御嶽山 - ボスとシーナとふらふらふらっと

御嶽山

27日(土曜日)のコト



この日、大好きな、憧れの山の御嶽山が地獄になりました・・・




いつものように、朝は遅めのスタートでバイクで出動


そして、いつものルートでR156を南下する


道の駅上平で缶コーヒー休憩


やっぱりヘンなタイミングなのか、道の駅にはバイクがいない・・


売店の店先に超デカイさつま芋が
DSC005508 (1)


写真じゃイマヒトツ大きさが伝わりませんな・・


R156は少しクルマが多くて、快走できず


ひるがの高原からは、やまびこロードへ


定番のツーリングルートなのに、なぜかいつもバイクとの遭遇は少ない


郡上八幡からは、せせらぎ街道へは行かず、R256に入り東へ向かう


途中、メカガメラとパチリ
DSC005509 (1)


ココのR256は初めて走る


地図で見ると郡上八幡からは魅力的なクネクネ具合


なんで今まで走って無いのかわからない


くねくねと走り、最初の目的地の、(笑)地区へ・・イヤ、和良地区へ


ココ和良地区で獲れる鮎は日本一美味しい鮎らしい


日本一の鮎はとても魅力的ですが、この日のターゲットは別のモノ


鮎は日を改めて味わいたいですな


まずは道の駅和良をヒヤカシておく
DSC005511 (1)


そして、スグ横の歴史資料館へ


中へ入ると、ひと気は無く、照明もついてない・・


訪問する人がとても少ないのでしょうな・・


照明をつけてもらって、見物開始


まずは本命のオオサンショウウオを愛でる


この辺りはオオサンショウウオの生息地で、この歴史資料館では特別に許可とって飼育してる


マッタリとオオサンショウウオを眺めようと思ってたけど、


係のオバちゃんが熱くオオサンショウウオについて語ってくれた


いつ終わるのだろう・・と思うくらい・・


しかし、『へぇ~』とか『ほぉ~』とか、ためになるお話聞かせてもらいました


水槽のオオサンショウウオをウマク撮影できなかったので・・
DSC005513 (1)


郡上だけに食品サンプル屋さんで造ったんだろうな


たっぷりオオサンショウウオの解説聞いたあとは歴史資料をチラリと見物


とても味わい深い、木製の狛犬♪
DSC005516 (1)


こんなカワイイのでイイのか? 玄関先に置いとく犬の置物じゃないよね?


『悪』に対して睨みがきかない気がする


コレも不思議な雰囲気・・ 獅子頭だったと思う
DSC005517 (1)


少し移動して、戸隠神社へ
DSC005522 (1)


立派な神社だけど、ヒトの気配はゼロ・・


社の裏へまわると、巨石がいくつもあり散策路になってる
DSC005525 (1)


いくつかの巨石の中の主役は、この『重ね岩』
DSC005526 (1)


天の岩戸を吹っ飛ばした時に飛び散った岩戸のカケラらしい・・


長野の戸隠山と同じ組成なんでしょーかねぇ


参道横に立ってる一本杉
DSC005527 (1)


初めは2本あったらしい


ナカナカ見事な杉デス


しばらく和良川沿いを下流に向かって走り、馬瀬川との合流点からは馬瀬川を上流に向かって走る


岩屋ダム下に惹かれるモノ見つけて寄り道
DSC005531 (1)


迫力ある巨石
DSC005533 (1)


巨石と太陽暦なんてとても興味深いですが、あまり実感がわかなかった


しかし、よく見つけたもんですな


岩屋ダム(ロックフィルダム)の材料にされなくてヨカッタね・・


ダム湖沿いをクネクネ走って、馬瀬の集落を通りぬけR257からR41 へ出る


R41 を南下して、この前、発見できなかった『けいちゃん』のお店第二候補の場所を改めてチェックしつつ、


R257に入り、中津川方面へ走る


で、三度目の正直?でたどり着いたメインターゲット
DSC005539 (2)


もう昼飯タイムはとっくに過ぎて3時ぐらいだったので、お店はガラガラ


で、念願のけいちゃん定食~
DSC005537 (1)


コンロに火が入ると、焦げ付かないようにまぜまぜしないといけないので気が抜けない


が、早々に敷いてあるクッキングシート?にコンロの火が燃え移りアセる・・


肉とキャベツが食べごろになると、ボリュームが減ってチョット足りない感じだったケド、美味しくいただきました



ここで、御嶽山噴火のコトを小耳に挟む・・


ぜんぜん深刻さがわかってなかった


少し噴煙を上げただけなのだと思ってた



『道の駅かしも』で食後のコーヒー休憩をしてから、中津川の街の中へ


中津川といえば、栗きんとんですね


たくさんある栗きんとんのお店から、チェック済みのトコへ向かう


珍しくすんなりとたどり着いた目的のお店は、ナカナカ趣きのあるお店だった


値段を見て、チョット動揺しつつ『栗きんとん』を購入


けっこう高級品なんですね・・勉強になりました


中津川からはR19を北上する


R19はあんまりイイ印象がない


この日も、けっこう混んでて苦痛・・


噴火の影響もあったのかも


タイクツなR19から脱出しR361を開田村に向けて走る頃には、真っ暗けになってた


R19を走行中にも少し埃っぽさを感じてたけど、


開田村に入ると路面にウッスラと火山灰みたいなのがサラサラ漂ってた
DSC005540 (1)


高山の街の中に入るチョット手前の農家さんのガレージ?を盗撮・・
DSC005543 (1)


ホンダの軽トラ、アクティとそのご先祖さま・・


コレは普通に農作業に使ってるんかな?


サスガ高山の農家さん、シブい・・・


いつものスーパーでお買い物
DSC005545 (1)


チョット買いすぎて、タンクバッグがパンパンに


タンクバッグは容量が二段階に変えられるけど、満タンに詰め込むと、とっても運転しづらい


オマケにチカゴロ吸盤の吸着力が無くなってきて、走行中にバッグがぷらんぷらんするー


タンクバッグの中身(全部ではない)
DSC005547 (1)


無事帰宅して、テレビ見て初めて御嶽山の惨状を知って衝撃を受けた・・


自分には御嶽山に登るだけの体力は無いけど、他人事では無いと思った・・


犠牲になった方々のご冥福をお祈りすることしかできませんが・・


まだ下山できてない方々も早く家に戻れたらいいんですけどね


遠くからだと、今までと変わらない美しい姿をみせてくれるんだろうけど、もう同じ気持では観れませんねぇ


いつの日か、御嶽山に登れるようになったら、慰霊登山に行けたらイイなぁと思う今日このごろ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無事で何よりでした。
私もこの日は会社の連中に誘われていなかったら開田高原経由で陣馬形山にいく予定だったのでびっくりしました。
でも、開田高原の方は風向きのせいかあまり降灰もなかったようですね。
本当に亡くなった方はお気の毒としか言いようがありません。
ご冥福をお祈りいたします。

Kachi//

No title

御嶽山は大変な事でしたね・・天災だけに誰を恨むわけにはいかない
そんなご家族のお気持ちがTVを観ていて辛く感じましたね・・
まだご帰宅されない方の捜索が 来春になるそうで 
いつか 慰霊登山をされた時 私の祈りもお届けください・・

ふらふらさん けいちゃんの シートに火が・・ってくだり
もう声を上げて笑ってしまいました(^O^)
慌てる姿をなんとなく想像できるだけに・・

(笑)地区も、さすがです! 妄想に拍車がかかっていますね!!

しかし・・ボスくんの笑顔で帳消しにされそうな戦利品fですね~
バック 飛んで行ったら 大変なことになりそうなので お気を付けくださいませ<(_ _)>

Kachiさんへ

Kachiさん、ど~もです
この日は、逆回りで御嶽のスキー場のくねくねを登って、
田の原まで行くパターンも考えてたので、私もビックリしました
ただ、田の原くらいでは直接の被害は無かったと思いますが・・
ホントにお気の毒ですが、せめてこの機会に火山の研究が進んだらイイですねぇ

ジュンコママさんへ

ジュンコママさん、ど~もです
自然の力は恐ろしいですね
慰霊登山なんて書いちゃいましたが、一番高いハードルは体力不足でしょーね・・

けいちゃん、注意書きに『箸を持ったら離さない』『紙を破らない』『火の調節を常にする』
な~んて書いてあるので、燃え出した時はオロオロでしたよ~

バッグは、命綱?があるので飛んでくコトは無いのですが、危ないですよね
早く吸盤を復活させないと・・

No title

そんな貴兄におススメなのがオヤジBOX、是非カーキ色の鈍臭い奴でお願いします!!w

R19はわかりにくいですけど対岸を走る裏ルートがあるんですよ~♪

こてつさんへ

こてつさん、ど~もです
まだ未熟者ゆえ、オヤジBOXを背負える域には達しておりません・・
まずはレイドに積んで修行ですかねぇ

R19の裏ルートは朗報ですねー
今度走ってみます
知らないうちに険道、淋道なんかに迷い込むパターンじゃないですよね?
プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター