2016年07月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

1/4

18日(月曜日)海の日のコト



海の日は・・


お山へ行こうかと思ったケド・・


いいプランが思いつかなかったのでバイクでぷらりとお出かけするコトに


『海の日』に絡めたワケじゃないけど、行き先は『海ナシ県』・・


いつものように朝はゆっくりスタート


いつものルートで五箇山~白川郷~荘川~高山と走る


遠くの乗鞍岳は雲がかかってて観えない
DSC0004536 (1)


朝日村の道の駅でコバラを満たす
DSC0004538 (1)


陽射しが強い季節はバイクは日陰に
DSC0004539 (1)


いつの間にかドッグランができてる・・
DSC0004537 (1)

いや、ドッグランとは書いてないな・・コレはドッグランではない・・ただネットで囲っただけの草むらだ・・


しかし、こんなトコロでワンコ遊ばせるヒトいるんだろーか?


狭いし、草ボーボーだし・・


道の駅を出たらR361を開田村へ向かって快走~


途中、県道にそれて秋神温泉を通過


木陰でくつろぐ黒毛達をチラ見して
DSC0004540 (1)


県道からさらにワキ道にそれて、冬に訪れた某牧場越しの御嶽山を拝んでゆく
DSC0004544 (1)


間伐材が積んであるトコを通ると濃ゆい木のニホイが漂ってる
DSC0004547 (1)


展望スポットからの乗鞍岳はやっぱり雲かかってる
DSC0004549 (1)


開田村からの御嶽山はいつ見てもカッコイイですな
DSC0004550 (1)


ちょっと混んでたケド、素通りはできませんね
DSC0004551 (1)


開田村からはR361~R19~R361と走り伊那の街へ


伊那といえばアレですね・・


伊那人のソウルフードであるローメン


まだ未体験のスープタイプのローメンに挑戦するハズだったのだけれど、ランチタイムに間に合わず・・


む~ん殘念、ワンランク成長する機会を逃したわ・・・


しかたなく、高遠でソバ屋に入る
DSC0004552 (1)

メニューに迷い、とりあえずセットにしたら、なんだか無駄に?豪華・・


コレは失敗だった・・


シンプルに未体験な高遠蕎麦とかにしとけばヨカッタ・・


高遠からはR152を北上して茅野へ


この日の本命は茅野にある茅野市尖石縄文考古館


しかし、寄り道とソバ屋でゆっくりしたせいで閉館時間が迫っていてヤバイ


寄り道したかった杖突峠の茶屋と諏訪大社上社本宮をパスして先を急ぐ


道に迷ってる時間なんてないのに2回道間違えてオロオロしつつもなんとか間に合う


そして、つづく・・


重力を感じて

10日(日曜日)のコト その2




乗鞍岳の剣ヶ峰&魔王岳山歩きからのエコーラインのダウンヒルです


本来、下るハズだった乗鞍スカイライン方面をチラッと眺めてから
DSC0004494 (1)


スカイラインとエコーラインの分かれ目から県境へ向かうユル~イ登りがこたえる・・


バスターミナルのむこうに雲がモクモク
DSC0004495 (1)


下り始まり~
DSC0004498 (1)


次は登りたい大黒岳を振り返りつつ、
DSC0004499 (2)


剣ヶ峰を眺めながら乗鞍岳にお別れ~
DSC0004500 (1)


くねくねエコーライン
DSC0004501 (1)


ブレーキにほのかな不安を抱きつつ、くねくねを楽しむ


16時過ぎてるのにまだ登ってゆく自転車がチラホラ・・


あ~っという間にスキー場まで下りてきた
DSC0004503 (1)


ソフトクリーム食べたい・・
DSC0004504 (1)


三本滝レストハウスでソフトクリーム食べれると思ったのに、すでに閉店・・
DSC0004505 (1)


缶コーヒー飲みつつ、ゲレンデに咲いてるニッコウキスゲを観賞してゆく
DSC0004506 (1)


キレイに咲いてるケド、視線を下にずらすと~
DSC0004507 (1)

アブラムシがみっちりしててキモいです


三本滝レストハウスから下は一般車両に気をつけながら下ります


そして、無事ゴ~ル
DSC0004510 (1)


写真撮りながら、車をやり過ごすために止まったりしながら、景色を堪能しながらの気持イイ下りは1時間ホド・・


オソロシイのは乗鞍ヒルクライムの上位の方々がこのぐらいの時間で登ってしまうってコトッ!


シロウトがフラフラと下ってる間に、シャカシャカと登ってしまうなんて・・ありえん超人度ですわ・・・



遅いスタート時間&ちょっとしたハプニングあったにもかかわらず、明るいうちに帰り支度出来るコトがありがたい


紅葉の季節もこのぐらい日が長かったらイイのにねぇ・・


高山でお決まりの晩ゴハン食べてゆく
DSC0004512 (1)

今回は初体験の肉炒めをプラスしてみた


しかし、コレは無いな・・不味くはないケド・・


ホルモンや豆腐、イカ焼きホド魅力は無いですな


エバラ黄金の味(辛口)で豚肉を焼いたほうが・・・



青空が恋しくて

10日(日曜日)のコト




貴重な梅雨の晴れ間な日曜日


このトコロ、天気イマイチなお山が続いてたので、お山で青空を拝むチャンスです


せっかくなので標高の高いトコロへ行きたい・・


でも早起きはできそうもない・・


と、いうコトでお手軽に森林限界超え山歩きのできる乗鞍岳へ行ってきました


乗鞍の剣ヶ峰に登った後はとーぜん自転車で乗鞍スカイラインを下る作戦デス


ガンバって朝7時ごろ出発~(遅い・・)


高山の街をスルーしてR158を朴の木平スキー場へ向う


途中、道路の案内板に『乗鞍スカイライン午前中通行止め』の文字がっ!!


え~っ、なんで~?


と、とりあえず朴の木平スキー場まで行ってみると駐車場は隅から隅までクルマでイッパイ


『乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム』という自転車のイベントの日でした・・


なんてこった・・


で、しかたなく安房トンネルを抜けて乗鞍高原へ


乗鞍エコーライン経由でいきます


乗鞍高原の観光センターに着くと、いいタイミングで(ギリギリ駆け込みで・・)バスに乗れて畳平へ
DSC0004423 (1)

む~ん、思ったより天気良くないかも・・と気分も少しどんより


まずはお花畑を散策してから
DSC0004425 (1)


と、クロユリ咲いてた
DSC0004426 (1)

初めてのクロユリとの遭遇


イメージしてたのとチョット違ってた


クロユリってヒッソリとハカナゲに咲いてるものだと思ってたらけっこう群れになってポコポコ咲いてるのですね・・


チョット雲が多いけどステキな景色だ
DSC0004427 (1)


なんてウキウキ気分で歩いてたら、お花畑経由で登山道に向かう道が通行止めになっててガックリ・・


また駐車場に戻って仕切り直しデス


そうそう、駐車場には激坂ジャンキーの方々がイッパイいます
DSC0004428 (1)

ヘンタイオーラがビシビシと伝わってきます・・


ヒルクライムという過酷なお遊び?ですが、パッと見た感じ思いのほか年齢層が高そう・・


自分と同じか少し上のオッサンが主力っぽい?


バイク乗りと似たような年齢分布なのかな?


自転車のみなさんがシュイ~ンと帰って行きます
DSC0004429 (1)

ココロ満たされて登りの時は目に入らなかったであろう景色を眺めつつ坂を下ってゆくのでしょう


コアなヘンタイさん達はいちど下ってから、『せっかくの乗鞍なので・・』とか言ってまた登っちゃうのでしょーか?


オソロシイですねぇ


林道みたいな登山道をテクテク歩いてると、行く手をガスがフワリと流れていく
DSC0004433 (1)


雪渓には好きモノ達がイッパイ♪
DSC0004435 (1)


めざす剣ヶ峰はガスに覆われてまっ白けやなぁ・・とか思いつつ、肩の小屋に到着
DSC0004436 (1)


肩の小屋付近でカロリーメイト食べてからイザ剣ヶ峰へ
DSC0004438 (1)


標高高いし羽虫なんかいないハズ~なんて思ってたけど、違う虫がイッパイ飛んでた


例の羽虫みたいにまとわりつくコトも刺すコトも無いので気にはならない


ただ風に流されて漂ってる感じで、カラダに触れると雨粒があたったみたいにヒンヤリとする不思議な虫


登って行くとガスの中に入っちゃうのかと思ったケド、雲の流れは早くチョット晴れてきた
DSC0004439 (1)


エコーラインの方を見下ろすとコレから上がってくるであろうガスがフワフワ
DSC0004443 (1)


肩の小屋を見下ろす
DSC0004446 (1)


稜線にでると観える青い権現池はまだ雪が残ってる
DSC0004448 (1)


気持ちのイイ稜線歩きはチョットだけ~で、テッペンは近い
DSC0004451 (1)

稜線を境にエコーライン側はガスが次々と上がってきてまっ白け


上空に上がったガスはソコで消えてしまうのか?反対側はスッキリ晴れてる


もうひと登り
DSC0004456 (1)


そして、てっぺん到着~
DSC0004457 (1)


雲が多いものの、青空みえて気持ちイイ♪
DSC0004458 (3)


登ってきた稜線を見下ろすとやっぱりガスの境目になってる
DSC0004459 (1)


御嶽山方面はザンネンなコトに厚い雲でおおわれてる
DSC0004460 (1)


上空を複雑に流れてゆく雲を眺めながら軽く昼ゴハン
DSC0004465 (1)


しばらくして下山開始
DSC0004466 (1)

テッペンはガスに覆われてた


けれど下ってゆくと肩の小屋あたりは快晴~
DSC0004468 (1)


肩の小屋まで下りてくると、誰かの『ソフトクリーム!!』という声にツラレてソフトクリームを
DSC0004471 (1)


しかし・・騙された・・・ソフトクリームじゃない


あんまり美味しくない偽ソフトクリームにガッカリ・・


畳平へ戻る道から、貴重な青空とコロナ観測所
DSC0004472 (1)


エコーライン方面のガスが晴れた
DSC0004475 (1)


ふりかえると剣ヶ峰のガスも消えている・・そのかわり上空の雲が厚くなったかな
DSC0004476 (1)


畳平に戻り、自転車でエコーラインを下ります


が、自転車のトコへ向かうと、自転車を取り囲んで団体さんがミーティング?


む~ん、自転車を取りにいけない・・


で、しばらくすると団体さんは荷物を置いてお花畑へ下りていった・・
DSC0004482 (1)

む~ん、コレはコレで自転車を取りに行きづらいですな・・


というコトで、団体さんがいなくなるまで時間つぶしに魔王岳に登ることに
DSC0004483 (1)


魔王岳はまだマイカー規制が始まる前にクルマできた時に登った気がする


でも、ぜんぜん記憶に残ってないので初めて観る景色と言ってもイイですな
DSC0004485 (1)


雲で見通しがイマヒトツだけど魔王岳を制覇
DSC0004491 (1)


魔王岳のコマクサ
DSC0004493 (1)


魔王岳に登ったら、あとは大黒岳やな


今年の紅葉シーズンには剣ヶ峰登った後に大黒岳に挑戦したい


魔王岳を下りると自転車は団体さんから開放されてたのでやっとこさエコーラインダウンヒル開始デス



そして、つづく

水遊び

9日(土曜日)のコト




天気良くない土曜日


ちょっとご無沙汰だった魚釣りへ


釣券買ってないし、毛バリの準備もしてなく、小物類のチェックもしてないけど道具をゴソっとクルマに積み込んで


午後からのスタートだったので、まずは昼ゴハンに
DSC0004393 (1)

やっと行けた春乃色食堂♪


ウワサ通りの味わい深い建物デス
DSC0004394 (1)


思いがけずツボにハマったやきめし~
DSC0004396 (1)

ボリューム少なめだけど麺類とセットにするにはちょうどイイかも


と、ホッとするお味の中華そば
DSC0004398 (1)

スープがヤケに熱くて飲み干すのに汗ダラダラ・・


次は、うどん類&やきめしでいこう


涼しくなったら、おでんも食べたい・・


お腹を満たしたら釣券買って渓流へ


アブの群れがお出迎え・・・
DSC0004400 (1)


遅いタイミングのシーズン初釣行


ドコの川にしようか悩んで、選んだのは初めてのトコ
DSC0004402 (1)


ちょっと増水気味なのでキビシイかも・・と思いつつ釣り始める


が、やっぱりキビシイ・・


イワナは姿を見せてくれず・・


1時間半ほど粘ったものの釣果ゼロ・・


丸ボーズ・・


そんな残念な結果で終わりたくないので、急いで通い慣れた川へ移動


しかし、川は濁ってはないものの、かなりの増水で竿出し断念・・


またまた移動して雨の日の最後の砦的な川へ


なんとかちっさいイワナに遊んでもらえた
DSC0004407 (1)

DSC0004412 (1)


はじめからココに行くべきだった


しかし、ショボイ釣果でも渓流でチャプチャプしてるのは精神衛生的に良いモノです


毛バリのストックがサビシイので次はシッカリ準備してから挑みたいですな


晩ゴハンは春乃色食堂近くで調達したドジョウの蒲焼きといつものトチモチ
DSC0004420 (1)


お隣の県でもドジョウの蒲焼きがメジャーだったなんて知らんかった



ピンポイント梅雨空

26日(日曜日)のコト





週末にむけての天気予報はコロコロかわりつつも最終的には晴れるコトになってた日曜日


天気予報を信じて山歩きするコトにした日曜日


むかったのは金剛堂山


人形山での反省点をふまえて、虫除けグッズ持って、飲み物も1リットル多く調達


出発時間は・・・やはり早起きできず遅い時間のスタートに


通い慣れた道を走り利賀村へ


遅い時間だけど利賀村の朝は思いのほか涼しく温かい缶コーヒー飲みたくなる・・


さすが利賀村、自販機にはちゃんと温かい飲み物入ってる
DSC0004268 (1)


栃谷登山口の駐車場のクルマは少なめ?
DSC0004269 (1)


百瀬川を渡ってスタート
DSC0004270 (1)


ちょうど釣り人がいたので、見物したかったけど、ただでさえ遅いスタートなのにそんなコトしてる場合じゃない


ムカデはキライだけど、ムカデみたいなシダ?がなんか魅力的
DSC0004273 (1)


ユリの花はフニャリとしおれてた
DSC0004275 (1)


スタート時は曇ってた空もだんだん雲は流れ青空みえてきた
DSC0004276 (1)


ふむふむ、予報通り晴れてゆく気配


しかし、足が重い・・


ま、いつもドコ行っても足は重いのだけれど、この日は3割増しくらい重い・・・


想像より傾斜がキツかった登山道をへぇへぇと登る


もしかして、今日は途中リタイヤするかも・・とか思いつつ


はぁ~しんどい・・とたどり着いた1km地点・・・
DSC0004277 (1)

ま、まだ1kmか・・


やっぱ、ダメかも・・と思いながらもテクテク歩く


この黄土色の地面は滑るのでキライ
DSC0004282 (1)


けっこう雨降ったようで、登山道は水がドンドコ流れた形跡がある


で、雨水と一緒に流れたであろう落ち葉がキレイに重なってミルフィーユ状態になってるのが不思議
DSC0004284 (1)


2km地点でエネルギー補給を
DSC0004286 (1)


パン食ったら少し元気出てきて片折岳に
DSC0004288 (1)

って、カンバンはあるけど、テッペンらしくないし、展望もナシ・・


そして3km地点
DSC0004291 (1)

む~ん、まだ半分か・・なドンヨリ気分・・・しかし天気は良好♪


重い足取りながらも、チョットづつチョーシ出てきてテクテク


冬にお世話になってるスキー場を見下ろせるトコまでくると、けっこう登ってきたのね、と実感スル
DSC0004293 (1)


4km地点、てっぺんが近い雰囲気?
DSC0004294 (1)


しかし、なんとなく天気が下り坂・・


雨がポツポツ降ってきたり・・


そして、デカなめくじが木登りしてる・・
DSC0004296 (1)


標高が1400m超えるあたりから羽虫の襲撃が酷くなりモスキートネット装着~


で、モスキートネット大活躍♪


もっと早く装備しとけばヨカッタわ・・


で、ハッカ油ましましシーブリーズの効果は・・・


ビミョーですな・・


しかし、シーブリーズでヒンヤリするとチョットだけ元気が出て、ほのかなドーピング効果アリかも・・


晴れの天気予報はドコいったんじゃ~とココロの中で吠えながらやっとこさ前金剛着
DSC0004300 (1)


ドンヨリ天気にガッカリ・・


しかし、金剛堂山はココからが本命


ガンバって登ったご褒美がココから始まるのだっ


と、シトシト雨の中、先へ進む
DSC0004302 (1)


ああ、晴れてたらなぁ・・・
DSC0004304 (1)


天気悪いなりに高原サンポな気分を噛みしめながら、ナニが書いてあるか解読不能と評判の歌碑に到着
DSC0004306 (1)


ふむふむ、確かに読めねえなぁ・・と納得しつつ先へ
DSC0004308 (1)


そして、中金剛に到着~
DSC0004309 (1)


む~ん、なかなか疲れた・・


あともう少し・・


だけど、お先まっ白・・・
DSC0004310 (1)


時間的にもアレなので、今日はコレくらいにしといてやろう・・・と、奥金剛はあきらめる・・


ま、最高地点にはたどりついたのでヨシとしよう


前金剛へ戻る途中、ふりむくとチラリと青空が・・
DSC0004315 (1)


こ、コレは下山するとイイ天気になるパターンか・・


あたりは真っ白けな前金剛の巨大方位盤でゴハンにする
DSC0004319 (1)


お腹ペコペコだったのでカップラーメンは元気でるわ


満腹になったら下山デス


登りは足が重くてヘロヘロだったけど、下りは下りで気が重い・・


コケないように慎重に下る


と、登りの時は見逃していたギンリョウソウ発見
DSC0004325 (1)

雨に濡れて透明感が増してる


む~ん、登山口から3km地点を過ぎるとなんか晴れてきた・・
DSC0004328 (1)


やはり・・そーゆーことか・・・


ふりかえると・・
DSC0004331 (1)

テッペンあたりは雲の中・・良かった・・・ピーカンだったら泣けるわ・・・


セミ発見!
DSC0004338 (1)

鳴いてないし、動かないセミ・・寝起きだったのか?


1km地点まで下りてきたら、木に謎のペイントあり
DSC0004339 (1)


ゴール近くなったトコロで落し物のサングラスが木にかけてあり
DSC0004340 (1)


このブルーベリーみたいな実はなんだろー?
DSC0004343 (1)


なんて思ってると澄んだ流れの百瀬川を渡りゴール到着
DSC0004351 (1)


疲れた・・


人形山にひきつづき、自分にはハードル高いお山でした


奥金剛まで行けなかったのはザンネンだけど、天気が一番ザンネンだった・・


テッペンの雨と白い世界はなんだったの?みたいな下山後の空
DSC0004352 (1)


晴れた日にリベンジを・・と言いたいトコだけど、とうぶん止めとこう・・


もうチョットまともな体力ついてからやな・・・いつになるかわからんけど


プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
犬図鑑
猫図鑑
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター