


そして、金剛堂山方面もガスが流れてきてまっ白けに


利賀方面は眺め良し
DSC0002611 (1)


風が冷たくジッとしてると寒いのでリフトの管理室?を使わせてもらって昼ゴハン
DSC0002613 (1)


ガスが晴れないかな-としばらく粘ってみたものの、好転する気配が無かったので下山する


登ってきたゲレンデを下らずに尾根筋に造られてるゲレンデを降りていく
DSC0002616 (1)


尾根をゆくのは気持ちイイですな
DSC0002625 (1)


ズドドドド~と駆け下りるボス
DSC0002627 (1)


チョットうらやましいケド、頼むからケガしないでね・・


ふりかえると山頂はガスの中・・
DSC0002636 (1)


天気予報に騙された・・・ま、お山の天気は違うのだろうけど・・・


半分ぐらい下りてきたトコロで、グズグズの雪にゴボリ率が高くなってきたのでカンジキ装着
DSC0002642 (1)


ゴール近づいてきたトコロで前方にケモノあらわる


キツネですな


超奇跡的にキツネがコチラに気づく前にボスがキツネをロックオン!
DSC0002643 (2)



しかし、ボスさんジワジワ前に進むだけで追いかける気配はゼロ・・


バーニーズには獲物を追いかける遺伝子は組み込まれてないのでしょーね・・


けっきょくキツネはコチラに気付いて林の中に消えていった


キツネを見送ったボスはナニを思ったのか飼い主のもとに駆け寄ってきてオヤツを要求・・


なんで? 


キツネに逃げられたのは飼い主のせいだ、どーしてくれる?的に慰謝料請求か?


それとも深追いしなかったのはエライでしょ、ご褒美よこせーってコトか?



ほどなくしてゴール到着で無事下山
DSC0002646 (1)


遅いスタートだったけど、歩きやすい雪質で良いペースで登れたのはヨカッタ


ボスもリード付いてなかったせいか、ストライキもなく最後までゴキゲン持続してたし♪


天気はザンネン


ココはもうしばらく雪遊びできそうだけど今回がラストかな~


タイミングよく新雪積もったらまた来たいケド



そろそろ、釣り&自転車&バイクの方へシフトしていかないと・・


でも、ボスとの時間もアレだしなぁ・・・と葛藤する季節になりました


春ですねぇ


奥へ

28日(日曜日)のコト



週末に近づくに連れ天気予報がじわじわ変わり、けっきょくとってもイイ天気になった日曜日


少し遠出するコトをたくらんでいたケド、やっぱりねの朝寝坊で行き先は近場の医王山になった・・


見上峠に着くと、まだ駐車スペースに余裕あったけど、次々とクルマやってきたので、スグに満車になったでしょーな


雪の医王山ボス散歩スタート
DSC0002414 (1)


雪は少なく、スタート地点の林道はアスファルトが見えてます


アスファルトのトコは凍っててキケンなので、雪のトコを歩きます


しばらく歩くと噂に聞いてた名物おばあちゃんに遭遇
DSC0002415 (1)


ゆっくりだけどしっかりした足取り・・


てっぺんまでいくのかなぁ・・スゴイわ・・・


なんでこーなっちゃたの?なカーブミラー
DSC0002419 (1)


西尾平に到着~
DSC0002426 (1)


林道歩きは趣きにかけるので登山道に入りたいトコだけど、


今回は奥医王に挑戦したいので体力温存のため林道を進む


陽射しが強く暑い・・


で、しがらくびからは登山道へ
DSC0002430 (1)


さしだした雪を食うボス
DSC0002436 (1)


白兀山へのキツイ登りを終えてホッとする
DSC0002440 (1)


天気はイイけど霞んでるのがザンネン


白兀山へもう少し
DSC0002451 (1)


白兀山てっぺん到着~
DSC0002457 (1)


やっぱ雪少ないですな~


思ったよりヒトも少なかった


金沢の街を眺める
DSC0002462 (1)


白兀山からの景色を堪能したら、その先へ
DSC0002467 (1)


軽くエネルギー補給
DSC0002469 (1)


ずっとスノーシューを担いできたけど、白兀山の先は踏み抜いた跡がポツポツあったので、ここらでスノーシュー装着
DSC0002470 (1)


夕霧峠とスキー場が見えてきた
DSC0002481 (1)


ウサギと誰かの交差点
DSC0002484 (1)


夕霧峠でスキー場を眺める
DSC0002489 (1)


イチバン上のリフトはなぜか動いてない


夕霧峠から奥医王へむかう登りがけっこうキツイ


4つ足駆動のボスはガシガシ登って余裕こいてる・・
DSC0002497 (1)

あんまりはしっこへいかないで・・


キツイとこを登り切るとイイ眺め~
DSC0002503 (1)


霞んでなかったら立山連峰観えるだろーな・・


誰も歩いてない雪の上をボスを放牧して歩きまわりたいけどそんな余裕は無く先に進む
DSC0002508 (1)


てっぺんドコかな~まだかな~な心境の時
DSC0002510 (1)


うぃ~、やっと着いた~
DSC0002511 (1)


初めての奥医王山到着~
DSC0002515 (1)


む~ん、地味にウレシイ♪


けっこう遠かった・・


誰もいないてっぺんをしばらくウロウロしてみる


いまひとつ展望は無いですな・・


手取川流域方面が観えるけど、景色を楽しむならやっぱ白兀山なんですね


で、昼ゴハン
DSC0002517 (1)


と、スキーのヒトがひとり登ってきた


イオックスアローザのゴンドラ下りたトコから登ってきたとのこと


しばしお話して近隣のお山の情報をいただく


スキー場の動いてなかったリフトの斜面はスキーで登ってきたヒトの帰りのお楽しみコースらしい


もしかして自力で登ったヒトへのご褒美としてリフト動かしてないのかな?


スキーのヒトを残してお先に下山開始
DSC0002521 (1)


夕霧峠への下りがコワイ・・ボスの容赦の無い全力のひっぱりがヤバイ・・


チョットずつ慎重に下って無事夕霧峠に
DSC0002526 (1)


帰りは白兀山に登り返すチカラ残ってないので林道を歩いてゆく・・


谷みつめ ボスなに思う ベロ出したまま・・
DSC0002527 (1)


トレースが林道の上を通ってるのかアヤシイところ
DSC0002532 (1)


ロールケーキの出来はイマヒトツ
DSC0002534 (1)


モモのつけ根が痛くなったので、西尾平で休憩していく
DSC0002537 (1)


林道脇の木の枝が折れてるのはクマの仕業か?
DSC0002539 (1)


朝よりも雪解けが進んでスノーシューで歩けるトコがわずかっ
DSC0002541 (1)


スノーシュー外せばいいんだけど、も少しねばる


で、医王の里の池のトコロで完全に雪道が途切れたのであきらめてスノーシューを脱ぐ
DSC0002542 (1)


無事下山
DSC0002544 (1)


いや~タップリ歩いた・・


で、遅いので駐車スペースには自分以外に2台しか残ってなかった


初奥医王山は満足度高くウレシかったけど、もう次は無いかな・・・


白兀山までにして、あとは周辺をウロウロ寄り道してフカ雪を楽しむのがイイですな


雪の上歩いてたのにボスのソックスが黒くなるのを見ると春の訪れを感じますな・・
DSC0002545 (1)




コスパは・・

27日(土曜日)のコト





予想外にイイ天気になって、どっかのお山に行きたい気分の土曜日でしたが、所要のため能登の実家へ


用事をササッと済ませ、昼ゴハンを食べたら金沢へとんぼ返り~


で、金沢からそのまま北陸道で西へ走る


北陸のワンコ事情&天気の悪さの伝道師?である某パパさんのありがた~い情報をもとにとある薪ストーブ屋さんへ


わんこグッズがアリエナ~イ価格で処分中なのですね~


現地に着くとちょうど営業終了時間・・・


しかし、お店の方は、まだダイジョウブですよとあたたかいお言葉♪


店内はあたたかいどころか薪ストーブでアツアツ


なかなかお目にかかれない大型犬グッズがイッパイでジックリみていたいけど、時間が気になってオロオロ・・


薪ストーブ関係も気になったけど、そっちはあきらめた


ねらってたフルッタのカッパはボスサイズが無くてザンネン


いっそ、ALPHAICONいっちゃおうかとか思ったケド、


飼い主もまだカッパ持ってないのに、飼い主用に狙ってるのより高いカッパを買うのはどうなのか・・と、踏みとどまる


けっきょく、50%オフのモンベルのショルダーバッグと超特価のオレンジXをゲット


オレンジX はあんまり安かったので、思わず買い占めの言葉が頭をよぎったけど、3本でガマンしとく


お買い物の後は、近くのソースカツ丼屋で早めの晩ゴハン
DSC0002401 (1)


定番のカツ丼大を食べきる胃袋のコンディションではなかったので、ロースカツ丼にしといた


満腹の帰り道、この時期の福井の名物?水ようかんをゲット


あとはのんびり金沢へ


戦利品
DSC0002402 (1)

あと2本買っとけば良かったかな・・


福井でいちばん柔らかい水ようかんらしい
DSC0002412 (1)


たしかにチュルチュル~ アッという間にイブクロへ


おいしかったけど、チョット薄め過ぎな感が・・


もっとアズキの味がガッツリしてたほうが好きですな


プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
犬図鑑
猫図鑑
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター