青空が恋しくて - ボスとシーナとふらふらふらっと

青空が恋しくて

10日(日曜日)のコト




貴重な梅雨の晴れ間な日曜日


このトコロ、天気イマイチなお山が続いてたので、お山で青空を拝むチャンスです


せっかくなので標高の高いトコロへ行きたい・・


でも早起きはできそうもない・・


と、いうコトでお手軽に森林限界超え山歩きのできる乗鞍岳へ行ってきました


乗鞍の剣ヶ峰に登った後はとーぜん自転車で乗鞍スカイラインを下る作戦デス


ガンバって朝7時ごろ出発~(遅い・・)


高山の街をスルーしてR158を朴の木平スキー場へ向う


途中、道路の案内板に『乗鞍スカイライン午前中通行止め』の文字がっ!!


え~っ、なんで~?


と、とりあえず朴の木平スキー場まで行ってみると駐車場は隅から隅までクルマでイッパイ


『乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム』という自転車のイベントの日でした・・


なんてこった・・


で、しかたなく安房トンネルを抜けて乗鞍高原へ


乗鞍エコーライン経由でいきます


乗鞍高原の観光センターに着くと、いいタイミングで(ギリギリ駆け込みで・・)バスに乗れて畳平へ
DSC0004423 (1)

む~ん、思ったより天気良くないかも・・と気分も少しどんより


まずはお花畑を散策してから
DSC0004425 (1)


と、クロユリ咲いてた
DSC0004426 (1)

初めてのクロユリとの遭遇


イメージしてたのとチョット違ってた


クロユリってヒッソリとハカナゲに咲いてるものだと思ってたらけっこう群れになってポコポコ咲いてるのですね・・


チョット雲が多いけどステキな景色だ
DSC0004427 (1)


なんてウキウキ気分で歩いてたら、お花畑経由で登山道に向かう道が通行止めになっててガックリ・・


また駐車場に戻って仕切り直しデス


そうそう、駐車場には激坂ジャンキーの方々がイッパイいます
DSC0004428 (1)

ヘンタイオーラがビシビシと伝わってきます・・


ヒルクライムという過酷なお遊び?ですが、パッと見た感じ思いのほか年齢層が高そう・・


自分と同じか少し上のオッサンが主力っぽい?


バイク乗りと似たような年齢分布なのかな?


自転車のみなさんがシュイ~ンと帰って行きます
DSC0004429 (1)

ココロ満たされて登りの時は目に入らなかったであろう景色を眺めつつ坂を下ってゆくのでしょう


コアなヘンタイさん達はいちど下ってから、『せっかくの乗鞍なので・・』とか言ってまた登っちゃうのでしょーか?


オソロシイですねぇ


林道みたいな登山道をテクテク歩いてると、行く手をガスがフワリと流れていく
DSC0004433 (1)


雪渓には好きモノ達がイッパイ♪
DSC0004435 (1)


めざす剣ヶ峰はガスに覆われてまっ白けやなぁ・・とか思いつつ、肩の小屋に到着
DSC0004436 (1)


肩の小屋付近でカロリーメイト食べてからイザ剣ヶ峰へ
DSC0004438 (1)


標高高いし羽虫なんかいないハズ~なんて思ってたけど、違う虫がイッパイ飛んでた


例の羽虫みたいにまとわりつくコトも刺すコトも無いので気にはならない


ただ風に流されて漂ってる感じで、カラダに触れると雨粒があたったみたいにヒンヤリとする不思議な虫


登って行くとガスの中に入っちゃうのかと思ったケド、雲の流れは早くチョット晴れてきた
DSC0004439 (1)


エコーラインの方を見下ろすとコレから上がってくるであろうガスがフワフワ
DSC0004443 (1)


肩の小屋を見下ろす
DSC0004446 (1)


稜線にでると観える青い権現池はまだ雪が残ってる
DSC0004448 (1)


気持ちのイイ稜線歩きはチョットだけ~で、テッペンは近い
DSC0004451 (1)

稜線を境にエコーライン側はガスが次々と上がってきてまっ白け


上空に上がったガスはソコで消えてしまうのか?反対側はスッキリ晴れてる


もうひと登り
DSC0004456 (1)


そして、てっぺん到着~
DSC0004457 (1)


雲が多いものの、青空みえて気持ちイイ♪
DSC0004458 (3)


登ってきた稜線を見下ろすとやっぱりガスの境目になってる
DSC0004459 (1)


御嶽山方面はザンネンなコトに厚い雲でおおわれてる
DSC0004460 (1)


上空を複雑に流れてゆく雲を眺めながら軽く昼ゴハン
DSC0004465 (1)


しばらくして下山開始
DSC0004466 (1)

テッペンはガスに覆われてた


けれど下ってゆくと肩の小屋あたりは快晴~
DSC0004468 (1)


肩の小屋まで下りてくると、誰かの『ソフトクリーム!!』という声にツラレてソフトクリームを
DSC0004471 (1)


しかし・・騙された・・・ソフトクリームじゃない


あんまり美味しくない偽ソフトクリームにガッカリ・・


畳平へ戻る道から、貴重な青空とコロナ観測所
DSC0004472 (1)


エコーライン方面のガスが晴れた
DSC0004475 (1)


ふりかえると剣ヶ峰のガスも消えている・・そのかわり上空の雲が厚くなったかな
DSC0004476 (1)


畳平に戻り、自転車でエコーラインを下ります


が、自転車のトコへ向かうと、自転車を取り囲んで団体さんがミーティング?


む~ん、自転車を取りにいけない・・


で、しばらくすると団体さんは荷物を置いてお花畑へ下りていった・・
DSC0004482 (1)

む~ん、コレはコレで自転車を取りに行きづらいですな・・


というコトで、団体さんがいなくなるまで時間つぶしに魔王岳に登ることに
DSC0004483 (1)


魔王岳はまだマイカー規制が始まる前にクルマできた時に登った気がする


でも、ぜんぜん記憶に残ってないので初めて観る景色と言ってもイイですな
DSC0004485 (1)


雲で見通しがイマヒトツだけど魔王岳を制覇
DSC0004491 (1)


魔王岳のコマクサ
DSC0004493 (1)


魔王岳に登ったら、あとは大黒岳やな


今年の紅葉シーズンには剣ヶ峰登った後に大黒岳に挑戦したい


魔王岳を下りると自転車は団体さんから開放されてたのでやっとこさエコーラインダウンヒル開始デス



そして、つづく

コメントの投稿

非公開コメント

No title

乗鞍は歩いても良さそうですね〜〜
来週と来月の終わりには私もふらふらさんが見た変態の仲間入りをします(;^_^Aさて、まともに上れるかなぁ(*^_^*)

Kachi//

No title

近場で乗鞍ですか、その距離感がすでにおかしいです(笑

Kachiさんへ

Kachiさん、ど~もです
森林限界を超えた高原を歩くのはとても気持ちイイです
自転車で登ってきてさらに登山するヒトや、スキーを背負って自転車で登ってくるヒトなど、
自転車界には濃ゆいヘンタイさんが多いと思われます・・(笑)
すべては天気次第だと思うので、当日は晴れるとイイですね~

こてつさんへ

こてつさん、ど~もです
いや~、ワケあって長野県側から登りましたが、畳平のバスターミナルがある岐阜県はお隣の県ですから・・
山道くねくねツーリングで静岡が日帰り圏内のこてつさんに比べたらカナリ健全デスヨ(笑
プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター