ケッコウ - ボスとシーナとふらふらふらっと

ケッコウ

11日(土曜日)のコト




まえまえから行きたかった冬の上高地スノーシュー歩きに行ってきました


雪降ったあとに快晴という天気予報の流れが絶妙に思えたのでワクワク♪


懸念事案だった早起きもなんとかクリアして平湯のバスターミナルへ
DSC0006840 (1)

ニワトリとカマクラ?


酉年だからニワトリ?


近づいてみるとニワトリは廃品利用な感じで、『ほう、ウマいコト造ったね』なんだけれど、


裏面が・・カオナシ・・
DSC0006841 (1)


平湯から松本行きのバスに乗って安房トンネル抜けて中の湯まで行くのだけれど、


どれくらいのヒトが乗り込むのかわからなくてほんのりと不安だった


ケド、現着して準備始めても上高地へ向かうと思われるヒトビトは多くなくホッとする


準備完了してチケット買ってほどなくしてバスターミナルの売店が開いたのでウロウロ徘徊


なんて余裕こいてたらバス乗り場に団体さんが並んでる!


チョット焦りながらバスに乗り込むとギリ座れてひと安心、ホボ満席


バスに揺られて安房トンネルは初体験♪


中の湯のバス停で下車するとスタート地点の釜トンネルはスグソコ
DSC0006842 (1)

中の湯で降りなかったバスの乗客はたった3人だった・・


平湯~中の湯だけのバス走らせてもイイんじゃないかと思ったり・・


さて、釜トンネルです
DSC0006843 (1)

登山届をポストイン


ずっとリュックの中でお守り状態だったヘッドランプがついに活躍する時がやってきました
DSC0006845 (1)


いざっ釜トンネル♪
DSC0006846 (1)


しかし、思いのほかトンネル内は暗くない・・


いつぞやの桂湖へ向かう打越トンネルみたいにチビリそうになるような暗闇ではない


ケド、ヘッドランプは必要ですね、路面凍結してるトコロがあってキケンです


で、チョットびっくりだったのは、閉鎖中の上高地だけど、工事関係者のクルマがビュンビュンとけっこう多いコト


そんな釜トンネル、もうすぐ出口
DSC0006848 (1)

適応力が鈍くなってるオッサンの目にはまぶしすぎる


そして釜トンネル脱出~
DSC0006850 (1)

キャ~、まぶしい~、青空気持イイ~、焼岳美しい~♪


しばし青空と焼岳を堪能したら、スグに上高地トンネルにイン


コチラは短いトンネルなのでスグ出口
DSC0006854 (1)


とても気になるトンネル内に揃えて置かれてたクツ・・
DSC0006855 (1)


路面も雪に覆われて気持ちイイ道のり
DSC0006859 (1)

時々通過するクルマが玉にキズ


しかし雪景色と青空がたまらん♪


少し雲かかってるけど穂高の山々が観えてきた
DSC0006861 (1)


大正池にたどり着く


で、焼岳ドーン♪
DSC0006866 (1)


雲が多いけど穂高方面もステキ!
DSC0006867 (1)


大正池ホテルのトコから林道をはなれ川べりのルートへ
DSC0006873 (1)


ルートを外れない限りスノーシューは必要ないくらいの雪の踏まれ具合
DSC0006874 (1)


そんなに変化してない風景なのだけれど、ウレシクて同じような写真イッパイ撮ってしまうの焼岳
DSC0006875 (1)


雪だるま?
DSC0006877 (1)


過去最大級なウエにキレイに連なってるサルノコシカケに遭遇して興奮スル
DSC0006880 (1)

こんなキャットステップもいいな・・


田代池あたりに到着
DSC0006882 (1)


田代湿原は雪の上でも進入禁止になってる


キレイな流れはたぶん田代池の流れだし
DSC0006883 (1)


コッチは対照的な赤茶色の沈殿物のある流れ
DSC0006885 (1)


梓川ベリを歩いてると対岸におサルの群れが
DSC0006890 (1)

川に入ってなんか食ってたけど、石めくってたから川虫かな?


流れた川虫を狙って下流で渓流魚がお祭り騒ぎな光景を想像して興奮スル


梓川の流れはスケスケで美しい
DSC0006891 (1)


梓川をはさんで焼岳、穂高と向き合うコッチのお山もステキな姿
DSC0006892 (1)


快晴なのだけれどお山のてっぺんの雲が晴れない
DSC0006896 (1)


スノーシュー歩きではないけれど、この景色の中をサクサク歩くのはたまらんですな
DSC0006900 (1)

踏み跡は硬くてゴボらないけど、水分の少ない雪はサラサラな片栗粉みたいでちょっと踏ん張りが効かない


チェーンアイゼンでも着ければ歩きやすかったかも


木の上からナニかパラパラと落ちてくるので見上げてみると小鳥が樹の皮(コケ?)をむしってた
DSC0006903 (1)

さすが上高地なのか小鳥の警戒心は薄めでけっこう近くで見れた


つり橋がみえてきた~
DSC0006907 (1)

アレが河童橋なのか~


というトコロで、つづく~



コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいな~ おいらいっぺんでいいからこれしたいんですよ。
奥医王往復とどっちがきついですかね?w
釜トンネルって新しくなったんですね、知らんかった。
素掘りの交互通行のイメージしかなかったんで・・・って30年前の話か(爆

こてつさんへ

こてつさん、ど~もです
冬の上高地はヨカッタですよー
登りらしいトコはほとんどないので、奥医王のほうが10倍キツイです!
釜トンネルもそうですが上高地トンネルも新しいですね
クルマにはかなり便利でしょーけど、歩くのにはタイクツな区間デシタ
30年前・・・まだおこちゃまだったので上高地なんて眼中になかったですわ(笑

イイナ~ イイナ~
雪の上高地!!
青空もキレイだし最高にうらやましぃ~

k-ecoさんへ

k-ecoさん、こんばんは
雪の上高地は良かったデス
穂高の山々は雲隠れしてましたが、じゅうぶん満足な景色でした
今度はも少し早い時期に行こうと思います
プロフィール

ふらふら

Author:ふらふら
名前: ボス
種類: バーニーズマウンテンドッグ
性別: ♂
誕生日: 2007年4月28日
生息地: 金沢市 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター