2017年06月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

ジョウデキ

11日(日曜日)のコト



自転車デス


山猫そばリベンジです!


作戦を確実なモノとすべく、前回より1時間チョイ早い時間にスタートです
DSC0007753 (1)


まずはコンビニで朝ゴハン
DSC0007754 (1)


手取キャニオンロードに入ったら寄り道ナシでひたすら漕ぎ漕ぎ


麦畑はスッカリ刈り取られ、お山の雪もだいぶ少なくなってた
DSC0007755 (1)


で、道の駅瀬女に到着~
DSC0007756 (1)


10時前に到着なので、山猫そばゲットは間違いナシ♪


で、予約券ゲット
DSC0007757 (1)

ソバは11時からで、開店前の予約でホボ席が埋まる感じなのか・・


1時間ホド時間つぶして、やっとこ山猫ソバを食す♪
DSC0007759 (1)

天ぷらはボリューミーなのだけど、カンジンのソバがちょっとサビシイ・・


美味しく頂きましたが、舌は肥えていない自分には敷居が高すぎるソバ屋さんですな・・


やはり、ふらりと立ち寄ってチュルチュル食べられるお店が良いデス・・


まあ、三度目の正直でありつけた山猫ソバには満足満足♪


食後にはやはりそば茶ソフトを・・と思ったら行列だったのでやめた


道の駅の売店をひやかしてから自転車を置いてある山猫さんに戻ってきたらすでにソバ売り切れの張り紙が・・


11時から開店で11時30分にソバ売り切れって・・・


オソロシイくらいに人気店なのか・・オソロシイくらいに作るソバの量が少ないのか・・・



お昼前に昼ゴハン終了してるのでまだまだ時間タップリ


前回の手取ダム到達に気を良くして再びチャレンジ
DSC0007761 (1)


前回もキツかったけど、さらにシンドイ感じ・・


山猫ソバ制覇で満足してしまったからなのか?


しかし、今回は手取ダムまでではなく、さらに先を目指します


ダムを越え、トンネルをいくつか抜けて手取湖の赤い橋を見下ろす
DSC0007762 (1)


さらにトンネルをいくつか抜けると恐竜出現して白峰地区に侵入
DSC0007763 (1)


恐竜の村?らしくガードレールが噛られてる・・
DSC0007764 (1)


白峰の中心部に到着
DSC0007765 (1)

売店でちょこっと買いものして、近くの志んささんでトチモチを調達


ふだん白峰地区にきても街中を探索するコトないので、ちょっとぶらぶらしてみる


が・・なんもないですな・・・


最近修復した風なお寺の石垣
DSC0007766 (1)


この辺りの家にチョイチョイ設置されてる、丸太を縦にパカっと割って造ったと思われるハシゴがステキ
DSC0007767 (1)


とりあえずかふぇでひと休み
DSC0007774 (1)


カフェというより田舎の親戚の家にいったみたい・・
DSC0007771 (1)


うどんがイチオシっぽかったけど、ソバ食った後なのでパス


コーヒーとぼたもちを希望したのだけれどぼたもち売り切れで、謎のおやつ?『かましいりこ』にスル
DSC0007772 (1)

初体験のかましいりこ・・・昭和の味がした・・・


コーヒー飲んでマッタリしてたら思わず横になって昼寝したくなるくつろぎ空間・・


雪だるまカフェを出たら後は帰るだけ


白峰から手取ダムまでは少し登りありつつも全体的には下りなので、あ~~~~っという間に下界へ


この日の手取川の流れは濁り濃い目
DSC0007775 (1)


下界に降りたらチョーシこいて鶴来の街を少しだけ探索
DSC0007777 (1)


いろいろ探ってみたい街なのだけれどシリ痛が限界なので道の駅しらやまさんに戻る
DSC0007778 (1)


帰り道に恒例の?焼豚ゲットして晩ゴハンに
DSC0007781 (1)

で、消費したカロリー台無しにするのもまた恒例・・


ひさしぶりな志んさのトチモチもウマかった♪



山猫ソバ食べれたし、白峰までたどり着けたし、


今回の山猫そばリベンジ手取キャニオンロード+白峰チャレンジ自転車徘徊は満足度が高い


しかし、手取方面はもうお腹イッパイかも・・


今度は紅葉の季節にでも・・・いや、その頃にはバイクに・・・


軌道修正




しばらく自転車徘徊のコトばっかだったので・・


このあたりでお口直しに?わが家のケモノ達の写真を並べてみる
DSC0007787 (1)


























何歩及ばず?

28日(日曜日)のコト




わが家のバイク達は療養中なので、またまた自転車で出動~


前の週にその『ほどよさ』に気を良くして手取キャニオンロードへ再び


昼の12時にはソバが終わってしまうソバ屋のリベンジするのも目的のヒトツ


ソバ売り切れる前に到着したいので、早めに出発して往路は寄り道しない作戦


だったのだけど、やはり早起きできず、前回より1時間だけ早いスタートに・・
DSC0007724 (1)


寄り道しない作戦だけど、おはぎ屋さんの笹ずしとコンビニパンで朝ゴハン
DSC0007727 (1)


途中の麦畑、遠くからは黄金色に見えたけど近くでみるとまだ青いのね
DSC0007729 (1)


寄り道しないでシャカシャカ漕いで手取キャニオンロードの終点近くの橋は濁ってるのか澄んでるのか・・
DSC0007731 (1)


で、道の駅瀬女に到着~
DSC0007732 (1)


寄り道せずにガンバって漕いだ甲斐あってソバ屋には11時30分着♪


『ソバ売り切れ』の張り紙もない


がっ!お店に入ると店員さんが『10組ホド順番待ちですが・・・』とおっしゃる・・・


む~ん、そんなに順番をジッと待つのはムリ


12時には売り切れるのにこのタイミングで10組待ちって・・もう売り切れが目前なんじゃ?


で、『また今度にしま~す♪』と店を出る


いや~、昼ゴハンのために何時に来ればいいんだろ・・


仕方がない、気休めのソフトクリームを


今回はタイミングよくサクッとゲットした不思議な名前の上下ソフト♪
DSC0007733 (1)

下がそば茶ソフトで上にカプチーノソフトが乗っかってる


カプチーノソフトがボリューミーでコーヒー豆をカリカリしてふりかける時、グラっと崩落しそうになってアセった


と、少しだけ欲求を満たしたらコレからどーしよーか・・


まだ昼前だし、も少しガンバって手取ダムまで登りましょー


で、道の駅瀬女から漕ぎだすと元スキー場の駐車場がなにやらニギヤカシイ


覗いてみると、パイロンジャンキーな方々がグルグルしてました
DSC0007734 (1)

ウマイなぁと羨望のまなざしでしばし見物


あんまり長いコト上手な人達を見てるとココロ折れそうなのでホドホドにスル


ダムへの登り坂はヘナチョコにはタイヘンきびしくイッキには登れない・・


も少しで登りきれるトコだけど、ダムビュースポットで2回めの休憩・・
DSC0007735 (1)

手取ダムをジックリ観たの初めてかも


トンネルをドキドキしながら漕ぎ漕ぎして手取湖に
DSC0007737 (1)

いや~、燃え尽きたわ・・というか死ぬかと思った・・・


運動不足のオッサンがやってはいけないコトのような気がするくらいしんどかった


離脱したタマシイが戻るまでしばし湖面を眺めながらマッタリ


今は道の駅瀬女がバイクのたまり場になってるけど、


昔は手取ダムの駐車場にバイクがイッパイいたなぁ・・と、遠い眼差しになりつつ・・・



で、手取ダムを後にする


下り坂は爽快♪楽チン♪極楽~♪


しかし、ナカナカのスピードでるのでけっこう怖かったりスル


登りとは違う意味で死にそうになったり・・・


道の駅をチラ見してから少し下のコーヒー屋さんで休憩
DSC0007738 (1)

死ぬ思いした後のコーヒーがウマイ♪


狭い店内は他にお客はおらず、前の道路を行き交うバイクを眺めながらマッタリと優雅なお茶の時間でした


いろんなトコロにやたら生えてる白い花
DSC0007739 (1)


ダム坂で燃え尽きたけど、コーヒー休憩で気持ちだけは復活したので帰りは余裕こいて遠回りして鳥越ソバを食ってゆく
DSC0007745 (1)


古民家のソバ屋は落ち着くわー
DSC0007740 (1)


この辺りは下界と違ってまだまだ寒いのだろうね・・と思わせるファンヒーター
DSC0007744 (1)


美味しいソバに満足したら、後はシャ~カシャ~カとのんびり下るだけ


白山さんまで戻ってきたら近くのイワナ屋へ
DSC0007746 (1)


軽く塩分補給デス
DSC0007747 (1)


で、道の駅しらやまさんに戻って、手取キャニオンロード+手取ダム&人気ソバ店リベンジならず自転車ツーリング終了
DSC0007749 (1)


人気ソバ店はザンネンだったけど、なにかと充実した時間を過ごせて満足度の高い1日だった


超スローペースながらも手取ダムまで行けたのは大きな収穫


また少し自転車徘徊の未来が開けた感じ


お不動さん



今年の春はやたらと自転車に乗ってウロウロしてます


バイク乗るのにベストな季節にもかかわらず、バイクのバの字も無く・・


まるで免停になったバイク乗りみたいな休日を過ごしておりますが


当然、免停なんかになったワケではない


手持ちのバイクを売り飛ばしてニューマシンの納車待ち♪・・・なんてコトはなく


自転車に目覚めてしまってバイクに戻れない!・・・とか、


もうイイお歳ごろなのでバイクは卒業~・・・なんてコトもない



長期休養中のベンベ君のかわりに頑張ってたレイド君


ときおり発生するミッション?からの異音が気になり冬の間にオーバーホールを決意


で、レイド君の心臓摘出
DSC0006366 (1)


したのはいいのだけれど、イロイロあってそのままぜんぜん手つかず・・


ようやくバラシ始めた時にはもう春の気配が・・


まあ、異音の原因はたぶんミッションのベアリングだろうし作業始めればチャッチャと進むだろう・・


なんてお気楽な見立てだったのだけれど


バラシ始めてソッコー嫌な予感が・・
DSC0006989 (1)

オイルフィルターに金属片がイッパイくっついとるー


もともと高くはなかったモチベーションが急降下・・


クラッチプレートにも噛みこんだ金属片がつけたであろう一本線が・・
DSC0006991 (1)


金属片の発生源だったオイルポンプ
DSC0006995 (1)


急降下のモチベーションは日本海溝に沈む・・


オイルポンプがご臨終なのはイイとして・・(イヤ、良くはないけど・・)


状況からして、たまにポンプが空回りしてたっぽいので、心配なのは油圧低下によるエンジンのダメージですな


オイルポンプから一番遠いと思われるカムの表面がコンガリしてる・・
DSC0007101 (1)


あと、シリンダーにはほのかな引っかき傷があったけど、コレは見なかったコトに・・


なので、エンジンのダメージは無いものと・・


バラシたついでにピストンまわりは交換するつもりだけど


で、カンジンの異音の原因は・・


たぶんミッションメインシャフトの左側のベアリング


コレも金属片が悪さしたのかなー


というコトで、ベアリング総取り替え+オイルポンプ交換


そして、ついでのピストンまわり交換+ついでのクラッチディスク交換+その他モロモロってな感じの作業が確定


と、道筋がついたのだけれど、日本海溝に沈んだモチベーションはいまだ浮上せず、部品発注に至らない・・


なので、レイド君のエンジンはバランバランのままなのですねぇ
DSC0007622 (1)


えーと、バイク3台バラけたままだとガレージの中が身動き取れない・・


まあ、もう梅雨の季節だしアセらずのんびりと・・


なんてコトいってるとこのままダラダラと放置しそうでマズいですな


とりあえず代わりのエンジン載せてみたけど・・
DSC0007628 (1)

ダメだ・・1にゃりきじゃパワー不足・・・


気まぐれでアクセルレスポンス超悪いし・・・



早くエンジン完成させないと、ヘナチョコが夏に自転車徘徊してたら身体壊すコト間違いナシや・・


ほどよく

21日(日曜日)のコト



この春は、ワケあって自転車徘徊ばっかりしてますが・・・


またまた自転車徘徊デス


非日常性を求めると行き先は県外に目が向いてしまいますが、今回はお手軽に県内で


手取川に沿ってつづく手取キャニオンロードをペダル漕ぎ漕ぎ徘徊してきました


スタート地点は道の駅しらやまさん
DSC0007664 (1)


まずはチョロっと漕いで白山さん拝んで行く
DSC0007669 (1)


お参り済ませた後、おはぎ屋さんで朝ゴハンというか昼ゴハンを調達して手取川遡上自転車徘徊リスタート


白山さん近くにステキな公民館あるんだけど、ド真ん中がゴミ置き場になっててザンネンな風景になってた・・
DSC0007670 (1)


一般道から自転車専用道へ侵入
DSC0007671 (1)


シャレたトラス橋の金名橋
DSC0007673 (1)


年中ウス濁りの手取川はこの時期雪解け水で濁りは濃い目
DSC0007674 (1)


手取キャニオンロードは線路跡に造られてるので、たぶんココは駅の跡
DSC0007675 (1)


通るたびに気になる今にも崩れそうな木造建築物
DSC0007676 (1)


麦畑の向こうに見える雪山は『白山』であってるのかな?
DSC0007677 (1)


何度も近くを通ってるけど立ち寄ったことのない観光スポット綿ヶ滝に寄ってく


まずは展望台へ
DSC0007678 (1)

おお、思いのほか立派な滝っぽい


おなか空いたので、おはぎ屋で調達した笹ずしを食べてゆく
DSC0007680 (1)

むむ、シンプルなのね・・と思ったらウラ側にマスがくっついてて逆にゴージャス


エネルギー補給したら滝を近くから見てみよう


川へ下りる階段がなかなかエグい・・
DSC0007683 (1)


イイ感じの滝♪
DSC0007684 (1)

コレで川の流れがスケスケでキレイだったらなぁ


それと滝の水の元が用水路みたいな流れという現実を見たらダメだな・・


かつてのイチバン上流の駅跡に到着
DSC0007688 (1)


もう少しで手取キャニオンロードの終点の道の駅瀬女


だけど、ココからが行程の中でイチバンキツイ登り坂がチョロチョロっと・・


で、息切らしながら道の駅瀬女に到着~
DSC0007690 (1)


さて、せっかくなのでソバでも食っていこうかと思ったらザンネンなコトに打ち止めデス・・
DSC0007691 (1)

1時頃だったけど、12時にはソバ終了だったみたい・・


む~ん、12時で終わりなんて・・・


仕方がない、気休めに?そば茶ソフトでも食ってくか・・と思ったのだけれどソフトクリーム売り場には大行列デス・・


列んでまで・・・なので、気の毒なくらい空いてるお隣のソフトクリーム売り場で棒茶ソフトMIXをゲット
DSC0007693 (1)


ソフトクリーム食って、道の駅でトチモチを仕入れたら帰ります


道の駅から少し下ったトコの珈琲koubouでコーヒー飲んでいこうと思ってたのにまさかのclosed・・・


む~ん、日曜の午後に店閉めてちゃイカンやろ・・


帰り道は少し手取キャニオンロードを外れて、ひさしぶりに御仏供杉を眺めてく
DSC0007695 (1)

何度見てもぐおんぐおんしてる枝がスゴイ迫力デス


弘法池にも寄っていく
DSC0007702 (1)

えーと、イロイロとほのかにザンネンな感じ・・


しかし、魅力的なポイントもあって、周辺にはネコ多し♪
DSC0007699 (1)

DSC0007701 (1)


めおと岩をチラ見
DSC0007704 (1)


いつもは横目で見ながらスルーするレンガの発電所をジックリ見物
DSC0007706 (1)


シャカシャカ漕いで白山さんの下まで下りてきた
DSC0007709 (1)


で、道の駅しらやまさんに戻ったら手取川遡上自転車徘徊は終了デス
DSC0007711 (1)

片道20kmホドの緩い登りなのでのんびりと自転車漕ぐにはナカナカのほどよい感じ


ちょいちょい通ってもイイかも


帰りに寄り道して焼き豚をゲット
DSC0007713 (1)

甘味と塩気はバランスとらないとね・・


沼の入り口



冬の間にグレードアップされたわが家のめだかハウス
DSC0006180 (1)


めだか達は気に入って?くれたようで春にかけて卵をポコポコ産みまくり
DSC0006406 (1)


コレは子孫繁栄まちがいナシですな~と、よろこんでいたのだけれど、そんなウマいコトにはならず・・


卵を別容器に隔離してみると孵化はするのだけれどスグにお亡くなりになるばかり・・


そのうち孵化さえしなくなる・・


む~ん、子孫繁栄は無理っぽい・・と、あきらめモード


オマケに親めだかも少し減少・・


そんなザンネンな日々を過ごしてると同居してるエビちゃんに変化が


2匹ホドのエビちゃんがお腹に卵を抱えてる


薄い緑色で、ちょっと甘エビの卵っぽい感じ


しかし、いつまでたってもエビちゃんジュニア誕生しない・・


そのうち薄い緑色の卵抱えてたエビちゃんがノーマル状態に戻ってる・・


あり?卵ダメだったのかな?それとも産まれた稚エビはソッコウめだか達に食べられたのか?なんて思ったり・・


が、ある時ボケ~ッと水槽を眺めてたら、底に敷いてある砂の粒がワラワラとウゴメイテル


老眼の眼玉ににムチ打って目を凝らすとワラワラしてたのは稚エビ♪


何匹いるかわからない大量の稚エビ達がウゴメイテいたのでした


エビちゃん大繁殖デス
DSC0007358 (1)


めだか水槽ではなくエビちゃん水槽になりそう


む~ん、もともとは田んぼの用水路に取り残されてたのをカドワカシて睡蓮鉢の用心棒にしためだか達


このまま水槽の中で絶滅してしまうのはなんだかサビシイ


近いうちに田んぼに行ってカドワカシてくるかな・・・


な~んてコトを企んでいた日々の中、ずっとガマンしてたモノをポチってしまった


シマドジョウさんデス
DSC0007659 (1)

届いてからその大きさにビビった


めだか達には興味ナシだったシーナも、存在感大のドジョウさんには興味シンシン
DSC0007660 (1)


導入は失敗だったかな~と後悔したシマドジョウさんだけど、けっこう可愛かったりスル
DSC0007721 (1)


ただ、突然ハイテンションに泳ぎだすのと、砂に潜って水草を掘り起こしちゃうので水槽内はかなりの荒廃感が・・
DSC0007723 (1)


こりゃ、水槽を増築してドジョウさんの別居計画を発動するかな~


と、別次元な本末転倒思考に陥っております・・


出没注意

14日(日曜日)のコト




さりげなく・・ゴールデンウィークのデキゴトがスッポ抜けてますが・・・


連休前半は里帰りしてのんびり過ごしてきたものの、イロイロ作戦練ってた連休後半はまさかの風邪ッぴき・・・


ボスのサンポ以外は家にひきこもり、どんよりとした灰色の連休を過ごしておりました・・



で、14日


春の恒例、ボスと林道サンポへ


しかし、いつもの林道は山菜採りらしき先客のクルマ止まってたのでプランB


途中、地すべりスポットあったり、最後は道が自然に還ってて行き止まりになるホボ廃道な林道へ
DSC0007632 (1)


ひさしぶりの林道サンポでボスさんもゴキゲン♪
DSC0007633 (1)


まずは水分補給を
DSC0007634 (1)


ボスさん、いままでこんなちょっとした流れでも渡るのを躊躇してオロオロしてたのだけれど、


この日はなんのためらいもなくチャプチャプ通過・・


む~ん、ボス10歳にしてようやく水の恐怖を克服したのか?


新緑あざやかな山道をゆく
DSC0007635 (1)

ゴキゲンなボスは先へ先へ行っちゃうので時々オヤツで釣って呼び戻す・・


赤い橋を見下ろして
DSC0007636 (1)

ポツポツと駆け抜けてゆくバイクを眺めながら『ああ、バイク乗りた~い』とココロの中で叫ぶ・・


ミドリの中で目立つツツジの花
DSC0007638 (1)



先をゆくボスがチョット離れ過ぎたかなッと思ったとき、遠くからチリンチリンと熊鈴の音が!


あっ!マズい!


ボスを呼んだのだけれど、ボスはコッチをチラッと見ただけで、ゆるく曲がった林道のむこうに消えそうに


と、その瞬間むこうから山菜採りのおじさん現れ、ボスと鉢合わせ


ボス、バウバウと吠える・・


おじさん、『うわあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~~~~』と、想像以上に驚く・・


飼い主、慌てて駆け寄り『スイマセン、スイマセン、咬むコトはないデス、ゴメンナサイ』と平謝り


幸い、その人は犬嫌いなわけではなく、純粋にクマだと思ってビックリしたもよう


『クマが、ワンワンってオカシイと思った・・』なんて笑ってた


しかし、今まで見たことのないレベルの驚きようだったので、さぞや寿命が縮まっただろうな・・


いや~タイヘン申し訳ないコトした・・


今までココで誰かと遭遇したことなかったケド、油断禁物ですな・・


気を取り直して林道サンポ再開
DSC0007640 (1)


シュルシュルのびるシダのミドリがキレイ♪
DSC0007641 (1)


林道がヤブにのまれてるトコの手前の沢が折り返し地点
DSC0007643 (1)

城端のサンドイッチ屋で仕入れてきたサンドイッチ&パンで遅い昼ゴハン


写真にはないけど、一緒に買ったフレンチトーストがウマウマ♪ また食べたい


食うモン食ったら、水飲んで帰ります
DSC0007645 (1)


ひぃ~~!なんでわざわざネチョネチョポイントをいく?
DSC0007646 (1)


おもしろいカタチの花
DSC0007648 (1)


ぐるぐるして綿毛ついてるとみんなゼンマイにみえる・・
DSC0007650 (1)


まだツクシでてた
DSC0007653 (1)


スタート地点近くの沢でボスの泥んこアシを洗おうと企むもボスに気づかれて逃げられた・・


で、ちょっとアセアセなボス林道サンポ終了


ボス、泥んこのままクルマに乗せたケド、思ったより泥泥ではなかった
DSC0007654 (1)

しかし帰ってからのシャンプーは必至


帰宅後、ボスに取り付いたダニ3匹ハッケン


む~ん、フロントラインをポチョンしてまだ3週めなんだけどなぁ


去年買ったヤツだから効き目弱くなってんのか?と思ったケド、使用期限はまだ先のよう


やはり五箇山のダニーズがたくましいのか・・


ああ、虫の心配が要らない雪山が恋しい・・


プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター