2017年05月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

ロシアンルーレット

30日(日曜日)のコト



黄金週間の前半の日曜日のコトです


劔岳の麓、馬場島へ向かう道路のゲートが開通したという情報を小耳に挟んだので


劔岳の展望台、中山へ行ってきました


下界の空は霞んでいて山の眺めはイマイチかなーと思いつつ馬場島へ向かう
DSC0007551 (1)


現地に着くと駐車場はイッパイで少し離れた駐車場にクルマ停めてササッと準備


で、春らしい登山口から中山登山スタート
DSC0007555 (1)


登山道のワキにはチラホラ小さな花が咲いてるけれど、コッチのほうが好み
DSC0007556 (1)


登山口からチョットしか登ってないけど、劔岳ビュースポットで休憩
DSC0007561 (1)

霞んでるけどまずまずの眺め


登ってゆくとだんだん登山道の残雪が増えていき途中からすっかり冬の道


雪のお山になると登山道は関係なく踏み跡は直登気味に・・


と、へぇへぇと息切れるので景色を堪能スルふりしてたっぷりと休憩スル
DSC0007566 (1)


名物?立山杉の巨木もジックリ堪能
DSC0007568 (1)


このエグさがたまりませんな
DSC0007571 (1)


何人にも追い越されてヨロヨロ登ってると、ワイワイ話し声が聞こえてきてもうすぐ頂上な感じに
DSC0007581 (1)


で、ほどなくてっぺん到着~
DSC0007584 (1)


ナカナカのニギワイだったけど、団体さんが下山してゆくとゆったりとしたてっぺんの風景に
DSC0007585 (1)


下界ではカスミまくってたけど、登ってきたらけっこうイイ感じで絶景デス
DSC0007586 (1)


で、昼ゴハン
DSC0007596 (1)


サイコーです♪



お腹もふくれて絶景にも満足したので下山デス


登ってきた道を戻らずに周回コースで下山します


周回コースは沢筋なのでこの時期は雪崩が心配だったケド、ほとんどのヒトがソチラへ降りてったのでソチラへ


この斜面を滑落したら下までいっちゃうんだろーなとか思いつつザクザク進む
DSC0007604 (1)


ドンドコと流れる沢
DSC0007605 (1)


下ってゆくにしたがってなかなかヤバイ風景が・・
DSC0007607 (1)


崩れてきませんようーにと祈りながら、急ぎつつも慌てずキケン地帯を脱出
DSC0007608 (1)


チャプチャプと沢渡りも何度かアリ
DSC0007609 (1)


なんとか無事に立山川の河原へ
DSC0007610 (1)


かなりドキドキの下山でした


無事だったのはラッキーなコトだった気がする・・


自分的にはこの季節の下山は登ったルートを下りるのが正解ですな


あいかわらず立山川&早月川の流れはスケスケでずっと眺めてられる
DSC0007612 (1)

こんな流れで大岩魚が釣れたらサイコーなんだけど・・


試練と憧れを拝んで無事下山
DSC0007614 (1)


キレイな劔岳を眺められて満足感イッパイで帰路につく


定番スポットで満足感のおかわり
DSC0007618 (1)


で、帰宅後の夜、ネットニュースで見た『劔岳、雪崩で男性死亡・・』の記事に衝撃!


自分がウキウキで眺めてた劔岳の向こう側で登山者が亡くなっていたのだと・・


怖い怖い


自分とは無関係な高レベルなエリアでのデキゴトだけど、場所は関係なく明日は我が身なデキゴトですな


犠牲者に合掌・・・



再突入

23日(日曜日)のコト その2



富山湾沿いに出て海越しの立山連峰をチラチラ眺めながらペダル漕いで雨晴海岸あたり
DSC0007506 (1)


景色観るために振り向いてたらナカナカ進めない
DSC0007510 (1)


だいぶ疲れを感じながら氷見市内に侵入
DSC0007512 (1)


ニンニン!
DSC0007514 (1) 


ドーン!!
DSC0007515 (1)


ニャ~!!!
DSC0007516 (1)


豪邸?の庭に建つ謎の五重塔
DSC0007517 (1)


レトロな煙突
DSC0007518 (1)

五重塔よりコッチのほうが魅力的だったり・・


前はカフェかなんかのお店だったような気がする古い倉庫風建物
DSC0007520 (1)


氷見のサクラは遅めだったんかな?
DSC0007521 (1)


ひみ番屋街で休憩してマス寿司を調達


この時点でまあまあなお時間だったのだけれど、ココはまだ折り返し地点・・


復路をどーしよーか軽く悩む


A案・・自力で帰宅するのをあきらめて氷見駅から電車で帰る


B案・・とりあえず山越えして石川県に入って最寄り駅から電車に乗って帰る


C案・・最後までペダル漕いで帰る


せっかくなので自力で帰宅したいトコロ・・


で、C案に決定


まあ、ホボJR七尾線に沿って走るのでチカラ尽きたらもしくはココロ折れたら電車で帰ればいいもんね・・と


氷見の街から抜け出しR415で羽咋方面へ漕ぎ漕ぎ


はじめ緩かったR415の登り坂も県境に近づくにつれだんだんキツくなり、登坂車線のある区間はヤバかった・・


自転車押して歩いた方が速んじゃないかと思うくらいのスピードでヨロヨロ登る


最後、スノーシェッド内でブイブイ抜いてゆくバイク集団にビビりつつもなんとか登りきり、それなりの達成感にひたる・・


達成感の余韻のなか、緩く下りながら県境を越える


かなりヘロヘロになってるので、神子原の産直所で休憩
DSC0007522 (1)


いのししコロッケでエネルギー補給スル
DSC0007523 (1)

チカゴロなにかと話題になるイノシシですが、コロッケ化は流行りなんかな?


天国のような下り坂をシュイ~ンと下りR159へ入り金沢方面へひた走る


途中、謎の案山子?に吸い寄せられる
DSC0007524 (1)

む~ん、なぜこの組み合わせ?


しずかちゃん、怖えーよ・・・いや、誰だコレ!のほうが正解か・・
DSC0007525 (1)


長~いR159をヘロヘロ走ってたら、日が暮れてきた・・
DSC0007528 (1)


ほどなくして真っ暗けの夜間走行に


暗闇の河北潟干拓地の走行がヤバかった


こんなトコ自転車で走ってるなんて、すれ違ったクルマからは不審者に見えたかもねぇ・・


すっかりケモノ達の晩ゴハンの時間過ぎてしまってから無事帰宅
DSC0007535 (1)


いや~、たっぷり走った
DSC0007530 (1)

やっぱ、自宅から漕ぎだしてグルっと周って自力で帰宅するとなんかウレシイ♪


かなり時間はかかってるケド、運動不足のオッサンにしては頑張ったなぁと自己満足


しかし、達成感よりシリの痛みのほうがデカイのはあいかわらず・・


いつになったらシリの痛みから解放されるのだろうか・・

峠を越える

23日(日曜日)のコト





えーと・・時の流れは早いもので・・・先月の23日デス


3週続けての自転車徘徊デス


自宅から漕ぎだして、まずはお隣り富山県の高岡市を目指す


8日に富山県へ侵入した時、倶利伽羅トンネルで死にそうになったので今回は別のルートを


R8の少し北側を通る県道218で県境へ


途中の学校跡地みたいなトコで、石川県民の魂のグルメスポット八幡のすしべんで調達したおにぎりで朝ゴハン
DSC0007470 (1)


県境へ近づくと坂道の勾配はキツくなり予想通り息キレギレ・・・


キレイに咲いてるサクラがあったので自転車停めて呼吸を整える
DSC0007471 (1)


で、やっとこたどり着いた県境の峠、イイ景色が観れるかと思ったら、ソコには廃棄物処分場が広がっててガッカリ
DSC0007473 (1)


峠を越えたらびゅ~んとずっと下って行けるのかと思ったらそうでもない感じでR 471にでる
DSC0007474 (1)


R8と交差するトコを過ぎたら前にも通ったルートで小矢部の街を通過スル


福岡町に入ると花見スポットのサクラはほぼ終わり葉ザクラに
DSC0007475 (1)


サクラ咲いてる時はサクラを愛でながら川に沿ってペダルを漕いだのだけれど、


今回はサクラの葉っぱを眺めててもアレなので街中を進む


と、思いがけず古い町並みに遭遇
DSC0007476 (1)

こんなトコにも『見どころ』があったのね


今まで小耳に挟んだコトはあったのかもしれないけどノーマークでしたねぇ
DSC0007477 (1)


今度またココを通り抜ける時の楽しみができた


富山らしく湧き水スポットも存在してる
DSC0007478 (1)


見覚えのある景色の中を走り高岡の街へ


途中、なにげに市場に侵入してその広さに驚きつつ
DSC0007482 (1)


近くにあるのに今まで行ったコトなかった瑞龍寺へ
DSC0007487 (1)


さすが国宝、ステキなお寺でした


お寺でココロ静かな時間を過ごしたら、謎のデザート「KELPパフェ」(昆布入りパフェ)を食す
DSC0007493 (1)

やっちゃったね・・富山県人・・・


昆布をこよなく愛する富山の人々・・


ワタシも昆布は大好きなのだけれど、パフェに昆布はねぇ・・


マズくはなかったけど、イマヒトツ昆布を感じることができなかったですな


で、デザートの後に昼ゴハン
DSC0007496 (1)

アラ汁はウマかった


昆布パフェにつられて入ったお店だけど、ココは団体さんメインのお店のようでなんかアレでした・・


デザートの後の昼ゴハンの後にはやはりデザートか
DSC0007498 (1)

前回食べられなかったたい焼きゲット♪


しかし、甘~いあんこが好みではなくややガッカリ・・


高岡でも古い町並みの中を徘徊
DSC0007499 (1)


『型』なのかな?鋳物の街らしいですな
DSC0007501 (1)


万葉線の車庫をチラ見して富山湾に向けてペダル漕ぎ漕ぎ
DSC0007502 (1)


伏木港万葉ふ頭へ向かってる時、こんなトコロでアロンアルファつくってるのかーと思いながらペダル漕ぎ漕ぎ
DSC0007503 (1)


万葉ふ頭をかすめて走ってると、ロードバイクのヒト達とたくさんスレ違いはじめる


なんか自転車のイベントがあったみたい


海沿いにでると、劔岳&立山が観えて気分が上がる
DSC0007504 (1)


で、この絶景ルートを氷見にむかってペダル漕ぎ漕ぎ


景色を楽しむなら進行方向は逆のほうがヨカッタなぁと思いつつ・・


つづく・・・

かめっ!




体重が5㎏を越えたわが家のしましま猫シーナ


なかなかのモッチリ感でヤワなアマゾン箱では持ちこたえられなくなってきた今日このごろ・・



チョット早い気もするけど、カメの孵化の季節になったようでチョイチョイ路上で子ガメを見かけるようになってきた


この2ピキは田んぼの揚水ポンプ場のゴミ分別装置に囚われてたヤツを救出


路上ではクルマに轢かれてペッタンコになってる子ガメもチラホラ・・・


川や田んぼなどの水辺付近ではカメ踏まないように気をつけましょー


雪だるま式

16日(日曜日)のコト その2



うなぎパワーで漕ぎだしたわけだけど、そんなにパワー出るハズもなく・・


トロトロと長良川河川敷のサイクリングロードを走ってるとロードバイクのヒト達にびゅんびゅん抜かれる~


ほどなくして河川敷が行き止まりになって一般道を走る


次の目的地は長良川のアッチ側にあるので適当なトコで橋を渡り右岸へ
DSC0007397 (1)

すると、なんか立派なサイクリングロードになった・・誰も走ってないけど・・・


む~ん、こんな道があるなら、もっと早く右岸へ渡るべきだったな・・


土手のサクラ並木はシーズン中はキレイでしょーな
DSC0007398 (1)

なんて思いながらフト目線を川面に移すと、流木にのって水鳥が流れてくる・・
DSC0007401 (1)

サクラの花びらが浮かぶ流れを流木にのって川下りするなんてシャレてるねぇ


サクラ散るサイクリングロードをゆく
DSC0007402 (1)


みんなそうだと思うけど、ノコギリ屋根の工場は素通りできませんね!
DSC0007403 (1)


次の目的地がみえてきた
DSC0007407 (1)


ソーラーアークに到着デス
DSC0007408 (1)

ずっと訪問したいと思ってたけどナカナカ実現できずに時は流れ・・


そのうちソーラーアークの一般公開がなくなり・・


さらに三洋がパナソニックの子会社になっちゃって・・・


ソーラーアークのSANYOロゴがPanasonicになっちゃった・・・合掌


それにしてもデカイな・・
DSC0007412 (1)

こんなの造っちゃったから会社が傾いて・・・


巨大ソーラーパネルでしんみりしたら、長良川を渡って再び左岸へ


橋を渡ってると新幹線キター♪
DSC0007414 (1)

今どきの新幹線を近くでみるの初めてかなー


長良川を渡ったら羽島市に侵入して、罰ゲームのような街中走行・・


市街地を脱出して木曽川へたどり着く


木曽川にかかる橋の上を漕ぎ漕ぎしてると河原の水たまりみたいなトコロになにやらうごめくモノが・・
DSC0007419 (1)

イタチか?カワウソか?それともビーバーか?ラッコとか?まさかのカピバラ?


んなワケはなく、コレが巷でウワサのヌートリアですな~


ホントにおるんやねぇ・・ヤバイな日本の自然界・・・


木曽川を渡ったら左岸を上流へむかって漕ぎ漕ぎ


東海北陸道をくぐるトコロにくると橋脚がニョキニョキと上に伸びてる謎の風景が
DSC0007424 (1)


謎の橋脚をすぎるとほどなくしてツインアーチ138に到着
DSC0007428 (1)

ツインアーチ周辺は家族連れなんかでナカナカのにぎやかしい感じ・・


そんなトコロは通常スルーするのだけれど、だいぶ疲れてたので休憩を・・


バカなので、高いトコロへ登ってみる
DSC0007431 (1)

おお~、なかなか良い眺め♪ 500円の価値があるのかは・・・


エレベーターでギュイ~ンとのぼり展望室におり立つと・・なんだか、ふわふわゆ~らゆらしてる・・・


おおっ!ココ揺れてるやんか!


他の人は経験済みなのか、とくに気にしてないよう・・


外ではそんなに風強くなかった気がするけど、揺れてる~


こりゃ、強風時はヤバイな・・


なんて、思いつつ下界へ降りてエネルギー補給
DSC0007432 (1)

ソフトクリームをペロペロしながら歩いてると、後方からオネイサンに声かけられる


むふ?っと振り向くと、『財布落としましたよ』とオネイサン・・


エエエーッとおののきつつウロタエながら財布を受け取ると、


『あ、ありがとうございますっ!』としか言えないタイミングで去って行ってしまった・・


感謝感激雨あられでございます


む~ん、ず~っと前に財布が行方不明になって新調したこの財布・・


無くして戻ってきたのがコレで4回目・・・(懲りてないというか学習能力ナシ・・)


平和な日本でヨカッタ・・・


ツインアーチ138を出発したら木曽川南派川を渡って中洲みたいなトコに侵入


わかってたけど・・立ち寄りスポットの内藤記念くすり博物館は閉まってた
DSC0007435 (1)


おでん缶、ラーメン缶って?
DSC0007436 (1)

残念ながら自販機のラインナップにはおでんもラーメンも無かった


中洲を通りぬけ木曽川本流を渡って木曽川右岸へ
DSC0007437 (1)


この場所でこの太陽の位置はマズいよなーと思いつつ、凝ったデザインの橋ですなぁとパチリ
DSC0007440 (1)


コチラも当然のように閉まってたかかみがはら航空宇宙科学博物館
DSC0007443 (1)

外に展示してある機体をもっと近くで見れるかと思ったけど、駐車場に仮設の格納庫?があって侵入できなかった


再訪して『飛燕』をみたい・・


再び木曽川を渡り左岸を上流へむかって漕ぎ漕ぎ


うう・・太陽が沈んでしまう・・・
DSC0007446 (1)


犬山城を眺めながら橋を渡って木曽川右岸へ
DSC0007448 (1)


知らない街の夜間走行はイヤやなぁと思いながらひたすらペダルを漕ぐ


で、なんとか無事に美濃太田駅に到着~
DSC0007457 (1)


いや~、しんどくて怖かった・・・


美濃太田駅は長良川鉄道の起点の駅だから少しはハナヤカなのかと思ったら無人駅だった・・
DSC0007460 (1)


しばし長鉄に揺られて美濃市駅に到着
DSC0007465 (1)

美濃市駅は通路の蛍光灯がチカチカしてる安定の無人駅デス


コレで長良川鉄道全線制覇♪


ココからスタート地点の道の駅まで少しだけペダル漕ぎ漕ぎ


限界を超えてるオシリが過去最高に痛かった


ナニゴトも継続できてないのでシリの皮もぜんぜん鍛えられてないですな


ひと気のない夜のうだつの上がる町並みをペダル漕ぎ漕ぎ無事道の駅へ


で、なんとか日付がかわる前に帰宅スル


走行距離はガンバったケド、ペースが遅すぎて寄り道したいトコロにぜんぜん寄れないし間に合わない・・
DSC0007466 (1)


まあ、計画自体に間違いがあるのは間違いないのだけれど・・


なにをするにしてもなんとかスタート時間を早めたい・・


この岐阜界隈はナニかと心残りの部分があるので、またいつの日か自転車で繰り出したいですな


と、ドコかに出かけるたびに課題が増えてゆく今日このごろ・・


補完計画

16日(日曜日)のコト



去年のサクラのシーズンには『長良川花見自転車ツーリング&長良川鉄道の車窓から作戦』を決行したのだった


今年も行きたいものだねぇ・・とは思ってたのだけれど、同じトコ走るのもアレなので・・


違うテーマで岐阜界隈を自転車で徘徊してくる作戦を


復路に使った長良川鉄道は、美濃市駅~北濃駅を利用したのだけれど、ソレは全体の7割ホド・・


どーせなら残りの区間も長鉄に乗って、長良川鉄道全線を制覇したい!


と、いうコトで美濃市駅付近からスタートして長良川と木曽川沿いを徘徊した後、


美濃太田駅から長鉄に乗って美濃市駅に戻ってくる


『長良川+木曽川界隈自転車徘徊&長良川鉄道残りの区間制覇する作戦』を決行しました



クルマでビュ~ンと走って美濃市の『道の駅美濃にわか茶屋』へ


この道の駅、けっこう混んでてなかなかクルマ停めれない・・


5回ほどグルグル周ってやっとこスペース確保


こんな混んでるトコロにホボ1日クルマ置いてくコトにややココロが痛む・・


とりあえず道の駅で調達したサンドイッチで朝食デス
DSC0007364 (1)


そしてスタート
DSC0007365 (1)


道の駅から長良川沿いにでるとスグに吊り橋
DSC0007366 (1)

まだギリサクラが咲いてる


吊り橋を渡り長良川右岸を下っていき美濃の街をスルーする


このあたりの長良川は流れがゆったりしてるトコが多い
DSC0007369 (1)


長良川沿いを意識して適当に走ってるとたまに行き止まりになったりして無駄に走行距離がのびる


山のてっぺんにお城がみえる♪
DSC0007371 (1)

橋の名前が『鵜飼大橋』になってたケド、橋を吊ってるケーブルが鵜匠と鵜をつなぐヒモのイメージなんでしょーな


お城の山をグルっと回りこんでゆくと立派な神社があらわれる
DSC0007372 (1)

ゆっくり拝んでいきたいトコだけど時間が気になるので手前の賽銭箱にチャリ~ンして手短に済ます


神社の近くには謎の中華風公園が
DSC0007374 (1)


さらにチョイ進むと鵜飼い基地?
DSC0007377 (1)

舟の屋根のソーラーパネルがなんとなく違和感アリ・・


長良川の河川敷の花いっぱいエリア
DSC0007381 (1)

植えてあるのか、勝手に生えてきてるのかビミョーな感じ


おっ、なんかステキな橋♪
DSC0007384 (1)

なんて橋に気を取られてたら、第一立ち寄りスポットを通りすぎてしまい、少し戻る・・


で、たどり着いたのは『みんなの森 ぎふメディアコスモス』
DSC0007385 (1)

図書館がメインの公共施設デス


有名な建築家が設計した話題の建築物らしいデス


外観もステキですが、主役は図書館ですな
DSC0007386 (1)

どーゆー構造になってるのかわからない木製の天井がウネウネしててミゴトです


そんな天井からぶら下がるランプシェードみたいなヤツがまたステキ
DSC0007388 (1)


リラックスできそうな空間だわ
DSC0007389 (1)


スタバとローソンも合体してるし出店なんかもあったりしてほどよいニギワイがあるのもヨカッタですな
DSC0007391 (1)


ステキな建築物をジックリ鑑賞して次の立ち寄りスポットへむけて漕ぎだしたトコロ


ちょーどお腹すいてきたタイミングで、いいニオイに誘われて吸い込まれたのはうなぎ屋さん
DSC0007393 (1)

やっぱウナギうま~い♪


ゼイタクなお昼ごはんデシタ


この時間でこの場所にいるのは、この先の立ち寄りスポットのコトを考えると絶望的にスローペースなのだけれど・・


とりあえず、次の目的地にむかってうなぎパワーでペダルを漕ぎだす


そして、つづく・・

夢果たせず

8日(土曜日)のコト その2



高岡市中心部から離れもうすぐ海にでるあたりで工場眺めながら萌え萌えしてたら道間違えて引き返す・・



庄川を渡り射水市へ侵入


某ご近所さん御用達のグルメスポットでタコ焼きを調達



丁寧な包装に軽くおののきつつ、いい休憩場所はないやろか・・とタコ焼き片手にウロウロしてるといいトコ発見



サクラの樹の下で運河?と謎の屋根付き橋を眺めながらシンプルタコ焼きを美味しくいただきました



タコ焼き食べてペダルを少し漕ぐと海王丸パークに到着



ビミョーなにぎわいの海王丸パークをあとにして越ノ潟の渡し船のりばへ



が、時間がイマヒトツあわず新湊大橋を渡って行くことに


エレベーターにのって



長い通路をテクテク



エレベーターで下界へ降りて対岸に到着



かなりオシリが痛くなってきてたので橋をテクテク歩くのはシリ肉ほぐすのに良かったデス


まあ、傷みがなくなるわけじゃないのだけれど・・


シリ肉に鞭打ってペダル漕ぎ漕ぎ


優雅なマリーナをチラ見してから線路跡の自転車道を走る



この辺りはイスラム的なスカーフ?をかぶった女性がフツーに歩いてて異国情緒豊かなトコロです・・


池みたいにトロ~ンとした神通川を渡る



神通川からほどなくして今回のメイン立ち寄りスポットのアラキさんに到着~ 


が、閉まってる・・


む~ん、定休日の日曜をはずしたまではヨカッタのだけれど、ランチ営業だけだったのを忘れてた・・


麺専門店アラキへの道のりは遠い・・


再チャレンジを誓いつつも凹みながらヘロヘロと富山駅へ向かってペダルを漕ぐ


富岩運河沿いの路を走る


富山の水辺はドコもオサレですな


ウドン食べそびれたので非常食でエネルギー補給スル



富岩運河環水公園に到着



サクラは全開で見頃だったけれど、もう薄暗い時間のせいかそんなにヒトは多くなかった



あと少しガンバって漕いで富山駅に到着~



せっかくなのでマス寿司のお店が集中するエリアへ行ってマス寿司を調達しよう


と、思ったのだけれど、ドコもすでに閉まってる・・


松川べりの夜桜をチラ見しつつ富山駅へ戻る



駅ナカの売店でマス寿司ゲットしたら電車に乗って金沢へ


余裕こいてのんびり電車に乗り込んだらうまい具合に席が全部埋まってる・・


オシリも痛いことだし立ったままでいいかとドア脇に陣取り、たまにドアの開閉ボタン押し係をしながら電車に揺られる


高岡あたりで席は空いたけど、結局最後まで立ったまま


電車の揺れに踏ん張る感覚になんだか学生の頃を思い出したわ・・


留守番してたケモノ達にはお土産は無いけれど、ちゃんとした食事してなかったのでマス寿司がひときわウマかった♪



アップダウンの少ないルートをシッカリ時間かけてるのでアレだけど・・へなちょっこなりにガンバった



なんといっても倶利伽羅の山を越えられたのはウレシイ事でチョットだけ自信がついた気がする


ルートのバリエーションが増えるし


でも、倶利伽羅トンネルはもうゼッタイ通らない・・




越境

8日(土曜日)のコト




春になったら自転車通勤を再開しなくてわ!と思いつつもぜんぜん実行できずにいた春の日・・


冬の間には懸念事案だったブレーキのパーツも買い込んでいたのにそれも放置プレイ・・・
DSC0006353 (1)


コレではイカン!パーツ組み込んで出動しよっ!


なーんて思ったのだけれど、結局パーツは放置したまま、富山方面花見自転車ハイカイングしてきました


おとなりの津幡町の旧国道8号のゆる~い登り坂を県境に向って漕ぎ漕ぎ


スタートしてからたいして走ってないけど、道の駅倶利伽羅源平の郷で休憩デス
DSC0007332 (1)


へなちょこなので、スタートしてしばらくの間がとても足がだるいのです・・


そして今回のルートの中で最大の難所と思われるのが県境である倶利伽羅トンネルまでの登り


ルート全体でココ以外はほぼ登りは無しと言ってもイイのです


朝ゴハン食べて登り坂に備えます
DSC0007333 (1)


登り坂の最後にコブシの花が咲いてたのでパチリ
DSC0007334 (1)

ガードレールのこんがり感が味わい深い・・


思ったより倶利伽羅の登りはキツくなく無事登り切る


まあ、スグ横を元JRの線路が通ってるのでそんな急坂なワケないのだけれど・・


で、最大難所の本命?の倶利伽羅トンネルです
DSC0007335 (1)


道幅が狭く、路側帯はほとんどない自転車にとってはキケン地帯デス


ライトとテールランプの点灯を確認して、クルマの流れの切れ目を狙ってトンネルに突入スル


『大型トラックが来ませんように!』とお祈りしながら全力で漕ぎ漕ぎ!


勾配が無いのがせめてもの救いなのだけれど、957mを全力で漕ぎ続けることなんてできるハズもなく


途中でヘロヘロしてきた頃に後ろからクルマがびゅんびゅん・・


で、やっぱりトラックもゴォーゴォーくるんですねー


ヘロヘロの中、『轢かれませんように!』とお祈りしながら、溝蓋の上をゴトゴトと走りきり無事トンネル脱出~


あー、怖かった・・死ぬかと思った・・いや、死んだわ・・・


まだ県境を越えただけなのに燃え尽きました・・


倶利伽羅トンネル、自転車ではもう絶対通らないコトを決意する


抜け殻になって小矢部の街へつながる下り坂を降りてゆく・・


そして抜け殻のまま小矢部の街を抜け高岡市へ侵入


福岡町でお花見スポット的なトコに遭遇
DSC0007337 (1)


ドコからともなくブィ~ンと軽快な?エンジン音が聞こえるなぁと思ったら川舟が
DSC0007336 (1)

さすが水の都富山ですな


さらに進んで高岡の街中へ


レトロな?コンクリート壁で囲まれた謎の空き地が出現!
DSC0007340 (1)

エンピツ型の建物と立ち並ぶイナバ物置が怪しい・・


しばらく走るとまたあった
DSC0007341 (1)

謎の空き地は3ヶ所発見


犬を遊ばすのにちょうどいいな・・なんて思いつつ、頭に?マーク浮かべながらその場を去りました


高岡市の中心部に近づくとまた桜スポットに
DSC0007342 (1)

ココでも川舟がスイスイ


川舟の上ではサングラスかけたオニイさんがギターをかき鳴らし熱唱してる・・


なんだか不思議な光景でした


少し進むと、ミゴトな庭園の中にみょーな塔が建ってたのでパチリ
DSC0007344 (1)

水道関係の施設みたい


この街では丸型郵便ポストが現役のようです
DSC0007345 (1)


ニャンコの誘惑に負けて路地をウロウロ
DSC0007346 (1)


で、たどり着いた第一目的地のたいやき屋は閉まってた・・
DSC0007347 (1)

無念・・換気扇から漂ってくる香ばしいたい焼き臭がまたカナシイ・・・


気を取り直して、漕ぎ漕ぎして大仏さんをチラ見
DSC0007348 (1)


ニギヤカシイ古城公園をサクラ眺めながら歩く
DSC0007349 (1)


古城公園を抜けたら名物の10段ソフトクリームを食す
DSC0007354 (1)

ん?10段ではないな・・しかし150円はコスパ最高♪


でも夏場は食べきる前に溶けてヤバイことになりそー


甘いもの食べたら塩気が欲しくなるのは人のサガ・・というコトでコロッケゲット♪
DSC0007356 (1)

お肉屋さんのコロッケで、その場で揚げてくれるのでアツアツでウマ~イ♪


イロイロ魅力的なメニューあって心揺さぶられたけど、コロッケ1個でガマンして先へ進む


高岡の街を離れ富山湾に向かって自転車漕ぎ漕ぎ


だらだらと長くなりそうなので、つづく~



プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター