キタイ - ボスとシーナとふらふらふらっと

キタイ

22日(日曜日)のコト



予報では各地で春一番が吹くという日曜日


気温が上がるので、雪ではなく雨が降るっぽい


が、午前中はなんとか天気がもちそうというコトでボスとお出かけデス


時間が少ないので近くでお手軽なお山へ


前の週に、道を間違えて時間切れで退散した白兀山のリベンジですね


現地へ着くと、駐車スペースはナカナカの混み具合


ササッと準備して、まあまあの晴天の下、散歩スタートです
DSC007711 (1)


やはり、あづまやに寄ろうするボスさん


雲は多いけど、青空がみえるとヤハリ気持ちイイですな
DSC007714 (1)


ボスさん、西尾平の小屋チェックも忘れずに
DSC007720 (1)


雪は溶けてシマってて、だいぶカサが縮んてると思われるけど、けっこうな深さですねー


今回は確実にテッペン目指すため、西尾平から登山道へは行かず、林道を歩いて行きます


陽射しがあると、山々が立体的に観えてエエですねー
DSC007723 (1)


目指すお山が見えてきた
DSC007727 (1)


も少し先で林道とお別れして、登山道へ入ります
DSC007730 (1)


登山道からはカンジキ必要かなぁと思ったケド、シッカリ踏み跡ついてて問題ナシでしたねぇ


しかし、登山道を歩き出してしばらくすると、甘っちょろい林道とは違って、ナカナカの急登デス
DSC007733 (1)


でも、空に向かって登ってく感じで、気分はイイ♪


ボスさんは、前方に先行者がいると、競争心が沸き起こるのかグイグイ進む・・


へぇへぇ登る飼い主はボスのペースについて行けずクヤシイ


白兀山の手前のテッペン到達~
DSC007749 (1)


天気もまずまずで気持ちのイイ風景です


さすが春一番の日で、風が強かった


足跡イッパイ、テッペンは近い
DSC007750 (1)


白兀山テッペン到着~
DSC007751 (1)


先客のみなさんは、風を避けて、富山県側の斜面でくつろいでた


立山連峰がキレイ
DSC007752 (1)


ザンネンなコトに劔岳あたりは雲かかってる
DSC007757 (1)


巨大な雪見だいふく越しの金沢の街
DSC007758 (1)


なんとなく気持ちに余裕あったので、白兀山の先の医王山まで行こうと先へ進んでみる
DSC007762 (1)


が、この先の細くなってるトコまでくると、なんとなくイヤな感じ・・


ルート上でボコッと踏み抜いた穴があって、のぞいてみると底が見えないくらい深い・・


シロウトが想像するに、雪の下は空洞になってるのかな?


なんてコト考えてたら、ドキドキしますねー


気温も高いコトもあるし、怖くて先へ進むのをやめときました


で、白兀山に戻って昼ゴハンです
DSC007764 (1)


学生さん達かなー、ボスを撮らせてって言うので、喜んで差し出す
DSC007767 (1)


こういう時、愛想よくしてくれると飼い主はありがたいのだけれど、ボスにそんな期待はできません


フンフンと近寄っては行くものの、知らない人だと確認すると『ウオン、ウオン、ウオ~ン』と遠吠えを披露スル・・


西尾平であったオジサンに『吠えないイイコだね♪』って言われてたのに・・・


まあ、若人たちは喜んでくれたのでヨシとする


スキーのヒトがイッパイ来た
DSC007768 (1)


気持ちよさそうデスネ~


天気が崩れないウチに下山します


雪見だいふくを登り返します
DSC007772 (1)


ヒトが多くてボスを開放できないので、急坂の下りは命がけ・・


雪も緩んでけっこうズボズボでした


下りは余裕こいてスグに林道へは出ずに、尾根伝いに西尾平へ向かう
DSC007782 (1)


雪が緩んでるのと、踏み跡も少ないのでカンジキ装着しました


緩い登り下りをザクザク進むと西尾平に戻ってきた
DSC007786 (1)


しばらく休憩していく


ボスも少し放牧
DSC007787 (1)


スッカリ曇り空になってる


あとは林道をテクテク下山


昼をまわってたけど、登っていくヒトと何人かすれ違った


やはりお手軽なお山なんですなー


ペットボトルひとつ持って登るヒトもけっこういたし


で、無事下山完了~
DSC007792 (1)


風が強かったのと、雪質悪かったケド、とても満足な雪山サンポでした


初登頂の白兀山、近くてお手軽なウエに景色がスバラシクて、お気に入りになりました


今シーズンまだ行けるかなー、行きたいデスネー



帰宅後、疲れてるボスさんにはもひとつ試練が待ってました
DSC007796 (1)


長いコト洗えてなかったのでスッキリ


オツカレでした

コメントの投稿

非公開コメント

No title

医王山っていうと部活するところというイメージしか持ってないので、こんな遊びはかなり違和感が(笑

こてつさんへ

こてつさん、ど~もです
ワタクシ的には、なんでこんな山の中にスポーツ施設を造ったの?と思いますが・・(笑)
夏は涼しいんですかねぇ?
同じ市内とは思えない積雪な冬に通うのはご苦労様デス

No title

急坂の下りは命がけ… ワカルワカル
って訳で私はロンをフリーにしてしまいました…
ちなみに急登の時は引っ張って力になってくれるといいんですが後ろで重しになるロン… ヤクタタズです
見上峠から登山道に入って~覗付近でザクザク遊ぶのも
なかなか楽しそうですよね
犬連れ怒られるかと思ったけど大丈夫だったんで安心しました◎ 

k-ecoさんへ

k-ecoさん、こんばんは~
ホント、登りでは引っ張ってくれないのに下りは全力で引っ張るのでたまりません・・
まあ、登りで重しになるよりマシかな・・
医王山は近くてお手軽なので、いろんなルート探れそうですね
覗方面も行ってみたいです
人気のお山なのでボス連れは気を使いましたが、会う方みなさん寛容でしたねぇ
過去に違うお山ですが、ビックリするくらい拒絶反応のヒトもいたので、油断はできません
とくにウチの黒毛は苦手なヒトにはインパクトありそうなので・・・
プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター