2017年08月 - ボスとシーナとふらふらふらっと

身についたもの

13日(日曜日)のコト その2



せっかく唐松岳のてっぺんにたどり着いたのに、景色はまっ白け


しばらくガスが晴れるのを待つケド、晴れる様子なし・・


ランチしてるお姉さま達の方から流れてくるカレーの香りがなんとも魅惑的で、さっきゴハン食べたのにお腹すいてくる


しかし、食料は食べ尽くしてしまったので何もない・・


帰る時は念のため山荘で超高級パンを買って行こう・・


このくらいガスってる方が『天空の~』感があっていいかも・・
DSC0008278 (1)


諦めて山頂をあとにする


少し下ったトコロで空が明るくなったのでふり向くと山頂上空に青空でてるやんけ
DSC0008280 (1)

む~ん、下山すると晴れるという登山あるある発動か・・


一瞬、山頂に戻ろうかと思ったケドそんな余裕はない
DSC0008282 (1)


まあ、すぐまっ白けになるんだけどね・・


ガスかかっててもステキな景色だ
DSC0008284 (1)

よくよく観ると山荘とテン場はけっこう標高差あるのね


あんまりのんびりしてると帰りのリフトに乗れなくなるので後ろ髪を引かれながら下山スル
DSC0008291 (1)


帰り道は登ってきた時より、天気はマシな感じ
DSC0008292 (1)


しかし、丸山ケルンはやっぱりまっ白けでザンネン
DSC0008296 (1)


ガスの中、怪しくウネるダケカンバがステキ♪
DSC0008301 (1)


フト足元をみるとカタツムリが!
DSC0008303 (1)

こんな標高高いトコにもカタツムリがいるのか? いろいろ想像すると、なんか寒そう・・・


少しマシになってたけど、やはり八方池はまっ白け
DSC0008304 (1)

もう遅い時間なので人影は少ない


八方ケルンでのんびり歩いてる子連れ夫婦を追い越してきたけど、リフトの時間に間に合ったのだろうか・・
DSC0008306 (1)


木道になったらゴールは近いけど、リフトの時間が気になって焦りながら痛いヒザにムチ打ってポクポク歩く
DSC0008308 (1)

遅れて乗れなくても登山道歩けば下りれるしイイんだけど・・ヒザと足のウラの傷みが3割増しになりそうだしねぇ・・・


またいつの日かこの景色を拝みたい
DSC0008309 (1)


思いのほか余裕の時間にリフト乗り場に到着
DSC0008310 (1)


ホッとして、余裕こいてソフトクリームをいただく
DSC0008311 (1)


登りの時よりちょっとマシなガスの中、無事下界へ



今回、やや選択ミスだった気がする唐松岳の山歩きだったけれど、ソコソコの景色を味わえたのでヨシとする


しかし、スタートからてっぺんまでずっとガスの中、雨まで降ってたのに歩ききれた自分を褒めたい


山歩きするようになって体力はぜんぜん向上してないけど、忍耐力はついたかな?


いや、忍耐力というより、現在の状況を棚上げにするチカラか・・


やはり『登る』だけを楽しむコトはまだできないですな


登ったあとのイイ景色のご褒美がないとねぇ



帰り道の晩ゴハンは銭形でトンカツって決めてたのに、着いてみるとお店の入り口にはマサカの順番待ちの列・・


む~ん、銭形って行列のできるお店だったのか・・・?


列んでまではアレなので、スルーする


で、有磯海サービスエリアでカツカレーの晩ゴハン
DSC0008315 (1)

この選択は、唐松岳山頂でのカレー臭と銭形のトンカツへの未練が融合した結果なのは言うまでもない・・


いがいと美味しかったカツカレー


しかし、カツはルーの上にのせてソースかけて欲しいと思うのは金沢在住が長くなってきたせいか・・



おしまい

修行

13日(日曜日)のコト



天気予報があんまりパッとしないお盆休み


ちょいイイ天気っぽい日曜日にお山へ出かけるコトを計画


狙ってた白馬方面へ行きたかったけど、天気がイマヒトツ・・


近場で天気良さ気な焼岳へ行くコトにして土曜日の夜は就寝


で、日曜の朝、念のため天気予報をチェックすると、白馬方面の天気がイイ感じではないか!


ココロ揺れる・・


焼岳か白馬か・・優柔不断なので決めないまま出発~


高速走りながらアレコレ思いを巡らした結果、白馬方面、唐松岳に行くことにする


しかし、糸魚川に侵入しても雲行きが怪しい・・


なんかヤな予感・・・


白馬へむかうR148でも雨パラついたりして気分はドンヨリ


で、白馬の町からのお山の様子はまっ白け~
DSC0008240 (1)

む~ん、天気予報に騙されたか・・


焼岳にしとけばヨカッタか~?


などと思いつつもまっ白けな黒菱林道を登る
DSC0008241 (1)

もしかしたら林道を登り切ったら晴れてるかも・・なんて期待はアッサリ裏切られ、


ガスガスな黒菱のリフトのりばに到着すると駐車場がかなりイッパイで、はしっこの草むらに停めさせられる


ドンヨリな気分のままリフトでワ~プ
DSC0008242 (1)

リフトで揺られてる間にシッカリ雨降りだしてしっとり潤う・・・


帰ろうかな・・なんてコト考えつつもリフト登り切ったら晴れてるかも・・なんて思いながら、八方池山荘へ


みんなカッパ着てる・・
DSC0008243 (1)


スタートの段階で、いやスタート前からだけど、天気悪いのに登れるのか?自分・・


上へ行けば晴れてるかも・・


時間がたてば天気回復するかも・・


と、自分を励ましながらスタートする


景色無いのでモクモクと歩く


ヤケに人気の八方ケルン周辺もまっ白け
DSC0008245 (1)


とてもザンネンな景色の八方池もスルーして
DSC0008247 (1)


いつ折れてもおかしくないココロの支えはおととし満喫した唐松岳の景色


コレはなんの修行だろう・・?とココロの中でつぶやきながらテクテク・・
DSC0008249 (1)


途中、下山してきたヒトが『山荘まで行くと雲から抜けますよ♪』と行ってるのを小耳にはさみテンション


扇雪渓はもう小さくなってるし汚いしモヤッとしてるし・・・
DSC0008251 (1)


雪渓より上へ行くとガスが少し晴れて期待が高まる
DSC0008253 (1)


景色観れない分、休憩が少なかったのか(ヒトよりはたくさん休憩してるけど・・)呼吸が整わずツライ・・


座り込んでタップリ休憩してたらなんとか復活


綿毛のチングルマもしっとり
DSC0008254 (1)


丸山ケルンもやっぱり景色ナシ
DSC0008256 (1)


チョイ怖ゾーンもまっ白けで恐怖感はうすいかも
DSC0008260 (1)


で、唐松岳頂上山荘に到着~
DSC0008263 (1)

む~ん、晴れてないですな・・


あまりにも登るの遅くて晴れ時間に間に合わなかったようです


ガスと一緒に登ってきた感じか・・


しかし、こんな天気でもヒトいっぱいですなぁ


ガスの流れは速く一瞬の晴れ間くらいなら期待できるかも・・と、自分のココロを支えてみる
DSC0008266 (1)


テン場を見下ろすと谷からガスがモワモワッと上がってくる
DSC0008268 (1)


山荘前でしばしゴハン休憩したら、晴れるコトを願いつつ唐松岳山頂へ


で、ケッキョク晴れるコトなく山頂にたどり着く
DSC0008274 (1)

やっぱりまっ白けの景色はカナシイ・・




そしてつづく・・・





五里霧中

6日(日曜日)のコト その3




大黒岳から畳平の駐車場へ


乗鞍スカイラインを下る前に、温かいもの食べたくなったのでバスターミナルで軽食を
DSC0008206 (1)

思いのほかウマかった豚まん&コロッケ


誘惑に勝てずソフトクリームも・・
DSC0008207 (1)


駐車場で待ってた愛車を解放~
DSC0008204 (1)


雲が多いものの、乗鞍スカイライン走ると気持ちイイ♪
DSC0008208 (1)


イチバン好きなトコロ
DSC0008213 (1)


青空じゃないのがザンネン
DSC0008214 (1)


爽快なルートはアッという間に終わる・・奥のカーブを曲がったら雲の中に突入する予感
DSC0008216 (2)


緑の中に岩が点在する山肌も好き・・ 毎回同じ写真撮ってる気がする・・・
DSC0008218 (1)


雲の境目
DSC0008219 (1)


雲の中はお肌が潤うわ~
DSC0008220 (1)

今回、自転車のライトを持ってこなかったのが失敗


まあ視界が悪いとスピード出せないからアレだけど・・


テールライトだけピカピカさせて走る


夫婦松駐車場まできたら雨降ってきた
DSC0008222 (1)


濡れた路面の下りが怖い


で、平湯峠まで下りたトコロで雨が本降り・・
DSC0008223 (1)

ひさしぶりにパンツまでずぶ濡れ~


しかし、国道に出る頃には雨は上がり、ホッとする


が、国道はクルマがビュンビュン抜いてくので怖い


朴の木平バスターミナルに到着~
DSC0008224 (1)

国道走ってるウチに服が8割ホド乾燥しててラッキー


帰りはちょうどイイ時間だったので、いつもの国八食堂へ
DSC0008226 (1)

DSC0008227 (1)

初めての中華そば


ホルモン定食のしょっぱい味噌汁のかわりにと思って中華そばにしたけど、中華そばもしょっぱいのね・・


おいしい晩ゴハンだったけど、いつものように消費したはずのカロリーも塩分もスッカリ元通りか・・


いや、リバウンドしてる気がする・・・


メタボ解消と減塩生活への道のりは遠い・・・




おしまい




ごりやく

6日(日曜日)のコト その2



肩の小屋をあとにして畳平へむかう


青空がイイ感じだったので、富士見岳へ寄り道
DSC0008165 (1)


富士見岳のあたりはコマクサがイッパイ咲いてる
DSC0008167 (1)


不消ヶ池の氷河にクラック入って崩落寸前~
DSC0008172 (1)


富士見岳てっぺん到達~
DSC0008174 (1)


あいかわらずガスガスだけど青空がでてると気持ちイイ♪
DSC0008175 (1)

DSC0008176 (1)


富士見岳から降りる途中、ウレシイご褒美が
DSC0008188 (2)

ライチョウかわいいわ


ライチョウカップル見れただけでも乗鞍岳にきた甲斐があったかも


と、ゴキゲンで富士見岳を下山して県境ゲート付近から乗鞍高原方面を眺める
DSC0008189 (1)

ぷかぷかな雲がイイ雰囲気


気分良くて大黒岳にも寄り道スル
DSC0008191 (1)


へぇへぇ登っていくと登山道をウズラが横切る・・・
DSC0008192 (1)

なんでウズラが?・・・いやいやライチョウのおこちゃまやないか!


も少し進むと母ライチョウと合流
DSC0008194 (1)P

母ライチョウと4羽のヒナ


自由気ままにチョコチョコと歩きまわるヒナ達・・母ちゃんはタイヘンやね・・


下界では人工繁殖のヒナがお亡くなりになったニュースがちらほらあったけど、無事にスクスク育ってほしいものですな


む~ん、ライチョウカップルの次にライチョウ親子との遭遇、なんてラッキーなんでしょ


と、大黒岳てっぺん到着~
DSC0008197 (1)


コチラは人気無いのか先客ひとりと後から来たの3人だけ


平べったい山頂を少し先へ進んでみると、乗鞍スカイラインをビュイ~ンと下っていく自転車の列
DSC0008199 (1)

乗鞍スカイラインor乗鞍エコーラインを登ってくるだけでもスゴイ!と思う自転車のみなさん・・


中には溢れるエネルギーを持て余してるのか、サイクルウエアで剣ヶ峰へサクサク登って行くヒトもチラホラ・・・


む~ん、やはり・・自転車乗りはみんなドMに違いない・・・


大黒岳の先にも登山道がずっと続いてるのね
DSC0008200 (1)


大黒岳に登ったのは初めてだったのでチョット新鮮な風景だった
DSC0008201 (1)


大黒岳を下ったら山歩きはおしまい


あとは自転車で下りの乗鞍スカイラインを楽しむだけ


つづく



避暑る

6日(日曜日)のコト



夏らしく・・暑い日が続いてた・・・


そんな時は下界を脱出して標高の高いトコロへ行きたいですねぇ


しかし、天気予報がパッとしない


また太郎山へ行こうかなーと、チラッと思ったりしたけど、まだツライ思い出を忘れられていないのでやめとく


良い方へ予報がはずれるコトを祈りつつ、


もしもの時のダメージが少なそうな、お手軽3000mの乗鞍岳へ行ってきました


バスで乗鞍畳平へ行き、山歩きした後は自転車で乗鞍スカイラインを下るいつもの作戦デス


やや早起きに成功して、ゴキゲンで高速走って高山市へ侵入するとまさかの雨ザーザー・・・


ココロ折れそうになるもそのまま進むとほどなく雨あがる


で、ほおのき平スキー場の駐車場にクルマ停めて、バスに乗って畳平へ


バスはガスでまっ白けな乗鞍スカイラインをユサユサと登っていく


車窓からの景色は楽しめず


しかし、ほおのき平バスのりばの情報では、畳平の天候は晴れ、視界は良好となっていたので気にしない


が、畳平に着いてみるとまっ白けやん!
DSC0008120 (1)


まあ、ガスの流れは速く、すぐに視界は開けるのだけれど・・


自転車をくくりつけたらお花畑ルートでスタートします
DSC0008121 (1)

団体さんが・・お花畑を満喫してらっしゃる・・と、とうぜん大渋滞・・・


大型バス一台分くらいかな?ガイドさんは先頭のひとりだけっぽいのに、チョット人数が多すぎるんじゃ?


こんなトコロでイライラしちゃイカンとココロに念じながら団体さんを追い越していく


と、まだスタートしたばっかなのに息切れしてくらくら~


バスターミナル近くだからといって油断しちゃイケマセン、標高2700mですからねー


ゆっくり呼吸を整えながら肩の小屋へ向かうとまたまっ白け~
DSC0008123 (1)


雪渓でスキーを楽しむド変態好きモノなヒト達
DSC0008125 (1)

この日の雪渓の上はチョット混み過ぎじゃないか・・


肩の小屋では強い日差しが
DSC0008127 (1)

天気良くなるコトを期待しつつ登りスタート


前方に渋滞発生中だったのでゆっくり休んでいく
DSC0008130 (1)

やっぱ乗鞍はヒト多いですな


チラッと現れた青空を映す権現池
DSC0008131 (1)


ガスに霞む山頂へはもう少し
DSC0008135 (1)


やや混みの山頂小屋をスルーして
DSC0008136 (1)


たどり着いたてっぺんも大賑わい
DSC0008141 (1)


遠くの山々はサッパリ観えないけれど、ガスの切れ間からの景色がウレシイ
DSC0008147 (2)

DSC0008148 (1)


ヒトの切れ間を狙って
DSC0008155 (1)


乗鞍本宮神社にお参りしたら、ウラへまわって軽く昼ゴハン
DSC0008156 (1)


ガスの切れ間の景色を楽しんでいたいけど、いつまでもてっぺんに居座るワケにもいかないので下山します


と、青空率が高くなって夏っぽい景色に
DSC0008157 (1)


下ってくると山頂が晴れてる様に見えてチョイチョイ振り返りながら、肩の小屋まで無事下山
DSC0008162 (1)


小屋前でしばらく山頂方面を眺めながらマッタリしてから畳平へ戻ります


そして、つづく



思いのほか




夜サンポでカブトムシに遭遇~


おお、小ぶりだけどカブトムシを捕まえたの何十年ぶりだろー


バカなので、ちょっとテンション上がる・・


持って帰りたい衝動にかられたけどグッとこらえてリリース


家に持って帰ったら・・ボスが怯える&シーナの餌食になるコト間違いナシだもんね


しかし、わが町内でカブトムシ発見するとは思わなかった


『街』ではないけど『山』のほうでもないし


どっかの家から脱走したヤツだったのかな?



次の日の朝サンポで長いモノ発見!
DSC_0665 (1)

む~ん、ヘビの抜け殻・・・ナカナカの大物ですな・・・


この町で暮らして十何年、ヘビみたコトなく、水辺なのにヘビいねーのかなーなんて思ってたケドやっぱいるのね


カブトムシがいてヘビもいる・・カメやスッポン、カニ、カエル、川魚、野鳥、タヌキ、ハクビシン・・


身のまわりに自然が豊か?なのはタイヘン喜ばしいコトですなぁ


できればヘビとの遭遇したくないけれど・・・



いっさい

26日(水曜日)のコト





7月26日はシーナの誕生日


シーナがわが家にやってきた最初の頃はイロイロ不安があったけど、


無事に1歳の立派なしましま猫になりました



こんなにチビッコだったのにねぇ・・
DSC0005222 (1)


1歳の誕生日は特別待遇・・ボスにもあげたコトないケーキ(猫用)を
DSC0008099 (1)

こんなの食べるんかいな?と思ったけど、チビリチビリとムチャムチャ美味しそうに食ってた


『しましまがウマそうなモノ食ってる!オイラの分は?』的なボスの視線・・・
DSC0008110 (1)


ボスさん、目がヤバイですよ・・
DSC0008111 (1)


まあ、シーナが食べきれるワケないので、


ボスさん、おこぼれにあずかる
DSC0008116 (1)

チマチマ食ってたシーナと大違い、瞬食っ!


ボスの子分としてわが家にやってきたシーナ、もうどっちが親分なのかわからないイイ感じになってます
DSC0008096 (1)


飼い主の幸福度が激アップしたのは間違いない


シーナを産んでくれたシーナママに感謝!


シーナに『犬はともだち』と教えてくれたゴールデンてんぱちにも感謝


そして、シーナ兄妹の誕生&保育に尽力しシーナとの縁を結んでくれた友人に感謝ですな 




コンサバ

22日(土曜日)のコト その2



で、やっとこたどり着いた太郎平小屋


生ビールで乾杯を横目にCCレモンでおにぎりを食す
DSC0008038 (1)


お山でよく冷えたシュワシュワが味わえるのはありがた~い・・などと思ってたら、


ガスが少し晴れてきて薬師岳がチラリ♪
DSC0008040 (1)

おお、白っぽい山肌と緑が美しくてステキ♪


では、太郎山へ
DSC0008053 (1)

左は薬師沢方面、右は太郎山を経由して黒部五郎岳方面


木道をポクポク歩いてあっという間に太郎山制覇
DSC0008045 (1)

なんとなくビミョーな雰囲気の太郎山てっぺん・・


太郎山から太郎平小屋を見下ろす
DSC0008046 (1)

薬師岳がガスで隠れてるのがザンネン


太郎平小屋へ降りて昼ゴハン
DSC0008056 (1)

なぜこんなトコロで?的なネパールカレー並盛りは美味しかった♪大盛りにすれば良かった


ただ・・5mホド離れたトコでビール飲んで楽しげなオッサン&オバサンが、


ヒトがカレー食ってるの知ってか知らずか、加齢臭の話で盛り上がってるのに少しイラッとした・・・


チラッと太陽出るけど全体にスッキリ晴れることはなくモンモンとしつつもけっこう満足
DSC0008058 (1)


ず~っと観ていたいけど、下山デス
DSC0008062 (1)


やっぱ草原の中の白い道が気持イイわー
DSC0008067 (1)


アッチに観えるのは北ノ俣岳やろか
DSC0008068 (1)

北ノ俣岳にも行ってみたいケド、ちとハードルが高い・・


有峰湖が観えてきた
DSC0008071 (1)


この石畳の登山道、いがいと歩きにくかったりスル・・


登りでホボ燃え尽きてるので下りでも休憩が多い・・


で、傾斜のキツイ樹林帯の下りがまたツライ・・・


チョット色づいてる気の早い葉っぱ
DSC0008072 (1)


下りのアラレちゃん、バイちゃ!
DSC0008073 (1)


下ってくると暑い・・


で、飲み物の残量がヤバイ・・


太郎平小屋でお茶を一本買ってきたけど2本にするべきだったと後悔・・


キノコに元気づけられる・・
DSC0008074 (1)

む~ん、キモい・・これもキノコか?
DSC0008075 (1)


キノコパワーも焼け石に水的なくらい下りがシンドイ・・


ヒザ痛いし・・


ああ、オアシスがみえた・・・
DSC0008076 (1)


と、無事下山


モモ肉、ヒザ、フクラハギ、足の裏が痛くて下半身ガタガタ・・


登山口のベンチでコーラ飲みながらしばし休憩してから駐車場へ


バイクで山登りきてるヒトもいる
DSC0008078 (1)

林道の通行料のコトを考えるとバイクで来るのが理想ですな


有峰林道にクルマで入ったの何年ぶりかわからんケド、やっぱ料金高~いし・・


ひそかに値上がりしてる気がするし・・


でも、下山後の下半身の状態を考えると自分にはバイクで来るのはムリだわ・・



下界に降りたら晩ゴハン
DSC0008083 (1)


謎の天津カツ丼
DSC0008081 (1)

なかなかおもしろいメニューですな・・


美味しいケド・・


想定内だけど、やはり・・トンカツは単体でソースで食べたい・・



けっこう前から行ってみたいなぁと思ってた太郎山


『樹林帯の急登』にビビって実現できずにいたけど、


今回のチャレンジで自分でもたどり着けるコトがわかって良かった


イマイチな天気だったけど、なかなかの満足度


ツライ思い出のほとぼりがさめたら、晴天を狙ってリベンジしたい



プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター