2016年04月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

長良川ふたたび

9日(土曜日)のコト




かねてからのたくらみ通り、『長良川花見自転車ツーリング&長良川鉄道の車窓から作戦』を決行~


下見ツーリングの時と同じように北濃駅がスタート地点
DSC0003257 (1)


天気はサイコー♪


タイミング的に遅れた感あったのでサクラの開花状況が心配だった


予定では、スタート地点でツボミだったサクラが下流へ行くに連れてだんだん花が開いて、


郡上八幡あたりでキレイに満開になり、美濃あたりまで来ると散り始めるという都合のいいシナリオ・・・


そんなウマイ事いくわけもなく、北濃駅のサクラはすでに咲いていた
DSC0003258 (1)


少し下流の道の駅のサクラは種類が違うようでまだ咲き始めな感じ
DSC0003259 (1)


咲き始めのサクラと長良川の流れと釣り人の行動を眺めつつ道の駅で調達した朝ゴハン食べる
DSC0003260 (1)


エネルギー補給後、下流へ向かってチョーシ良く漕いでると、視界の隅っこにチラリと見えたモノが気になり∪タ~ン


道路の端に落ちてたのは小鳥の死体デス・・
DSC0003262 (1)

ウグイスかな? お気の毒・・クルマとぶつかったんでしょーな・・


スコップ持ってないので埋葬はできないけど、路上に放置はできないので近くのサクラの木の根元に置いた


気を取り直して漕ぎ漕ぎ・・


吊り橋を渡るとサクラの木がある風景
DSC0003264 (1)


神社のサクラがステキだったのでパチリ
DSC0003266 (1)


菜の花もイイあんばいだったのでパチリ
DSC0003267 (1)


白鳥の街の中で目を引く古い建物は酒屋さん
DSC0003269 (1)


ぶら下がってる杉玉がふだん見かけるのより小さい
DSC0003271 (1)


もうツバメの季節だった


バイクだと素通りしちゃうけど、自転車だったら足を止めねばならない大中小
DSC0003272 (1)


前回の長良川は雪解け水の影響で濁り入ってたけど、この日はまあまあのスケスケ具合
DSC0003273 (1)


サクラと長良川の流れを一緒に撮りたいのだけれどぜんぜん良いトコロが見つからない
DSC0003274 (1)


枝垂れてるサクラも
DSC0003278 (1)


期待してた郡上大和駅のサクラはもうだいぶ散っていた
DSC0003283 (1)


ちょうど電車はいってきた
DSC0003289 (1)


大和駅を出てから国道を横切って少し山の方へ漕いで道の駅へ


チョット早めの昼ゴハン
DSC0003292 (1)

なんか時期的に?な感じだけど、美味しかった鮎飯&鮎塩焼き


昼ゴハンで元気でたので、少しガンバって長良川の支流をさかのぼる


行き先は明建神社
DSC0003299 (1)


境内はとくべつアレですが・・


ココのウリは参道のサクラ並木ですな
DSC0003303 (1)

ピークは過ぎてたけど・・


自分的には杉の巨木の方がココロ惹かれる
DSC0003293 (1)


支流の土手沿いのサクラのほうがキレイだったかなー
DSC0003305 (1)


長良川の河原に下りてみたら遠くに雪山が観えた♪
DSC0003310 (1)


いもむしトラックとサクラ
DSC0003312 (1)


下見したおかげでなんとなくココロに余裕アリ


道間違えること無く順調~


もうすぐ郡上八幡の街へ


というトコロで、つづく


花見2





朝起きてリビングに降りて、フト足もとを見るとドコかで見たコトある物体が転がってた・・
DSC0003231 (1)


はて?なんだったっけ?と、寝ぼけた脳ミソでしばし記憶をたぐる・・


おお~、コリはライチョウさんの目ん玉やんけ~


ボスさん、むごいよ・・・
DSC0003233 (1)


小ボスの鼻をもいで以来の破壊活動か・・


まあ、めったにしない破壊活動だし、この程度ならカワイイモノですが・・


とりあえずボスさんが飲み込まなくてヨカッタわ・・


そんなコトで始まった日も自転車通勤を
DSC0003237 (1)

サクラは満開を過ぎチラチラ散り始めてた


そしてこの日も夜桜見物へ
DSC0003242 (1)


今度は金沢城公園へ
DSC0003245 (1)


とうぜんのように、かなりの混み具合だった


サクラをみるならヤハリ金沢城公園の方がイイですな
DSC0003246 (1)


石垣もライトアップされてたので写真撮っておく
DSC0003250 (1)


青空の下で見たかったなぁ
DSC0003252 (1)


石垣は夜のほうがステキかも
DSC0003254 (1)


来年はタイミング合えば昼間にサクラ見物したいモノですなぁ
DSC0003255 (1)


少しはヒトの数減るかな~
DSC0003256 (1)


と、ナカナカ良かった金沢城公園のサクラでした



しかし、ちとイラッとするデキゴトが・・


こんな夜の人混みの中、ミニチュアダックスを連れた男性が石川門へ向かって歩いてた


こんな夜の人混みにワンコ連れてきちゃイカンやろー


みんなサクラ見上げてて足元なんて見てないのに


オマケにココはペットNGじゃなかったっけ


なんて思ってたら、案の定ワンコが踏まれたか蹴られたちゃった様子・・


あ~あ、踏んじゃったヒトもお気の毒・・


バカな飼い主に連れられたワンコが不憫だ・・


と、せっかくの夜桜見物でイヤな気分になって帰路についたのでした




花見


時の流れは早いもので・・


かなりタイムラグのあるログでアレですが・・・




冬の間は姿をみないカメ達が川べりで甲羅干ししてるのを見ると春ですな~ッて感じ
DSC0003172 (1)


そんな春なので、シリ皮強化計画を再開して自転車通勤をスル


ちょうどサクラの見頃~
DSC0003173 (1)


まだ全開ではない
DSC0003176 (1)


兼六園が無料&夜間開園してたので帰りに探ってみる
DSC0003188 (1)


街中はナカナカの賑わいで


兼六園&金沢城公園はタイヘンな混み具合デス
DSC0003190 (1)


金沢に住み着いてそれなりの年月が経ってるけど桜の季節に兼六園にくるの初めてかな


いや兼六園に来るコトじたい大人になって初めてのような気もする・・


人波にもまれながら園内へ


園内には桜の木はけっこうあるようだけど、なんかパッとしないですな


目にとまるのはヤハリ松の木デスネ
DSC0003193 (1)


サクラ咲く季節でも兼六園の主役は松の木ではないかと
DSC0003194 (1)


昼間に見るとサクラの存在感もまた違うのかもしれんけど・・
DSC0003203 (1)


兼六園の殘念だったトコロは細かいジャリを敷き詰められてる散策路、


大勢の人が行き交うものだから土埃が舞い上がってモウモウと煙ってたコトですな


DSC0003213 (1)


せっかくなので茶店でダンゴでも・・と思ったケド、どこも満員御礼な雰囲気であきらめた


ぐるぐると渦を巻く道を登る栄螺山からの眺めはナカナカ良かった
DSC0003215 (1)


ことじとうろうに群がるひとびと
DSC0003218 (1)

兼六園の主役はコッチだったか・・


松の木ばっかり写真撮ってたらイカンな、というコトでサクラの木もパチリ
DSC0003219 (1)


兼六園に到着した時、めちゃ混んでるって思ったけど、グルっと見て回ったあとにはさらなる混み具合・・
DSC0003223 (1)


外の茶店で空腹を満たそうかと思ってた気持ちも萎える・・


金沢城公園へも行きたかったケド止めとこう・・・と、帰路につく


が、お腹すきすぎて帰り道でチカラ尽きたらこまるので、


少し離れたお店でダンゴを調達スル
DSC0003225 (1)


見た目から想像できたけど、三色の花見ダンゴの味はナシやな
DSC0003228 (1)

季節モノ、縁起モノ?なので念のため食べとくケド・・


やっぱダンゴは『みたらし』ですな


石川門下のサクラを眺めながらダンゴ食ってると、サクラの花の中になにやらうごめく黒い影・・
DSC0003229 (1)


カラスや・・


花見の季節はカラスもゆっくり寝れないねぇ



ハナハナ

27日(日曜日)のコト その3




シリの痛みに耐えながらのペダル漕ぎ漕ぎ・・


昼ゴハンを食べそこねててお腹ペコペコでチカラでないので非常食を食べる
DSC0003130 (1)

もしもの時のカロリーメイト、持ってて良かったカロリーメイト・・


ゴールに設定した生地駅に近づいてきた頃、そそられる案内板に遭遇
DSC0003131 (1)


このあたりは『清水(しょうず)』と言われる湧き水の共同洗い場がたくさんあるようです
DSC0003132 (1)


いたるところに湧き水スポットあるなんてスバラシイですなー
DSC0003141 (1)


共同洗い場だけじゃなく、自宅に湧き水出てるトコもたくさんあるみたい


マイ湧き水がドンドコ流れてるなんてウラヤマシ~


しかし、広~い範囲の至る所に湧き水でるってことは、


このあたりの地面の下には一級河川並みの地下水がドコドコ流れてるってコトなでしょーな


いろんなコトを想像するとソレはソレでとても怖いような気もする・・


湧き水を巡って街を抜けると橋に遮断機がついてる不思議な景色・・
DSC0003143 (1)

この橋はなかなか珍しい可動橋でした


動くトコ見た~いケド、先を急ぐ


さすが堅実な富山県、敵の襲来に備えて砲台がセットされてます
DSC0003145 (1)


近くにあった白黒灯台がなんかオサレ♪
DSC0003147 (1)


生地の街並みを見ててなんか前に見たコトあるような不思議な感じ・・


この辺りをバイクやクルマで通ったコトはあるけれど、ジックリ散策したコトは無い


む~ん、デジャヴュなのか・・・


な~んて思ってたら、徘徊マニア・・町探訪マニアの花雪家ブログでみてた景色でした


むむむ、自分の行動エリアは無意識のウチに花雪家の足跡に導かれてるのかも・・・


ちょっと◯を描いてみました・・
DSC0003150 (1)

チカゴロあんまり見ないので、なんか懐かしい風景だ・・・


消波ブロックのカキ貝?がハンパない
DSC0003151 (1)

こんなトコに釣り糸かかったら泣くな・・


ソロソロ海沿いから離れなければならないので富山湾にお別れ
DSC0003153 (1)


生地駅に向かって漕ぎ漕ぎ
DSC0003155 (1)


思ってたよりちゃんとした駅だった
DSC0003157 (1)


駅前にも湧き水がとうとうと
DSC0003158 (1)


時刻表をみると電車が来るまで1時間以上ある・・


む~ん、お腹空いてるのでなんか食べたいトコだけど、視界の中には食事処は無い・・


食事処探しつつウロウロするコトに


が、ウロウロ途中から食事処はあきらめて黒部川を目指す


小矢部川~庄川~神通川~常願寺川~と渡ってきたので、やはり黒部川を渡らなければッ!というコトで


そして黒部川~
DSC0003159 (1)

富山の一級河川5本制覇デス♪


なんてコトしてたら、どーせならひとつ先の駅まで行ってしまえッてなコトになる


で、西入善駅へ
DSC0003161 (1)

おお、コッチは予想以上にヒナビタ駅でした


切符も買えない無人駅に日が暮れる・・
DSC0003163 (1)


腹ペコ度がヤバイことになってたので、再びカロリーメイトのお世話に・・
DSC0003164 (1)


電車が来てドアが自動で開かないのは学習済みなので、『開ける』ボタンを・・


しかしボタンが無~い!


オロオロしてると、車掌さんが『手で開けてください』と・・・


おお~、そーゆーシステムになってるのか!


と、おののきつつ、ドアをガラガラ~っと開けて乗り込む・・・なんか新鮮♪


で乗った車両は貸し切り~
DSC0003167 (1)


しばし電車の旅を味わう


暗くて外の景色は見えないのだけれど、途中の駅の様子を楽しむ


なんか学生の時、夜行列車で首都圏へ行ったり来たりしてたコトを思い出す・・


今はローカル線になったとはいえ、元は北陸本線だったトコなのでスピード感あって乗り心地も良いですな


で、スタート駅に降り立つ
DSC0003169 (1)

と、無人駅になってた・・スタート時はソコソコ人通りがあって駅員もいたのに・・・


夜道を最後のチカラ振り絞って自転車漕ぎ漕ぎ無事帰宅~
DSC0003170 (1)


いや~シリの痛みがヤバイことになってるけど、我ながらガンバったなぁ


このシリの痛みに打ち克つことができるのか・・


本気の自転車乗りの人達のオシリはどーなってるのだろう?

皮膚がとんでもなく丈夫になってるのか・・

痛みを筋力で跳ね返すのか・・

漕いでばっかりでそもそもサドルにオシリが着いてないのか・・

痛いのだけれど実はソレが快感になってるとか・・


ヒト並みに漕げるようになるのには遠い道のりだけど、


とりあえず富山湾岸サイクリングコースはとても良いコースだったのでまたチャレンジしよ

水の国

27日(日曜日)のコト その2



越ノ潟フェリーで対岸へ渡ってしばらく走ると、キレイなマリーナがあった
DSC0003080 (1)

ハイソな雰囲気がステキです


マリーナを眺められるように建ってる海の駅のカフェがまたステキ♪


すこし汗ばんだオッサンひとりでは入る気になりませんでしたが


沖にはちっさいヨットが浮かんでる
DSC0003083 (1)


立山連峰が少しずつハッキリ観えてきた
DSC0003087 (1)


まっすぐな道やな~と思ったら、駅のホーム跡みたいのがあったのでココは線路だったんかなー
DSC0003088 (1)

富山は線路イッパイあったんやねぇ


まっすぐっ
DSC0003089 (1)


神通川を渡る
DSC0003090 (1)


岩瀬カナル会館でひと休み
DSC0003091 (1)

富山はオサレな水辺が多いですなぁ


なぜか人魚が・・


で、ココでひとりのワカモノ?に話しかけられる・・


『初対面の方にこんなお願いするの悪いのですが・・じつは財布を無くしまして・・300円ほど貸していただけないかと・・』


少しカタコト風のしゃべり方でなんか違和感あり・・


300円って・・


こんなトコロで寸借詐欺のヒトに遭遇するとは思わなかった


なんか都会的・・



立山連峰が近づいてハッキリ度が上がったかわりに雲が出てきた
DSC0003092 (1)


堤防の壁画
DSC0003101 (1)


ペロッと剥がれてるのでペンキじゃなくてシールが貼ってあるのか?


ほたるいかミュージアムでソフトクリームを
DSC0003103 (1)

ほたるいか味ではなく塩ソフト・・


お山が雲に隠れそう
DSC0003104 (1)


青線を無視して海沿いを走ってると軽く迷子になりそうになる


田んぼの中に謎の矢印が
DSC0003105 (1)


富山湾は澄んでる♪
DSC0003107 (1)


早月川までやってきた
DSC0003108 (1)


河口付近でこのスケスケ度はスバラシイ
DSC0003109 (1)

富山はキレイな川ばっかりでウラヤマシイわ


魚津埋没林博物館で教養を・・
DSC0003116 (1)

つい魚がいないか探してしまう


この水中にある杉の根っこの画像をチョイチョイ目にするので、海中にあった根っこだと思ってたケド違ってた


保存のために地下水の中に沈めてあるんだって・・
DSC0003119 (1)


根っこはジャリの地層から掘り出されたモノ


へぇ~そうなのか~と、ちょっとガッカリだったりして・・・


展望台へ登ったらだいぶ足にきててヨロヨロ・・
DSC0003123 (1)


太陽の眩しさと風が強くてドライアイの眼玉にはツライ・・
DSC0003125 (1)


海の駅蜃気楼にあったモニュメントはやはり蜃気楼をあらわしてるのだろーか
DSC0003128 (1)

海の駅の名前に地名じゃなく蜃気楼ってなってるのが・・・


堤防沿いには蜃気楼ハンター?が多数ならんでた


この頃にはシリの痛みが限界に達してて、最寄りの駅から帰りたい気持ちをグッとこらえてペダル漕ぎ漕ぎ


最初に設定したゴールの生地はなんとなく中途半端だし、一つ手前の黒部にしようかなー


な~んて気持ちもグッとこらえてペダル漕ぎ漕ぎ


そして、も~1回つづく・・・


ランクアップ?

27日(日曜日)のコト




1週間前の長良川自転車ツーリングでウケたシリ皮のダメージもそろそろ癒えた日曜日・・


全体的にほぼ下りなルートとはいえ、計画通りに走破できたコトに味をしめて第二弾を画策する


ほぼ下りのルートから少しハードルをあげて、ほぼ平らなルートにする・・


近くにそんな都合の良いルートがあるんですねぇ~


富山湾岸サイクリングコース』デス!


全部走破はムリっぽいのでゴールはテキトーに『生地』あたりに設定


金沢から自転車漕いでは行けないので、電車で氷見まで行って、ソコからスタートする


自宅から最寄りの駅まで自転車を漕いで、少しオロオロしつつ切符買ってホームへ


で、電車キター!
DSC0003035 (1)

乗りなれてないのでキンチョーするわー


電車が到着してもドア開かず・・


頭の中が?マークでいっぱいになってキョロキョロしてると、ドアの横に『開ける』ボタンがあった!


おお!自分で開けるのね・・知らんかった・・


高岡駅でJR氷見線に乗りかえて~


氷見に到着~
DSC0003038 (1)


富山湾岸自転車ツーのスタートです


まずは適当に海を目指して漕ぎ漕ぎ


海にでた
DSC0003040 (1)


ツーリング日和デス


この富山湾岸サイクリングコースは、ありがたいコトにルートには青い線が引いてあるのですねー
DSC0003041 (1)

しまなみ海道みたいや~!


しまなみと違って青線が破線になってて、ちょっとペンキ代ケチった風にみえたりするけど・・


松林に哺乳類風の松の木ハッケン!
DSC0003043 (1)

ちとキモい・・


ルート上にゲートがあるやん!なんて思ったら、ちゃんと脇道がありました
DSC0003045 (1)

山の中にある似たような設備にもこのシステム導入してくれないかなー


ひなたぼっこしてたもふもふな秋田犬?にほっこりする♪
DSC0003046 (1)


雨晴海岸からの立山連峰はウッスラと
DSC0003048 (1)


このルート、川を渡る時の橋だけが主な登り坂
DSC0003053 (1)


自転車のウレシーところは登った分だけ下りで楽できるトコ~
DSC0003056 (1)

歩きだと下りもツラかったりするしね


レトロな建物あったのでパチリ
DSC0003059 (1)


庄川を渡ってる時、横をドラえもんトラムが走ってゆく
DSC0003060 (1)


新湊きっときと市場に立ち寄る
DSC0003062 (1)


食料を調達して海王丸パークへ
DSC0003066 (1)


遅い朝ゴハンもしくは、早い昼ゴハン
DSC0003065 (1)

イカ焼きがウマ~イ♪  カキ寿司はイマヒトツ・・


景色を堪能しながらゴハン食べてたら、某政党の青年部?がゾロゾロやってきてアンケートなんぞとり始めた・・


ざわざわとうっとうしい・・


む~ん、こんなトコロでやんなくてもなー


キレイな景色と非日常的気分が台無しじゃ


なんて思いながら、海王丸パークをあとにする


サイクリングコースは新湊大橋のあいの風プロムナードへ続いてるケド
DSC0003067 (1)


ソコはやはり渡し船に乗りたい・・
DSC0003069 (1)


一瞬だけど船旅気分が味わえるから・・おまけにタダだし♪
DSC0003072 (1)


爽快デス
DSC0003074 (1)


そして、つづく・・・


タダより・・・



いつだったか、KTCの『nepros1万人体感キャンペーン』に応募した


先着1万人にネプロスの10mmソケットがプレゼントされるという、


太っ腹なのかしぶちんなのかビミョーなラインのやつ・・


まあ、標準小売価格 1,220円のモノがタダでもらえるんだから太っ腹で間違いないか・・


『タダ』とはいえ、個人情報と引き換えですが・・・


ソケットなんて同じサイズが何個あってもムダにはならないのでいただけるものはいただいとく


で、忘れた頃にみやこからブツが届く
DSC0003010 (1)


10mmソケットげっと
DSC0003011 (1)


いっしょにこんなモノが
DSC0003012 (1)


シャレがきいてる・・さすがみやこの工具屋さんですな
DSC0003014 (1)


む~ん、『ソケット編』というコトは別バージョンのお作法もあるのか・・


またやってくんないかなー


次は12mmでおねがいします・・


やっぱりね

26日(土曜日)のコト




ひさしぶりにドッグランへ
DSC0003019 (1)


大型犬エリアはサビシイ客入りだったけど、バニのマロンくんに会えた
DSC0003018 (1)


マロンくん、せっかくボスに絡んでくれたのに、ボスがあまりにもヘナチョコなため


一方的にマロンくんが攻めてる図になり、コワ~イおねいさんにこっぴどく叱られてしまう・・


もうしわけない・・マロン・・・


そんなあいかわらずのボスなので、ランで遊ぶわけもなく、ランするわけでもない
DSC0003022 (1)


クンクンされてクンクンしてグルグル・・
DSC0003023 (1)


そんで飼い主のまわりをウロウロ


その辺をサンポするより、ランにくる方が運動量が少ない気がする


ふだん他のワンコとの接触が無いので、この程度でも『タシ』になるかな・・
DSC0003029 (1)


ま、ボスはともかく飼い主が他のワンコと触れ合えるのがナニヨリなんですが・・


ランのあとは水辺の公園でサンポする
DSC0003030 (1)


やはり、ドッグラン連れて行くよりコッチのほうが健全かも・・


常連ワンコ達が遊んでるのを眺めながらマッタリと過ごしてサンポ終了
DSC0003031 (1)


ボス、飼い主にお山で連れ回される方が楽しそうに見えるのは飼い主の勘違い?



粘る

21日(月曜日)振替休日のコト




前日の自転車ツーの後遺症のためシリにじんわりと痛みを感じる休日・・


しばらく自転車は乗れんな・・としみじみ思う・・・


飼い主ばかり遊んではいられないので、この日はボスさんとお出かけデス


もう、今シーズンの雪遊びは終わりにしたつもりだったけど、やはり名残惜しい


でも、近場じゃ期待できるコンディションではないしなぁ~


というコトで、160㎞ホド移動して、とある冬季閉鎖中の山道へ
DSC0002848 (1)


イイ天気になる予報だったけど、現地の上空は厚い雲(ガス?)におおわれてた


しかし、おかげでムヒョーが見れました
DSC0002851 (1)


やっぱ内陸部の標高が高いトコは違うわ
DSC0002852 (1)


コレが霧氷の見納めでしょーな
DSC0002863 (1)


そんな雪の山道をテクテク歩く


雪面にはXCスキーの跡と思われるスジが何本もついていてバリバリに凍ってた


今回は山を登るわけじゃないので、痛いオシリをほぐすのにピッタリ♪


しばらくすると上空の雲がどんどん流れていき、青空がチラチラ


で、アッという間にピーカンに~
DSC0002883 (1)


眩しい


で、50分ホド歩いて目的地に到着~
DSC0002894 (1)


想像どおり、ステキなトコロ♪
DSC0002897 (1)

まだ残ってた雲の上に顔を出してるのは乗鞍岳


ポツポツと生えてる樹々がイイ感じ
DSC0002900 (1)


乗鞍岳が美しいですな~
DSC0002904 (1)


ふりかえると~
DSC0002905 (1)

御嶽山(継子岳)も美しい!


たまらん景色デス
DSC0002908 (1)


継子岳はホント富士山みたいでカッコイイ
DSC0002914 (1)


遠くまでつづく雪原をず~っと歩いて行きたくなるけどホドホドにしとく
DSC0002920 (1)


ずっと観ていたいわ・・
DSC0002923 (1)


夕暮れ時なんかまたキレイなんでしょーな


印象的な白い木と
DSC0002928 (1)


木陰で休憩
DSC0002938 (1)


ややこしい樹のカタチに生命力を感じたりスル
DSC0002945 (1)


どの樹も盆栽チックなんですよ
DSC0002953 (1)


ボスさんも歩きやすい雪にウキウキしてます
DSC0002955 (1)


樹の世代交代的な図
DSC0002963 (1)

DSC0002971 (1)


キツイ登りも深い雪も無い雪遊びに、ボスさんもゴキゲン
DSC0002983 (1)


帰り道はシマシマ~
DSC0002986 (1)


沢の流れについてたツララはツブツブ感あり
DSC0002989 (1)


乗鞍岳展望スポットにあるあづま屋で昼ゴハン
DSC0002996 (1)

陽射しは強いケド気温が低く、温かいチーズ メキシカンチリ ヌードルが沁みる


そして無事帰還して、最後(たぶん・・)の雪遊び終了~
DSC0003005 (1)


いや~、雪遊びの締めくくりにふさわしい絶景雪原ボス散歩に大満足


来シーズンまた来よう


できれば雪がほどよくフカフカのタイミングで歩きたいですな


もっと近かったらなぁ・・


プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
犬図鑑
猫図鑑
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター